1年間、本当にありがとうございました。

皆さま、こんにちは!

2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

 

ついに、親善大使としてこうして皆さまに向けてブログを書かせて頂くのも、今回が最後を迎えました。

 

大学生の間に、また新しい自分の可能性を見つけたい!そして、地元・仙台のためになることを自分なりに全力で取り組みたいという一心で親善大使に応募させて頂きました。

選考会で自分の応募番号と名前を読んで頂いた際の、言葉で表しきれない喜びと感動は今でも鮮明に記憶に残っております。

 

親善大使になって3人で初めて皆さまの前でご挨拶をさせて頂いた青葉まつり。

ステージに立つことも初めてで、緊張していた私たちを温かく迎えてくださった皆さま。

そして、親善大使としてパレードで歩かせて頂いた新緑の美しい仙台のまちはいつにも増して美しく、改めて仙台の素晴らしさを感じることができました。

 

そして、盛岡で行われた東北絆まつり。

私の祖父母の家がある盛岡市での開催に、不思議なご縁を感じました。

“東北は一つ”。それぞれの熱い気持ちが一つになるこのお祭りが私は大好きです。

このお祭りに込められた願いや開催されている意味を、さらに多くの方に知って頂きたいと強く感じましたし、ずっとずっと続いていって欲しいと思うお祭りの一つです。

2018年はこの、東北絆まつりが東京の青山に上陸しました!

関東の方で東北絆まつりが演舞されるという素敵な年に親善大使になれたこと、大変嬉しかったです。

 

そして、仙台の夏といえば「仙台七夕まつり」ですね。

それぞれの祈りと願いが込められた仙台伝統のお祭り。

七夕飾りの審査やバスツアーの同行をさせて頂いたり、皆さまと一緒に盆踊りに参加させて頂いたり。

県内外、そして海外からのお客様とも交流させて頂き、お客さまをお迎えする立場から関わらせて頂いたことによって、より一層大好きなお祭りになりました。

 

友好都市である徳島市にも訪問させて頂きました。

本場の阿波踊りの演舞は熱気と迫力が桁違いでした!

また、徳島市で仙台すずめ踊りの演舞を披露して、現地の方々に大変喜んで頂けたことも一仙台市民として嬉しく思いました。

徳島市の方々の優しさに触れ、初めて訪れた土地ではありましたが徳島市が大好きになりましたし、仙台との交流が今後もずっと続いていって欲しいと思いました!

今度はプライベートで徳島市を訪問して、“やっとさぁ~!”と、一緒に市民の方々と汗を流しながら盛り上がりたいです(*^^*)

 

そして、仙台の冬の街を温かくて照らすSENDAI 光のページェント。

カウントダウンをして一斉にボタンを押し、仙台の街がぱぁっと明るくなった瞬間の景色は今でも鮮明に頭に浮かんできます。

寒い冬に私たちの心まで温かくしてくれるSENDAI 光のページェントがずっとずっと続いていきますように。。。

 

さて、親善大使として活動させて頂いた一年間は私にとって本当にかけがえのない時間になりました。

親善大使にならなければ出会えなかった方々、見ることができなかった景色、訪れることのなかった場所、全てが今の私を作っていると思っております。

知らなかった世界を知れたような、常にワクワクとドキドキで溢れた、本当に幸せな一年間でした。

私が皆さまにとって、“明るく元気に、親しみを持って頂けるような大使”になれていれば幸いです(*^^*)

 

そして何より、花梨ちゃん、あおいちゃんと出会えたこと、これが一番私にとっては大きなことだと感じております。

 

優しい雰囲気と柔らかな笑顔で誰もがそのオーラに引き込まれるような魅力を持った花梨ちゃん。

英語に加えて中国語も使って海外のお客様と積極的にコミュニケーションをとる姿に何度も憧れました(*^^*)

言葉のイントネーションや話し方など、自分のスキルをあおいちゃんと私にも還元してくれる優しさに何度も助けられました。私と出会ってくれて、本当にありがとう。

 

いつも一生懸命で、何事にもひたむきに取り組む姿勢が素敵なあおいちゃん。

星が好きで天文学に詳しかったり、音楽のスキルが高かったり、私には持っていないものばかりで、そんなあおいちゃんを羨ましいなぁといつも思っていました。

仙台七夕まつりの期間中に誕生日を迎えたあおいちゃんをステージでお祝いした、優しさに溢れた空間に一緒に居られたこと、本当に素敵な思い出です。私と出会ってくれて、本当にありがとう。

 

同級生でありながら、私にはない素敵なところをたくさん持った二人と活動する中で、本当に学びの多い1年間でした。

まずは、1年間どうもありがとう。

親善大使としての活動が終わっても、例え離れた場所に行ったとしても、ずっとずっと繋がっていたい二人です。

笹木花梨ちゃん、金あおいちゃん、二人は私の宝物です。

 

そして、私たち親善大使の活動を支えてくださった商工会議所の皆さま。

お祭りやキャンペーン、イベントの際にお世話になりました、宮城県や仙台市の皆さま。

いつも一番近くで見守ってくれて、イベントやお祭りに足を運んでくれた家族・友人。

親善大使の活動を通して関わり、出会ってくださった全ての方々。

 

1年間、皆さまに温かく見守って頂き、支えて頂いたからこそ無事に活動することができました。

心から、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

 

私たちは、5月1日から「杜の都仙台シティーサポーター」として活動させて頂きます。

また新しい形で仙台に貢献できるよう、心を込めて活動して参りますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

またどこかで、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております(*^^*)

 

2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

▲ページトップへ