飛鳥Ⅱ入港セレモニー

 皆さま、こんにちは!

 2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。 

 4月15日(月)仙台塩釜港に、日本最大客船「飛鳥Ⅱ」が入港し、歓迎セレモニーが行われました。

ようこそ、仙台・宮城へ!

 今回のツアーは、「東北 春紀行クルーズ」

伊達政宗公が築いた杜の都仙台と、海の恵みが豊かな福島県の小名浜横浜から、仙台、小名浜、横浜へと巡るということでした。
 

 私は昨年9月に「秋の日本三景クルーズ」というツアーで飛鳥Ⅱが入港した際にも、セレモニーに参加させていただきました。飛鳥Ⅱに再びお会いできたことをとても光栄に思います!

 今回もクルーズ船全体の写真を撮ろうと試みましたが、カメラに収まらないほどの大きさで圧倒されました!

 実は、今回が、私にとって最後のお仕事でした。じっくりと時間をかみしめながら臨ませていただきました。

 9月の際は船外でしたが、今回は風が強かったため船内で行われました。
たくさんのお客さまにセレモニーを見に来ていただき、暖かく声をかけていただきました☺

 セレモニーでは、小久江船長様、和田機関長様、吉田ホテルマネージャー様に花束贈呈し、最後に一緒に記念撮影を致しました。その後、伊達武将隊やむすび丸と一緒に、たくさんのお客様と写真撮影を致しました。

 今回初めて、船内に入らせていただきましたが、充実した施設、上品な雰囲気で、とても豪華でした!海からの眺めも、素敵でした。他にも美味しい食事や、コンサートなどもあり、いろいろと船旅を楽しめるようです!

 

 ぜひまた仙台・宮城にお越しくださいね☺

2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

 

▲ページトップへ