仙台・青葉まつり

 皆さま、こんにちは

 2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

 初夏の風物詩、仙台・青葉まつりが5月19日(土)、20日(日)にあり、今年で34回目を迎えました。

 皆さん、楽しんでいただけましたでしょうか?

 

 5月19日(土)「宵まつり」

 私たち2018せんだい・杜の都親善大使も、市民広場で開催式典に参加し、自己紹介させていただきました。

 

開催式典には北海道からマスコットキャラクター、くっちゃんも参加していました。

市役所前には「倶知安(くっちゃん)雪だるま」があり、本物の雪でびっくり。

皆さんは見つけましたか?

 

二日間、街全体がにぎやかなお囃子(おはやし)で響き渡り、アーケードの奥まですずめ踊りの行列が並びました。きれのあるかっこいい踊りや、小さいお子さんの可愛らしい踊り、軽やかで華やかな踊りなど、様々なすずめ踊りを楽しむことができ、鳥肌がたちました。すばらしかったです!

 昔はスピーカーを移動させていたというお話を、三原本店の三原社長からお聴きしました。仙台・青葉まつりは時代とともに変化しているのですね! 

 さらに、会場には、法被貸し出し・おまつりメイク、手作り扇子コーナーもありました。国内外のお客さまがすずめ踊りに飛び入り参加でき、楽しんでいらっしゃいました。

 会場では、仙台・青葉まつりグッズ販売もあり、私も仙台・青葉まつりのネーム入りの木札や、手ぬぐいを購入し、とても気に入っております!

 今回、すずめ踊りのお囃子や神事での篠笛(しのぶえ)を聴いて、伝統的な古風な感じや、美しい音色に魅力を感じました。勾当台公園のブースで篠笛体験をさせていただいたのですが、仙台・青葉まつりで一緒に吹きたくなりました!

 夜の山鉾は、幻想的な提灯を灯し美しく、多くの方で熱気にあふれ、終盤に向けてさらに盛り上がり、とても感動いたしました!

 

 5月20日(日)「本まつり」

 本まつりでは、青葉神社神輿をお迎えし、神事に参加しました。

笛の音色を聴きながら儀式を拝見し、とても神聖な気持ちになりました。

 その後、時代絵巻巡行に加わり、商店街や東二番町通りなどをパレードしました。

 

 移動中、武将の格好をした方々にお会いし、昔の時代にタイムスリップしたような感覚を味わいました。「伊達古式火縄銃演武」や、「仙台市消防伝統階子乗り」や、「伊達日置流印西派弓術(だてへきりゅういんさいは)」なども行われておりました。

伝統的に受け継がれた、本格的な技を見ることができるのも、この仙台・青葉まつりの見どころでした。

 

 パレードでは、青空の中、新緑がとても気持ちよく、多くの方に「がんばってね」と温かい声援と笑顔をいただき、とても嬉しく思いました。ありがとうございました!

 

 昨年の親善大使の皆さまも、愛姫(めごひめ)山車で、パレードに参加していらっしゃいました。

また、迫力のある伊達政宗公や、大黒天や、タイなどいろいろな団体の山鉾があり、様々な装飾や工夫がなされ、皆さん元気よく観客を楽しませてくれました!

 

 市役所前で行われた山鉾手締め式では、2日間参加させていただいた感想を発表し述べました。

 多くの皆さまの真剣な様子や、熱意のあるお姿を拝見し、まつりの関係者さま、役員の皆さま、ボランティアの皆さま、おまつりにいらした皆さま、多くの皆さまによって、この仙台・青葉まつりが支えられ、盛り上げられたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 とても楽しく、あっという間の2日間で、名残惜しいと感じました。

このような伝統的なおまつりがこれからもずっと続いてほしいと思っています。

そして、ステキな仙台をもっとたくさんの方に知っていただくため、3人で力を合わせて、その魅力をお伝えしていこうと思いました!!

 

 次回の活動は、6月2日(土)、3日(日)に開催されます「東北絆まつり2018盛岡」。

東北のいろんなおまつりが集結する豪華なおまつりとなっています。

私たちも浴衣を着て仙台七夕まつりのPRや、七夕踊りをさせていただきます。

仙台すずめ踊りや伊達武将隊も参加いたします。

 ぜひお越しください。

皆さまとお会いできるのを楽しみにしております!!

2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

▲ページトップへ