仙台七夕まつり

 

皆さま、こんにちは!

2018せんだい・杜の都親善大使の笹木花梨です。

ついに8月6日、7日、8日には仙台七夕まつりが開始されましたね!皆さま、いかがでしたでしょうか。

今年の3日間はすべて雨の日という珍しい年でしたね。仙台七夕まつりは、和紙の祭典ともよく言われますが、和紙はどうしても水に弱いところが難点です。しかし、そんな中でも、大きな笹飾りが風になびき、涼しげな夏をたくさんの方々に届けてくれ、皆さまの目を楽しませてくれている光景を間近で見ていると、笹飾りがより一層美しく、力強く逞しく見えました!(^^)

雨の中でもたくさんの人で賑わう仙台七夕まつりを見て仙台七夕まつりが多くの方々から愛されていることを改めて感じとても嬉しく思いました!(o^^o)

仙台七夕まつり開催前の市内キャンペーンではテレビにも出演させていただきました。

 

7月23日には、仙台七夕まつりのPRキャンペーンのためミヤギテレビのOH!バンデスの『伝言板デス』に出演させていただきました!仙台の放送局は初めてだったので大変緊張していましたが、現場にいらっしゃいますミヤギテレビの皆さまがとても優しく、皆さまに助けていただき無事に生放送での出演をさせていただきました。仙台七夕まつりの特徴であります七つ飾りの紹介と、仙台七夕まつりの魅力をお伝えさせて頂きました。現場の皆さまが、ずっと笑顔で見守ってくださり終始現場をあたたかい雰囲気で包んでくださったので、落ち着いてお話することができました。ありがとうございました。

 

そして、8月2日にはNHK仙台放送局にて「もりすた!」に出演させていただきました!こちらも生放送でしたが何度かリハーサルをさせていただき、本番ではあまり緊張することなく出演させていただくことができました。スタッフの皆さんがとても優しく、リハーサルも本番も落ち着いて過ごすことができました。お心遣いいただきましてありがとうございました。

NHKのスタジオは写真のようにガラス張りで、開放感あふれ、その日はたくさんの方々がスタジオ見学にいらしていましたよ!NHK仙台放送局は地元の方々の憩いの場となっていて、建物も新しくきれいで素敵でしたよ(^^)♪

 

生放送での出演だったのですが、出演前には現在NHK仙台放送局リポーターの2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣さんにもお会いすることが出来ましたよ!

猪股先輩からは激励のお言葉をいただきました!生放送の前で少し緊張していたのでお会いできて落ち着くことが出来ました!ありがとうございました。

そして、仙台七夕まつり本番がやってまいりました。

それでは、仙台七夕まつりの素敵な3日間を振り返っていきたいと思います。

~1日目~

8月6日の午前には「仙台七夕まつり団体審査」がありました。

私は中心部商店街地区の審査に同行させていただき、審査員の皆さまとともに第1地区の笹飾りを見て歩きました。

その途中、たくさんの方と「綺麗ですね」とお話をしたり、一緒にお写真を撮らせて頂いたりしました。

 

そして、笹飾りを見ていてどの方も立ち止まって見入っていた笹飾りがあります。

こちらは、仙台市内の小中学校の児童・生徒さんが作った折り鶴を繋ぎ合わせた飾りで、その鶴の数はなんと約8万8000羽。これは仙台市内の小・中学校185校の児童・生徒の皆さんが作ったもので、東日本大震災からの復興や、全国から寄せられた支援への感謝の思いが込められた七夕飾りです。震災から8回目となるこの飾りを見上げながら過去のこと、これからのこと、色々な人の思い、ぐるぐると考えてしまいました。

この場で小さなお子様と「色鮮やかで綺麗だね。」や「大きくなったら作るのかな。」とお話させていただきました。これからもこの飾りが次の代へと引き継がれて、みんなの思いがずっと続いていくといいな、と思いました。

私もこの飾りのように、東北の更なる復興を願っております。

 

~2日目~

 

8月7日はバスツアーがありましたよ!「おりひめコース」と「ひこぼしコース」の2コースがあり、私は「ひこぼしコース」に同乗させていただきました。原町、連坊、長町、仙台朝市の商店街を巡りました。

商店街の皆さまに飾っている七夕飾りの特徴や魅力、どんな思いで毎年七夕飾りを作っているのか、たくさんのお話をしていただきました。

バスツアーに参加されていた方は皆さま色々なところからいらっしゃっていて、名取、宇都宮、京都から来た方や、初めて参加する方、毎年参加されている方など様々な方々がいらっしゃいました。県内、県外各地から、様々な方々が同じものを見て「綺麗ねー!」と言い合って同じものを眺められ、美しさを共有できる空間。とても幸せな空間でした。

同じ七夕飾りでも商店街ごとにそれぞれ色があり、個性豊かな笹飾りをたくさん楽しませていただきました。

雨の中だったため七夕飾りを屋内に飾られているお店もありました!丁寧で繊細な作りで、綺麗な笹飾りがたくさんありましたよ。(^^)

