JAPAN PEACE FESTIVAL 2018 in 青山まつり

皆さま、こんにちは!

2018せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

 

11月も半ばに突入し、段々と冬に近づいて参りましたね。

私たちも制服が秋冬仕様になって、また新鮮な気持ちで活動をさせて頂いております!

 

さて、冷え込みを感じる近頃ですが先週末11月11日(日)に“熱いお祭り”が東京・青山で開催されておりました!

その名も「JAPAN PEACE FESTIVAL 2018 in 青山まつり」です。

 

こちらのお祭りは2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場のお膝元である、青山通り、明治神宮外苑で行われる多種多彩な文化が一堂に集結するお祭りです。

今年は、恒例のパレードで東北を代表する6つの祭り【青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り)、福島わらじまつり】が一つになった「東北絆まつり」が特別に演舞され、仙台からは伊達の舞の皆さまが躍動感あふれるすずめ踊りを披露されました。

あの熱気と感動に溢れた東北絆まつりが東京でも演舞されるいうことで、東京に向かう新幹線の中からわくわくした気持ちを抑えることができませんでした!

 

私たち親善大使も久しぶりに三人揃っての活動で、パレードへの参加とステージで仙台市のPRをさせて頂きましたよ(*^^*)

 

パレードでは、東日本大震災の際に全国の皆さまからたくさんの応援を頂いたことに対しての感謝の気持ちを込めながら、その絆が更に広がる様に心を込めて歩かせて頂きました。

仙台出身の方や、ベガルタ仙台のファンの方など、沢山の方々に温かいお言葉を頂き、皆さま笑顔で手を振って下さいました。

久しぶりに皆さまと交流することができ、沢山の元気を頂きました!本当にありがとうございました(*^^*)

 

パレードのゴール付近、いちょう並木の噴水広場前でのすずめ踊りの演舞はいちょうで黄色に染まった広場と躍動感あふれるすずめ踊りのコラボレーションがとても美しく、圧巻でした。

 

パレードのグランドフィナーレはにこにこパークで行われ、お祭りの参加者全員で青森のねぶた祭の「跳人」 になりました。

東京五輪に向けて今回特別に考えられたステップは、テニス、水泳、ダンスの動きの要素が入っておりとても新鮮でした!

参加者全員で「ラッセラー、ラッセラー!」と掛け声を出して全力で飛び跳ね、心を一つにしたあの空間はとても感動的でした。

 

そして、ステージでは仙台市のPRを郡市長、庄子実行委員長、伊達武将隊の皆さまとご一緒させて頂き、私たちは仙台七夕まつりとSENDAI光のページェントのPRをさせて頂きました。

今回はこれからの季節に向けて仙台の冬のイベントのPRもさせて頂きましたので、沢山の方々に足を運んで頂けますと嬉しいです。

 

そしてにこにこパークには、仙台市の観光PRブースもございました。

むすび丸のぬいぐるみでお出迎えされたブースには仙台の観光パンフレットがたくさん用意されていましたよ。

近頃は冷え込んで参りましたので、温泉であったまるのもいいですね

 

今回の青山まつりを通して、より多くの方に仙台の魅力が伝わっておりましたら幸いです。

そして東京で仙台のPRをさせて頂く機会を頂き、本当にありがとうございました。

 

 

さて、先ほど書きました通り12月にはSENDAI光のページェントの開催も控えております!

12月14日~31日まで毎日開催しており、初日の点灯式には私たち親善大使も参加させて頂きます(*^^*)

杜の都仙台のシンボルロード160本のケヤキ並木が約60万球の光で彩られる、光のトンネルに包まれた美しい定禅寺通りをぜひ、見にいらしてください。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

2018せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

 

▲ページトップへ