仙台七夕まつり首都圏キャンペーン

みなさまこんにちは!2019せんだい・杜の都親善大使の俵谷理瑶です。

 

7月6日(土)に仙台七夕まつり首都圏キャンペーンで、仙台七夕まつりのPRを東京にて行ってまいりました。東急百貨店本店と麻布商店街へお伺いしました。

 

 

伊達武将隊の皆さんと一緒に仙台七夕まつりの魅力、仙台の魅力を東京の皆さまにお伝えしてまいりました!

手作りのミニ七夕飾りを手に持ちながら、多くの皆さまに仙台七夕まつりに来ていただけるよう、心を込めてPRしました。多くの方が足を止めて聞いてくださり嬉しく思いました。

 

 

伊達武将隊の皆さんと「ございん音頭」を踊った場面では、見に来てくださったお客様も一緒に踊ってくださいました!「ございん」は宮城の方言で「おいでなさい」という意味です。思わず口ずさみたくなるメロディと可愛らしい踊りで、歌詞に宮城の名所や特産品がたくさんでてきます♪

 



店内には七夕飾りが飾られ、また皆さんの願いが書かれた、色とりどりの短冊が飾られている場所もありました。私も短冊に願いを込めて書かせていただきました。

 

 

夕方には、麻布十番広場に移動し、「麻布十番仙台七夕まつり2019」に参加しました。麻布十番の商店街の美容室で浴衣の着付、髪をセットしていただきました。

 

 

 

こちらでも、伊達武将隊のみなさんと一緒に仙台七夕まつりのPRをさせていただきました。家族連れの方々が非常に多く、小さいお子様が「ございん音頭」を一緒に踊ってくれている様子がとても可愛らしかったです。

麻布十番広場には、宮城の名産品の屋台がたくさん出店しており大変にぎわっておりました。訪れた方々は宮城の日本酒や牛タン片手に、七夕飾りや吹き流しを楽しんでいらっしゃいました。

 

 

東京で仙台七夕まつりのPRをさせていただき、たくさんの皆さまにお会いすることができました。会場にいらした皆さま、声をかけて下さった皆さま、温かく見守ってくださった皆さま、また、仙台七夕まつりをPRするにあたってお世話になった多くの関係者の皆さまに感謝申し上げます。

 

▲ページトップへ