羽生結弦選手 祝賀パレード

皆さま、こんにちは。

2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

 

晴れ渡った空が広がり 若葉は心地良い風でそよぎ、422日の仙台市はまさに「杜の都」を象徴する日のようでした。

 

そのような日に行われた【羽生結弦選手 祝賀パレード】は、お祝いムードは勿論のこと「羽生選手、おかえりなさい!」の気持ちや、歴史的なご活躍を受けて世界中の方が抱いたことでしょう希望など前向きで 力強くもあたたかいエネルギーに満ちていたように感じます。

 

私たち親善大使も、微力ながらお手伝いをさせていただいたり、パレードに参加させていただいたりと 携わることができ、大変光栄です。

 

 

 

改めまして、羽生結弦選手 おめでとうございます!そして、大変お疲れ様でした。

 

 

私はこの度 新社会人として 引き続き宮城県内で日々を過ごしておりますが、

普段通勤中に歩く市内の通りは特にこの季節、とても穏やかな雰囲気で 欅並木にも徐々に葉がつき 気持ちがいいです。

 

県内外、国外から10万人を超える人々が訪れた通りの光景は 非日常的で、

お越しいただけなかった方もいらっしゃるとは思うのですが それを含めても

たったひとりの存在がこんなにもたくさんの人の心を動かすことができるのだと体感いたしました。

 

パレードを歩く中で羽生選手が成し遂げたことの偉大さを改めて感じるとともに

沿道から絶えず羽生選手に届けられる 「おめでとう」「おかえり」さらには「ありがとう」の言葉を受け 今日という素晴らしい日に対して胸がいっぱいになりました。

 

 

さて私事ですが、このパレードが私たち2017年度親善大使3名揃っての活動としては最後のものでした。

 

一年間、あたたかく迎えてくださり本当にありがとうございました。

 

 

2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

▲ページトップへ