東北絆まつり2018盛岡

 皆さま、こんにちは!

 2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

 「東北絆まつり2018盛岡」が6月2日(土)、3日(日)に開催されました。

 2011年から2016年に、東北の6市を一巡した「東北六魂祭」に続いて、「東北絆まつり」が昨年仙台から始まりました。

東北の復興と連携という思いを込め、また、KIZUNAとして世界にも心を通わせる言葉となるように。

「山形花笠まつり」、「福島わらじまつり」、「仙台七夕まつり」、「青森ねぶた祭」、「盛岡さんさ踊り」、「秋田竿燈まつり」東北の6市の祭りや、東北各地の多彩な文化を通して、東北は熱い絆で一つとなりました!

 メイン会場ステージでは、東北6市の祭りのPRが行われ、私たち親善大使も、ミニ七夕飾りを手に持ちながら、仙台七夕まつりを紹介させていただきました。

私は爽やかなレモン色の帯に合わせた髪飾りとともに、浴衣を着ましたよ!

 また、盛岡城跡公園近くの会場では、各地域の食べ物や祭りなどをPRするブースがあり、

仙台七夕まつりのリーフレットや仙台市の観光パンフレットをお配りしました。

 東北絆まつりパレードでは、盛岡市役所前から啄木新婚の家交差点までの約1.2kmの往復コースを、

総勢約1300人の出演者が参加しました。

さまざまな装飾を凝らし、掛け声や笛、太鼓を響かせながら、にぎやかで迫力のあるパフォーマンスでした。

それぞれの地域の魅力あふれる6市の祭りを見ることができるのはとても贅沢で、ずっと心が高鳴っておりました!

 仙台は、郡市長、仙台七夕まつり協賛会庄子実行委員長、伊達武将隊、

仙台・青葉まつり伊達の舞のみなさんと一緒にパレードをし、私たち親善大使も七夕踊りを披露させていただきました!

 とても天気がよく暑い中、沿道にはたくさんの方がおいでくださり、手を振って声をかけていただきました。皆さまの笑顔を見ることができ、優しさを感じ、とても嬉しかったです!

 合間には、「ミス花笠」、「福島ミスピーチキャンペーンクルー」、「ミスさんさ踊り」、「あきた観光レディ―」、「ミスねぶた」の方々と一緒に写真を撮っていただきました!

 今年は盛岡開催ということで、歴代のミスさんさや太鼓の方々が勢ぞろいしていました。

ミスさんさの方に、さんさ踊りを少し教えていただきましたよ!滑らかな手の動き、美しかったです!ありがとうございました!

 今回の東北絆まつりを通して、たくさんの出会いがあり、観客の皆さまの温かさや、出演者の皆さまの祭りへの思いを感じることが出来ました。また祭りの関係者の方の復興への思いをお聴きしました。

これからもこの東北絆まつりが続き、各地域の祭りがにぎわってほしいと思います。多くの方が笑顔になっていただけるよう、私も東北をもっと盛り上げていこうと思います!

 

 東北絆まつりに来ていただいた多くの皆さま、このお祭りを支えて下さった多くの関係者の皆さまに感謝申し上げます。東北!大好きです!

 これからの活動は、8月に行われます仙台七夕まつりを、県内外でPRしてまいります。ぜひ仙台七夕まつりへお越しください! 

 皆さまとお会いできるのを楽しみにしております!!

2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい 

▲ページトップへ