2019 せんだい・杜の都親善大使 応募締め切り間近です!!

皆さま、こんにちは!

2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

 

もう季節はすっかり春ですね(*^^*)

出会いと別れの季節ということで、私ももうすぐ今年度の親善大使としての役目とお別れが近づいて参りました。

皆さまのお陰で本当に幸せな、内容の濃い、夢のような1年間でした、、、!

寂しい気持ちもありますが、選考会が近づいて参りました今、新しい大使の方が選ばれるということに新たな出会いを感じてワクワクする気持ちでいっぱいです♪

 

“仙台が大好き!”という同じ想いを通じて新たな出会いがあることは本当に嬉しいことです。

 

と、いうことで!

今回は、先日の笹木花梨さんのブログからバトンを受け取り、私は選考会の話題を中心にブログを書かせて頂きたいと思います(*^^*)

皆さんが一番気になっているのが4月6日(土)に開催予定の選考会についてなのではないでしょうか?

この日に2019年度の大使3名が選ばれるのでドキドキの1日になることと思います!

 

少しでも選考会に参加される皆さまの不安が和らぐように、昨年の様子を振り返りながら選考会について説明させて頂きますね♪

 

まず、午前中に一次審査が仙台商工会議所にて非公開で行われます。

審査員の方々が大勢いらっしゃる中で、限られた時間でスピーチをしなければならないということで、昨年の私も自分でも驚くほど緊張していました(^^;)

私の緊張が少し和らいだのは、部屋に入る前に2017 せんだい・杜の都親善大使の計良さんが素敵な笑顔で待機組の私たちに話しかけてくださったからです(*^^*)

今でもその時の「私もこんな大使になりたい!」と思った気持ちは忘れられません。

今年の選考会は私もサポート側になるので、皆さまがリラックスして選考会に挑めるように精一杯お手伝いさせて頂きますね♪

 

そして、一次審査を見事突破された方は午後は公開の二次審査になります!

裏話ですが、昨年の私はお昼の休憩時間にリラックスするために一人で散歩をしてカフェでお茶をしながらぼーっとして気持ちをリセットさせました!(笑)

午後に備えて話すことを整理することは大切ですが、あまり構えすぎないのも緊張しない秘訣の一つかもしれません(^^♪

公開審査は三越さんで行いますので、一般のお客様も見ることができます。

想像以上に多くの方の前でお話することになりますが、私は家族が応援に駆けつけてくれたので安心感からかあまり緊張せずにリラックスしてスピーチができたと思います♪

観客に身内がいる安心感は想像以上に大きいので、せっかくの晴れ舞台をぜひご家族の方に見守ってて頂きたいですね(*^^*)

 

二次審査で私が心がけたことは、二つあります!

一つ目は、その場を楽しむことです。

私は自分で考えたスピーチの内容を暗記してお話することはしませんでした。

伝えたいことだけを整理して、その場にいらっしゃる方々の顔を見ながら、その場の空気を感じながら、その時の想いから素直に出てきた自分の言葉でお話することを心がけました。

限られた時間の中で自分の想いを伝えるチャンスの場です!

是非、ご自身の素直なありのままの気持ちを伝えて頂きたいと思います。

二つ目は、自分なりの大好きな仙台をアピールすることです!

皆さんは仙台のどんなところが好きですか?(*^^*)

答えは人によって違うと思います!

あなたなりの仙台の好きな姿をここでしっかりとアピールしてくださいね♪

自分にしか分からない、仙台のコアな部分をお話してみてもいいかもしれません。

「仙台が大好き!」という気持ちを全面に出しながら表現してみてください(*^^*)

 

さて!

ここまで色々と昨年の選考会を思い出しながら楽しく書かせて頂きましたが、私もギリギリまで応募すること自体を迷っていました。

そんな私がなぜ応募に踏み切れたかというと、まずは応募しないと何も始まらないと思ったからです!

宝くじと同じです!まずはクジを買わなければ幸運は巡って来ませんよね(*^^*)

そんなフランクな気持ちでいいと私は思っています!

 

私は、何事もチャンスは常に転がっていて、それを掴みに行くか行かないかの差だけだと思っております!

少しでも大使になりたいと思ってくださり、このブログを読んで頂いているあなたに、全力でチャンスを掴み取って頂きたいです☆

まずは、心が少しでも動いた瞬間から大使への扉をたたいてみてください♪

http://sendai-shinzentaishi.com/

 

それでは選考会当日、皆さまにお会いできることを親善大使一同、心よりお待ちしております(*^^*)

 2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

▲ページトップへ