仙台・青葉まつり

皆さま、こんにちは。

杜の都仙台シティサポーターの猪股真衣です。

 

一年前、2017せんだい・杜の都親善大使として初めて参加させていただいたお祭りが【仙台・青葉まつり】でした。

 

 

 

今年は【シティサポーター】として時代絵巻巡行に参加させていただきましたよ~!

 

この時代絵巻巡行、伊達政宗公にゆかりのある様々な人物に扮した人や可愛らしいお稚児さん、山鉾、すずめ踊りの演舞などが巡行する

盛りだくさんの活気溢れるパレードで、毎年楽しみにしている方も多いかと思います。

 

 

はるか昔私たちの故郷仙台を作り上げてきた先人たちが練り歩く姿とすずめ踊りが一緒に見られる景色は、

現代に生きる県民とタイムスリップしてきた人たちの時代を超えた共演と言え、不思議さと興奮を覚えます。

 

 

 

そんな中シティサポーターの3人が扮したのは、こちら!

 

愛姫、五郎八姫、牟宇姫です。

 

 

...それぞれなんと読み、どんな姫かはご存知でしょうか??

 

折角ですので、ここで改めてご紹介させてください♪

 

 

まずは、【愛姫/メゴひめ】。

伊達政宗公の正室、つまり政宗さまの奥さまということですね。

 

そして、その娘たちが【五郎八姫/イロハひめ】と【牟宇姫/ムウひめ】。

長女が五郎八姫、次女が牟宇姫です。

 

 

私は五郎八姫に変身(!)したのですが、

パレードが始まる前に『宮城県で生まれたので、五郎八姫から名前をとってイロハと名付けられた』という可愛らしいお子さんと一緒にお写真を撮りました。

 

由緒ある美しいお名前だなあと思いますし、こうしたご縁があり大変嬉しかったです。

 

 

 

 

新緑と活気に包まれた仙台・青葉まつり。足を運ばれた方もそうでない方も、是非親善大使3名のブログもお読みくださいませ。

きっと、大使として初めてのお祭りを終えた3人が紡ぐ言葉は、皆さまに仙台・青葉まつりの熱気や感動を鮮やかにお届けしてくれることと思います。

 

 

杜の都仙台シティサポーター猪股真衣

▲ページトップへ