そして、どの商店街に伺っても商店街の皆さまがお出迎えをしてくださり、テントを張ってお茶やお漬物をふるまってくださったり、冷えたスイカを切ってお出迎えしてくださったり、各商店街の皆さま、素晴らしいおもてなしをしてくださり、本当にありがとうございました。

その地域特有の歴史について聞くことが出来たり、その地域限定のお土産をいただいたり、ディープな仙台七夕まつりを味わうことが出来ました。そして何より商店街の皆さまの仙台七夕まつりに対する愛を本当に感じました。

参加されたことのない方も毎年参加されている方も皆さま終始笑顔で過ごされていました。私も周辺部商店街の七夕飾り、商店街の皆さまやバスツアーに参加されている方との出会い、本当にすべてが楽しく、こちらのバスツアーも仙台七夕まつりの楽しみ方の一つとしてすごくお勧めさせていただきます!ぜひ皆さまもバスツアーに参加してみてくださいね(o^^o)♪

 

参加者の方とも写真を撮らせていただきました!

~3日目~

今回の仙台七夕まつりでは❝ある番組❞に密着取材していただきました!

その番組とは、ミヤギテレビにて毎週日曜日 よる9時54分から放送の『発見!宮城のスマイルさん』です!『発見!宮城のスマイルさん』は、宮城県内の地域の仕事や活動を通して「町おこし」や「地域活動」を行っている女性をご紹介する番組なのですが、せんだい・杜の都親善大使も出演させていただくこととなりました。

今回の仙台七夕まつりの様子も映っております『発見!宮城のスマイルさん』の放送日は、9月2日(日)の よる9時54分からです!是非ご覧いただければと思います!

追記:ミヤテレMoTTo(もっと)のサイトにて3ヶ月間限定の見逃し配信がございますので、皆さまも是非よろしければご覧ください(o^^o)♪

http://www.mmt-tv.co.jp/movie/m913085.html

番組では仙台七夕まつりの活動の様子、そしてせんだい・杜の都親善大使としての思いについて紹介していただきました。

番組の中では英語、中国語を使って海外の皆さまとお話させていただいている様子が映っていました。街の様子からもわかるように、仙台七夕まつりには海外からのお客様が本当に増えていますね!

そして、番組内では台湾の方と中国語(台湾華語、國語)でお話させていただいていた会話の途中に挑戦いたしました❝台湾語❞を話している場面も映っておりましたよ!台湾語で「とても可愛いですね!」と言わせていただきました。相手の方に伝わって、とても嬉しかったです。台湾語は中国語とは全くの別物なので、アクセントも耳で覚えなければならなくなかなか難しいのですが、せっかく台湾の方にお会いしたので、覚えた言葉を是非使ってみたく一生懸命お話させていただきました。こちらの様子も是非ご覧いただければと思います♪(o^^o)

ミヤギテレビ、宮城県民共済の皆さま、本当にありがとうございました。

8月8日は仙台駅構内の特設観光案内所にて親善大使3人揃ってうちわや観光パンフレットをお配り致しました。

観光案内所ではたくさんの方々からお声がけいただき、マレーシアから来られた方、京都から来られた方、東京から来られた方、など挙げるだけでもたくさんの方々とお話させていただきました。県内外だけでなく、海外からも本当にたくさんの方々にお越しいただきました。

私が3日間の中で1番驚いたことは、海外からのお客さまが本当に多くいらっしゃったことです。会場では中国、台湾、アメリカ、オランダ、ドイツ、オーストラリア、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、フィリピン、ミャンマーの方々、と本当にたくさんの方々とお会いしました!

大好きな仙台の土地で色々な国の方々と仙台七夕まつりの魅力を共感しあえたこと、本当に心から嬉しかったです。

 

3日間の1番印象的な出会いとしては、仙台七夕まつりの1日目の出会いでした。

1日目、3日目の夜はやりましょう!盆踊りの会場にて親善大使3人で盆踊りに参加させていただきました。

その1日目の夜、盆踊り会場の観光案内ブースにて休憩させていただいている中、海外の方がお二人でブースに質問に来られました。ポストの場所を探してらっしゃったようで英語で質問されていましたが、お二人では中国語を話されていたので私は中国語で対応させていただきました。会話をしておりますと、仙台から自分の地元の香港の友人へポストカードを送りたいとのことでした。香港からいらした方ということで私も香港に住んでいたことをお伝えすると、驚いてらっしゃいましたが同時に喜んでくださいました。仙台に来るのは初めてだったけど、仙台七夕まつり、雨の中でも楽しく、七夕飾りが綺麗だった、とお話してくださいました。大好きな仙台の地で自分が住んでいた香港からいらした方に仙台七夕まつりのご紹介をできることにご縁を感じ、本当に嬉しく、ぜいたくな経験をさせていただいているな、と感じました。

仙台七夕まつりがこれからもたくさんの方々の心に残るものとなることを心から願っていますし、仙台七夕まつりがこれからもますます発展していくことを祈っております。

皆さま、本当にありがとうございました!!

仙台七夕まつりがこれからも仙台、東北、日本、海外、場所や国籍を問わずたくさんの方々に愛されることを祈っています。

 

2018せんだい・杜の都親善大使 笹木花梨

 

▲ページトップへ