第33回 仙台・青葉まつり

皆様、こんばんは!

2017 せんだい杜の都親善大使の計良麻里加です。

 

 

第33回 仙台・青葉まつりから一夜明けました!

真夏のようなお天気の中でしたが皆様体調など崩されていませんでしょうか?

私は一夜明けても楽しかったお祭りの余韻が残り、まだ頭の中ですずめ踊りのお囃子が鳴り響いております…☆

 

仙台・青葉まつりでは、私達三人揃っての初めてのお仕事となり、5月20日の宵祭りの開祭式でご紹介を頂き、御挨拶をさせて頂きました。

 

 

改めまして、1年間どうぞよろしくお願い致します!

 

 

子すずめ踊り大賞では、小さな身体をめいいっぱい動かして元気に踊る可愛い子供たちに癒されたり、お囃子の中におどるポンポコリンのフレーズが入っていた団体もあり、ユニークで観ていてとても楽しかったです(*^_^*)

 

聖ウルスラ学院の皆様による、吹奏楽バージョンのすずめ踊り、演奏も踊りも圧巻でした!

生の音楽を久しぶりに身近で聴くことも出来、音大生時代を思い出しました♪

 

杜の市ではこんなに可愛いすずのすけの刻印が入った焼きたての笹かまぼこも頂きました!

 

 

とても美味しかったです!皆様は何をお召し上がりになりましたか?

 

 

5月21日の本祭りでは、お神輿をお迎えし神事にも参列させていただきました。

実は私、お神輿が青葉神社から市民広場へ向かっているところを、朝に拝見していましたので無事に到着され、安堵しておりました。

 

豪壮な伊達文化を伝える時代絵巻巡行に仙台青葉まつり協賛会の一員としてパレードをさせていただいた際は皆様にたくさんお声をかけて頂き、私達3人、本当に感激いたしました。

 

 

 

「がんばってね!」、「めんこいね~」、「テレビでみたよ!」

遠方からいらっしゃった方にも「〇〇から来たよ!仙台いい所だね!」など、皆様から頂いたご声援は私の宝物です。

 

 

伊達政宗公生誕450年という記念の年をお祝いする、祝いの儀にも参加させていただきました。

山車の上からの皆様の笑顔、そして太陽の光を受けて輝くケヤキ並木の素晴らしい光景は忘れられません。

 

 

伊達政宗公が築かれた仙台の街にこうして立てること、幸せに思います。

 

 

活気と笑顔に満ち溢れ、お天気に負けないくらいの仙台のパワーと、仙台の歴史を感じることが出来た2日間。

 

幼い頃に稚児行列や、小学校ではすずめ踊りに参加させていただいたことも有りましたので大人になり、せんだい・杜の都親善大使として仙台・青葉まつりに携われたことも感慨深く、仙台で過ごす新緑の季節を愛おしく感じました(^^)

 

皆様の力で作り上げた、皆様のお祭り、仙台・青葉まつり

このお祭りのようにこれからも皆様のお力をお借りして、この活気と魅力に溢れる街、仙台をより一層多くの方々に愛されるよう私達自身も力を尽くしたいです!

 

 

皆様、2日間本当にお疲れ様でございます!

そして、本当にありがとうございました!

 

2017 せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加

 

 

▲ページトップへ