東北絆まつり

皆さん、こんにちは!
2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
 
 
 
先日の東北絆まつり、皆さんいかがでしたでしょうか?
私は、色んな思いを胸に、また色んな事を改めて考えた、感慨深く色濃い2日間となりました。
 
 
そんな私が感じた東北絆まつりを1日ずつ、振り返ってみようと思います。
 
 
6月10日
午前中は晴れていましたが予報通り、午後から雨が降りはじめてしまった初日。
残念ながら吹流しを西公園のステージに飾ることは出来ませんでしたが、強い雨にも関わらずステージの前には大勢の方がいらっしゃいましたのでとても心強かったです。
 
伊達武将隊の演舞も、すずめ踊りもかっこよかったですね!!
 
『6祭りステージ』にて、笹飾りを持ち、仙台七夕まつりのPRや伝統の七つ飾りの説明をさせて頂きました。
 
夕方に行われた一番町流し踊りでは、仙台のすずめ踊り、山形の花笠踊り、盛岡のさんさ踊りがサンモール一番町から一番町四丁目商店街までを歩きました。
 
流し踊りが始まる前には仙台、山形、盛岡の各ミスよりお祭りの開催期間や各地の特産品などの観光PRがありましたね。
 
盛岡のさんさ踊りの「サッコラ チョイワヤッセ」という掛け声を漢字で書くと、「幸呼来」となり、幸せを呼ぶ、というとっても素敵な意味であることを初めて知りました。
 
 
吹流しが飾られる中、3市のお祭りが練り歩く様子は、豪華で見応えがあったのではと思います。
 
流し踊りの際に私達が持っていたのは、先日手作りしたミニ笹飾りです。
お気づきいただけましたでしょうか?
 
6月11日
朝から気持ちよく晴れ、絶好のパレード日和でしたね!
この日は朝から私達もお揃いの浴衣に着替えました。
 
西公園で行われた団結式では、東日本大震災で犠牲になった多くの方々に黙祷を捧げました。
 
そして、吹流しや秋田の竿頭も飾られ一層華やかになったステージで、10日同様に仙台七夕まつりのPRをさせて頂きました。
 
 
そして午後からの東北6市のお祭りが一堂に会するパレード。
 
沿道には私の想像を遥かに超える人、人、人!
 
見慣れている定禅寺通や東二番丁通に青森のねぶたや福島のわらじなど、それぞれの都市のお囃子の音が響くと、仙台に居ることを忘れてしまうような気分になりました。
 
 
 
東北絆まつりならではの光景ですね!
 
パレードでは私達3人も、七夕踊りを一緒に踊らせていただきました。
この日のために一生懸命練習しましたので、無事ご披露できて安心しました!
 
 
 
閉会式でのそれぞれ隣にいる方と手を取り合い歌った、「ふるさと」。
お隣りのミスさんさ踊りの方と手を繋ぎました。
改めて、「ふるさと」である東北を愛おしく大切にしていきたいと感じた瞬間でした。
 
 
東日本大震災からの復興と犠牲者の鎮魂を願い開催された「東北六魂祭」の後継行事である、「東北絆まつり」。
 
特にパレード出発式での、菊池里帆子さんの朗読と2011年3月11日生まれの子供達のパレードの出発宣言は忘れられません。
 
あの日の経験や、失われたたくさんの命、そして生まれた命、様々な事を考えると思わず胸がいっぱいに、涙が止まらなくなり、改めて東日本大震災の事を思い出し、考えるきっかけともなりました。
 
 
また、個人的な事ではありますが、ミス花笠の1人、高橋茜さんとは大学の同期なので同じ東北人としてお祭りを盛り上げられたことを幸せに思いました。
 
 
私が親善大使に挑戦してみたい!と思ったきっかけの一つに、彼女が地元山形市でがんばっている姿に刺激を受けたことがあり、まさか同じ任期で一緒にお仕事が出来ると思っていなかったので、とても嬉しかったです。
 
 
この2日間を通し、沿道の皆さんからの暖かいご声援やたくさんの楽しく弾けるような笑顔に出会えたこと、この東北絆まつりに関わることが出来たこと、本当に幸せで感謝の気持ちでいっぱいです。
 
これからも東北絆まつりが続き、東北一丸となってもっともっと東北が元気になりますように。
 
仙台の街が熱気に包まれ、東北の絆を感じた2日間。
ご来場の皆さん、出演者の皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうございました!
 
今度は各地の本祭りに足を運んでいただき、お会いしましょうね!
私たち3人は、8月6、7、8日の3日間、仙台七夕まつりで皆さんのお越しをお待ちしております!
 
 
2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加

▲ページトップへ