仙台七夕まつり 三日目

皆さま、こんにちは。

2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

 

 

はやいもので、仙台七夕まつりの最終日から一週間が経ちました。

私は最終日の翌日にも仙台駅を訪れたのですが、まるで前日までが夢だったかのように いつも通りの仙台駅に戻っておりました。

少し寂しかったと同時に、何事も 終わってしまうからこそ より美しく感じたり、悔いのないように楽しもうという気持ちになれたりするのだなあと感じました。

そんな 非日常を届けてくれた仙台七夕まつり、その最終日を振り返ります。

 

8月8日(火)

台風が近づいており 前日から大雨が予想されたこの日は、おまつり広場(勾当台公園 市民広場)でのステージイベントや 盆踊りなどは中止となってしまいました。

 

お天気ばかりはどうにも変えることができません。

ですが、これまでの準備に関わられた皆さまや 楽しみにされていた皆さま、

そして 私自身も本当にこのおまつりを 随分前から心待ちにしておりましたので、

多くの方々のお気持ちを考えると、とても残念でもどかしかったです。

 

けれど、こんなときこそ せんだい・杜の都親善大使 として気持ちを上向きに持つべきだとも思いました!

"親善大使"として 広く皆さまに元気を与えられる場をいただいていることを最大限にいかし、

お天気は変えられないけれど 出会う方々の心はきっと晴れやかにできる、ということに気がつき 背筋が伸びました。

 

そんな気持ちを胸に、私たち親善大使三人は仙台駅の観光案内所で 仙台七夕まつりのリーフレットや団扇をお配りいたしました。

 

やはり、雨とはいえこの日もたくさんの方々が仙台を訪れ、仙台七夕まつりを楽しまれておりました。駅に着くと出迎えてくれる大きな吹き流しを見て笑顔になる人々を見つけ、とても元気づけられました。

七夕の飾りは 人々に上を向かせ、笑顔にさせるとは、なんて素敵なのでしょう...!

 

仙台駅からほど近い名掛丁商店街をはじめ、クリスロード商店街・おおまち商店街はアーケード商店街ですので、雨のこの日も豪華絢爛な笹飾りをお楽しみいただくことができました。

 

観光案内所で足を止めてくださった皆さま、

「おつかれさま、がんばってね」と声をかけてくださった方、

団扇で扇いでくださった方...!^ ^

共に仙台を愛する皆さまから、たくさんのあたたかいお気持ちを感じ、力になりました。いつもありがとうございます。

益々頑張りますので これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

さて観光案内所でよくご質問いただいたのが、ロッカーや荷物預かり所の場所です。

仙台駅にはコインロッカーもたくさんございますし、荷物預かり所も一階にございます。

仙台・宮城に訪れた際はご活用いただき、観光をお楽しみください。

 

 

22年間仙台・宮城県に住んでおり、毎年のように足を運んでいた仙台七夕まつり。

そのおまつりの魅力や、おまつりを開祭するにあたりどれほど多くの方の協力や団結が必要か、そして思っていた以上に愛されていることなど、知りきれていないことだらけでした!

 

東北各県の夏まつりが一段落した頃ですが、まだまだ余韻を胸に残りの夏も楽しみましょう。

 

2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

 

▲ページトップへ