仙台市徳島訪問

皆さん、こんにちは!

2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。

私は、8月11日から8月13日にかけて徳島市へ行ってまいりました!

8月5日に仙台市で行われた歓迎交歓会ですっかり阿波踊りファンになってしまった私はこの日をずっと、心待ちにしておりました!

それでは、徳島市での思い出を1日ずつ振り返ってみようと思います!皆さん、どうぞお付き合いくださいませ(^^♪

 

☆8月11日☆

徳島市と仙台市の気温差はなんと10度!

仙台では仙台七夕まつりも終わり段々と秋に近づいているようなお天気が続いておりましたので、徳島市に降り立った瞬間に感じる夏は更に私の阿波踊りへのワクワクを加速させてくれました。

まずは徳島市のシンボル、「眉山」へ向かいました!

頂上へ登る眉山ロープウェーで流れていた徳島の良さや住んでいる人の温かさを歌った「ここにしかない徳島」。

歌い手さんの優しい歌声と美しい風景に癒されました。

この眉山からの風景、快晴のときは和歌山県まで見えるそうですよ(*^-^*)

 

ロープウェーを楽しんだ後はアスティ徳島にて開催された選抜阿波おどり大会 前夜祭へ。

阿波おどり振興協会と徳島県阿波踊り協会所属の有名連が合同でショーアップされた阿波おどりの演舞を行う年に1度のステージ。

 

胸にずしんと響く大太鼓の演奏から第1部は始まりました。

「きらめきの夏!踊り魂まっしぐら~ここは私が輝く阿波の国~」のテーマで演舞を披露してくださったのは阿波おどり振興協会の16連。

吉野川をイメージした一糸乱れぬ女踊りと勇壮な男踊りの大行列は、美しさと力強さを感じました。

 

第2部は徳島県阿波おどり協会の17連が「静と動の色香」をテーマに演舞を魅せてくださいました!

徳島の春夏秋冬を表したり、連を越えてコラボレーションしたりと様々な舞。

元気なちびっ子踊りからベテランの方まで一斉に踊る演舞は阿波おどりの深み、そして歴史を感じました!

 

そして両協会、総勢700名で踊るフィナーレ!

大迫力のステージは写真を撮るのも忘れてしまう程。

ホテルへ戻っても興奮が冷めやらず、なかなか寝付くことが出来ませんでした!

 

☆8月12日☆

徳島市長様、越谷市長様、徳島新聞社様を表敬訪問させて頂きました。

その後、徳島市の皆様にも歓迎式典を開いていただき、その中で仙台の観光PRをさせていただきました。

PRの後は伊達の舞の皆様による「すずめ踊り」の演舞が披露されました!

すっかり阿波おどりに魅了されてしまった私ですが、

聴きなれたお囃子の音とソレソレ!の囃し声、躍動感溢れるすずめ踊りを見ると「あ~やっぱり、これだなぁ!」と変わらぬ仙台愛を再確認しました。

 

通常のすずめ踊りに加えて、扇子を笠に見立てた動きや「ヤットサー」の囃し声を入れた両市の踊りを通じての親交を更に深めてくれるような演舞に感動致しました!

 

歓迎式典の後は、徳島市各所の演舞場ですずめ踊りの演舞披露や仙台市のPRをお伝えさせて頂きました♪

どの演舞場でも温かく迎えていただき、何度も涙が出そうになってしまいました。

「関西宮城県人会」の皆さんが観客席から旗を見せてアピールしてくださったのもとても嬉しかったです(≧▽≦)!

また、観客の皆さんだけでなく踊り手の方から「親善大使と毎年写真を撮っているんだよ!がんばってね!」とのお言葉を頂戴した際は48年間続く交流の歴史を改めて実感いたしました。

 

たくさんのご声援、ありがとうございました!

最後に、南内町演舞場で阿波おどりを拝見させていただきました。この南内町演舞場は最後に鳴り物の方も合わせ約1200人で総踊りがあり、その光景は華やかで迫力満点!

総踊りの最後に観客席から降り、皆さんが阿波おどりに参加されている光景もとても素晴らしく「阿波おどり愛」を感じた瞬間でした。

 

☆8月13日☆

最終日は朝からひょうたん島周遊船に乗船しました!

速いスピードで心地よい風を受けながら、車や徒歩とはまた違った徳島市を感じることができました♪

何回か橋の下を潜るのですが、頭上スレスレの箇所もありスリリングでとっても面白かったです!

徳島市を訪れたのは初めての経験でしたが、豊かな自然とゆっくり流れる時間、暖かい気候とあったかい人柄に何故か懐かしい気持ちになり気付いたら徳島市が大好きになっていました!

阿波おどり、やってみたい!と踊りが苦手な私なのに思ってしまう程、更に阿波おどりも大好きになりました!

そんな風に思えたのは、きっと踊り手の皆さんが阿波おどりを愛し、魂を込めて踊り、老若男女を問わず街全体でこのお祭りに捧げる熱い気持ちを肌で感じたからだと思います。

来年はプライベートで阿波おどりに訪れて、にわか連でお祭りに参加しているかもしれません☆ 

これからもこの交流が末永く続き、両市が益々発展しますように。

心よりお祈りしております。

 

2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加

▲ページトップへ