1年間、ありがとうございました!

皆様こんにちは!

2016 せんだい・杜の都親善大使の三條万梨子です!
 
桜も散り始め、定禅寺通のケヤキをはじめ、仙台の様々なところで新緑が眩しい季節になりました。
 
さて早いもので、4月30日をもって、2016 せんだい・杜の都親善大使としての任期が終了となりました。
 
これまでの1年間は私にとって、何にも代えがたく、貴重な経験と勉強をさせていただいたとても深いものでした。
 
小さい頃から祖父母や両親に連れられ、今までは見る側として訪れていた仙台の様々なお祭りを親善大使として携わるようになり、魅せる側の意気込みや大切な思いに触れることができました。
 
県外でのお仕事の際は他県の方々から見た仙台の印象を知り、仙台という大きな街を客観的に見つめ直し、再発見をすることがたくさんありました。
また、私がお話させていただいた仙台の良さを聞き、「行ってみたい」と言っていただけたことがとても嬉しい瞬間でした。
 
応援して下さった皆様、家族、地元の方々。
皆様からいただく応援の声は、どんな時も私の背中をおしてくださる心強いものばかりでした。
皆様があっての2016 せんだい・杜の都親善大使だったと痛感しております。
1年間、本当にありがとうございました。
 
仙台商工会議所の皆様。
1年間、大変お世話になりました。
皆様からのご指導があったからこそ、ここまで務めきることができました。
ありがとうございました。
 
 
最後に。
4月30日までの1年間、共に努めてきた、2016 せんだい・杜の都親善大使のお2人。
 
お姉さんのようで、どんな時でも冷静かつ素早い判断をする堀米愛さん。
親善大使としても女性としても、至らないところが多い私にとっては憧れの存在でした!
 
仙台への愛が強くこもった、とても通る素敵な声の近藤志乃さん。
同い年であるにも関わらず、様々な視野を持っており、いつも尊敬しておりました!
そんなお2人と、2016 せんだい・杜の都親善大使として努めてこられて本当に良かったと思っております。
本当にありがとうございました、これからもまた3人でお仕事ができる日があればとこっそり願っています…☆
 
 
 
思えば、選考会への応募を決めたとき、昨年度の選考会のとき、「2016 せんだい・杜の都親善大使」に選ばれたとき、仙台のお祭りでのお仕事のとき、各都道府県へお仕事で行ったとき、今年度の選考会のとき。
 
その、全ての一瞬一瞬で抱いていたものは、
「仙台が好き」
という気持ちでした。
 
これからもその気持ちが薄れることはありません。
この1年間で培った全てのものを「杜の都仙台シティサポーター」としての活動にも繋げ、変わらない仙台への愛と仙台の素晴らしさをこれからもPRしてまいります!
2017 せんだい・杜の都親善大使のみならず、杜の都仙台シティサポーターの応援もぜひよろしくお願いします!
 
皆様、1年間本当にありがとうございました!

▲ページトップへ