一年間ありがとうございました

皆さま、こんばんは。

2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

 

 

本日430日をもちまして、私たちの任期が満了を迎えました。

この一年間、たくさんの方々と出会い皆さまのおかげで充実した日々を過ごすことができました。

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

大学3年生のときに宮城のお米を全国各地にPRする「みやぎライシーレディ」にチャレンジし、一年間北は北海道、南は沖縄県まで故郷自慢のお米をひとりでも多くの方に召し上がっていただくべく活動して参りました。

 

その中で宮城で生まれ育った自分だからこそ湧き出る言葉で行く先々で出会う方々にお米や県のことをお話しし、

知っていただくきっかけとなれることにとてもやりがい、そして誇りを感じました。

 

一方で宮城県の溢れる魅力の中にはスポットライトが当たりきっていない部分もまだまだあるのではないかと思ったこと、

皆さまに直接お会いして言葉を交わすことができるお仕事をもっと続けたい!と思ったことなどから、

このせんだい・杜の都親善大使の選考にチャレンジしてみようと思いました。

 

 

 

 

 

2017年にせんだい・杜の都親善大使を受けようと思い、行動し、選んでいただき、

本当に本当によかったです!!!

 

 

親善大使として貴重な経験を積むことができたのはもちろんのこと、

伊達政宗公生誕450の記念すべき年であったこと

東北絆祭りの開祭地が宮城県であったこと

羽生結弦選手が輝かしい歴史を刻みパレードが行われたこと

...など、大変光栄な場面に立ち会うことができました。

 

 

 

 

そして、もう一つ 2017年のせんだい・杜の都親善大使になることができてよかったと胸を張って言える大きな理由がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

計良麻里加さん

 

柳原莉子さん

 

 

 

と出会えたからです。

 

一年前、選考会を終えその足で制服のフィッティングをしに行ったときから、二人の人柄の良さのおかげですぐに打ち解け合うことができ、

研修のときからたくさんの刺激を受け、

活動を通し共に成長することができ...

 

親善大使としての活動だけではなく、プライベートでも仲良くしていただき何でも話せる姉と妹ができたようでした。

 

二人には勿論それぞれの良さが溢れているのですが、私が大好きだと感じる共通する理由がございます。

 

 

年上であること年下であることに関係なく、二人とも見た目もですが内面もおちゃめでとってもかわいらしく、

それでいてどんな私のこともいつも真剣になって励ましたり応援したりしてくれて、

なによりも二人のことを

親善大使としても、女の子としても、先輩・後輩としても心から尊敬することができます。

 

 

この場をお借りして、計良さんと柳原さんにも感謝の気持ちを込めてお礼を伝えたいです。

 

 

 

 

ふたりとも、一年間本当にありがとう!

それぞれの人生の中で仙台の親善大使を志し、同じ年に選考を受け、無事に選ばれて、

2017せんだい・杜の都親善大使になってくれてありがとう!

 

 

 

 

選出してくださった皆さま、私のことをこの二人とともに 2017せんだい・杜の都親善大使にしていただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

経験もですが、一生の友達であり仲間を得たことが一番の宝物です。

 

 

 

 

さて、親善大使としての一年間は

自分自身を覚えていただくということよりは、出会った皆さまを笑顔にし仙台・宮城を知っていただくきっかけとなる存在になりたいといつも胸に留めておりました。

 

ですが、もし私たち自身のことを覚えてくださっている方がいらっしゃるとすれば

その方たちがこれから先何かの機会で私たちの姿ー例えば立ち居振る舞いやそれぞれの仕事や活動をしている場面などーを目にしたときに

 

「ああ。やっぱり杜の都親善大使を務めた子たちは違うなあ」

「この子たちに任せてよかったなあ」

 

と感じていただけるような女性になりたいです。

 

 

5月からは杜の都仙台シティサポーターとしても引き続き宮城県を盛り上げることに尽力して参ります。

 

皆さま、これからも心を込めて頑張りますので

計良麻里加柳原莉子猪股真衣をどうぞよろしくお願いいたします。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

2017せんだい・杜の都親善大使猪股真衣

▲ページトップへ