第7回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門

みなさま、こんにちは。2019せんだい・杜の都親善大使の俵谷理瑶です。

 

 

6月29日(土)に第7回仙台国際音楽コンクールヴァイオリン部門のファイナルが行われ、表彰式の介添えをさせていただきました。

 

前回のピアノ部門に引き続き、予備審査、予選、セミファイナルを勝ち抜いたファイナリスト6名の演奏が3日間行われました。

6名のファイナリストの方々、関係者の皆様、大変おつかれさまでした。

 

 

 

今回は大会史上初めての「1位該当者なし」、「6位2名」という結果でした。

音楽コンクールでは珍しくはない結果ですが、私も、会場の皆様も驚きに包まれていました。

 

 

 

表彰式後、受賞者の皆様の達成感に溢れた表情を間近で拝見できたこと嬉しく思います。参加者の皆様、大変おつかれさまでした。

 

ピアノや吹奏楽など、わずかながら音楽を嗜んでいた私にとって、今回のお仕事は非常に光栄でした。親善大使として仙台国際音楽コンクールに携われたこと、大変嬉しく思います。ありがとうございました。

 

▲ページトップへ