仙台七夕まつり

みなさまこんにちは!

 

2019せんだい・杜の都親善大使の俵谷理瑶です!

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか??

 

8月6、7、8日の三日間、仙台七夕まつりが開催されました!

三日間を通して様々な出会いがあり、貴重な経験ができたこと、大変嬉しく思います。

 

仙台七夕まつり開催前の市内キャンペーンではテレビにも出演させていただきました。

 

8月5日(火)に、KHB東日本放送に伺い、「突撃!ナマイキTV」に生出演致しました。生出演ということで緊張いたしましたが、たくさんの方に来ていただきたいと思い、心をこめてPR致しました!出演者の皆さま、スタッフの皆さま、温かくサポートしてくださり、ありがとうございました。

 

 

そして仙台七夕まつり初日の8月6日は、仙台七夕まつり飾り付け審査に同行しました。

審査員25名が、5地区、21商店街を各地区に分かれて、七夕飾りの審査をしました。私は第2地区(中央市場商業共同組合、仙台朝市商店街、仙台駅前商店街、上杉中央商店会)の審査に同行しました。

 
 
各商店街の方々に飾りへのこだわりや特徴等、細かいお話を聞くことができ、またそれぞれ特色のある個性的な飾りを拝見しました。
 
 

仙台朝市商店街では、野菜や果物をモチーフにした飾りなど一味違ったユニークな飾りが多く、商店街を小さなお子様から大人の方までがすずめ踊りで通っていく活気溢れる様子が印象的でした。

 

上杉中央商店会では、90歳のご高齢の方がひとつひとつ手作りした飾りや、小学生の皆さんが様々に趣向を凝らした笹飾りを拝見しました。商店街を端から見たとき、笹飾りが道に沿って長く続いて、風にたなびく様子がとても綺麗でした。

 

周辺部商店街に仙台七夕まつり期間中に訪れる機会がなかったので、普段と違う景色がとても新鮮でした!

 

 

審査終了後は浴衣に着替えて、つなぎ横丁で行われました、「踊りましょう、盆踊り」に参加させて頂きました!小さいお子様から外国の方まで、飛び入り参加で一緒に踊ってくださいました。

 

7日と8日は、仙台駅とつなぎ横丁で仙台七夕まつりのリーフレットとうちわをお配りしました。

 

 

たくさんの方々とお話をさせて頂き、仙台七夕まつりの魅力をお伝えすることができました。お祭り以外にも、仙台市内の観光スポットやおすすめのお店なども紹介させて頂き、特に県外からいらしたお客さまには仙台を好きになって頂けるように精一杯お伝えさせて頂きました。お話させていただいた方で、北は北海道から、南は鹿児島県など遠方から仙台七夕まつりのために来ましたという方がたくさんいらっしゃり嬉しく思いました。

 


また、三日間続けて、おまつり広場(市民広場)のステージで、仙台七夕まつりのPRをいたしました。

今年初の取り組みとして、仙台市内の商店街をめぐるクイズラリーがあり、市内9カ所のチェックポイントを巡りクイズに答えた方に抽選で、仙台にちなんだ体験型のプレゼントが抽選で当たることや、おまつり広場では、七夕まつりの歴史が分かる七夕伝承館や、七つ飾りの作成コーナーなどをお話しさせていただきました。

 

 

 

仙台七夕まつりは、商店街の方々、ボランティアの方々、出演者の皆さまなど、多くの方によって作り上げられ、たくさんの人の思いが詰まったとても素敵なまつりであると改めて感じました。3日間を通して、人の温かさや活気にあふれた街を感じて仙台への愛が深まりました。

 

 

仙台七夕まつりに関わった多くの皆さま、足を御運びいただいた皆さまに深く感謝申し上げます。

 

仙台が誇る、仙台七夕まつりがこれから先もずっと続きますように。

▲ページトップへ