優良従業員表彰式

皆さま、こんにちは。
2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。


先日、優良従業員表彰式 並びに 創業・創立記念会員事業所表彰式にて 親善大使の計良さんと介添えのお手伝いをさせていただきました。



この表彰式は 仙台市、仙台商工会議所、みやぎ仙台商工会の主催のもと、
従業員として特に功績を残された方や 勤続年数が長い方、さらに 創業・創立の周年を表彰し讃えるものです。


つまり、私はこの表彰式で 活気ある仙台の街を支えてくださった方々の晴れの舞台に立ち会うことができました。


介添えをさせていただきながら 表彰を受けられる方の表情を間近で拝見でき、滲み出る誇らしさや頼もしさをひしひしと感じました。

実は、私の祖母も一番町四丁目商店街でかつて美容院を営んでおりました。
故郷で店を出し、地元の人と繋がり、県外から訪れた方を迎え、素敵な思い出を胸にお帰りいただく。

仙台のあたたかさは、まさにこの表彰式の場でお目にかかることができた皆さまが生んでいるのだと改めて感じました。

 


さて、表彰式後には記念講演もあり 生まれて初めて 生で 落語を楽しませていただきました。

六華亭 遊花さんによる東北弁落語。田舎ならではの「お茶っこ飲み」の文化や、奉公人が実家に帰ることができる「薮入り」のおはなしを、幼い時から馴染みのある東北弁で楽しみました。

美容院を営んでいた祖母ではない、もう一人の祖母は 県北に住んでおりまして 東北弁でお茶っこ飲みの話を聞くとなぜだか自然と涙がこぼれてしまいました。

お茶っこ飲みの"あるある"の中に垣間見えるおばあちゃんたちの偉大さを、面白おかしく、豊かに語る遊花さんにどんどん引き込まれ、

「笑泣き」という、私が一番幸せを感じられる瞬間を味わうことができました。



そんな、笑って泣いて、大切なことに気づかせてくれる落語をきける常設寄席「花座」が、来る4月 仙台市内に誕生します。

私も家族と一緒に足を運びたく大変心待ちにしております!


仙台のあたたかさの源や 落語を通して言葉の力を再確認できた有意義な日でした。

残りの任期も、言葉の力を信じ、親善大使として故郷を大いに盛り上げたいです!

よろしくお願いいたします。

 

2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

▲ページトップへ