大型クルーズ船「セレブリティ・ミレニアム」初寄港歓迎セレモニー

皆さま、こんにちは。親善大使の堀米愛です。

清々しく気持ちの良いお天気の中、大型クルーズ船「セレブリティ・ミレニアム」の初寄港を歓迎する盛大なセレモニーに参加してまいりました。

総トン数91000トン、乗客乗員合わせますと3000名にもなるということで、仙台港に入るクルーズ船としては過去最大です。間近で見ても本当に大きく、まるでビルが動いているようでした!

セレモニーではキャプテンに花束をお渡しし、記念の写真を撮っていただきました。

アメリカに本社があるというとこで、乗員の皆さまはほとんど外国人。お客さまも700名ほどが外国の方で、およそ20ヵ国からいらしているということでした。

その後は、船内を見学させていただきました。

船の中は外国!ということで、空港さながらのセキュリティチェックを受け、いよいよ船内へ!

レストランでは異国の匂いが漂い、プールサイドでは日光浴をするお客さまがいらしたり、カジノやジムがあったりと、本当に海外旅行に来たような雰囲気を楽しめました。

こんなに豪華な客船に足を踏み入れることはなかなかないので、このまま乗っていたい!と後ろ髪を引かれながら下船しました。

震災から6年が経ちましたが、こうして国内だけでなく、海外の皆さまにも元気な姿をアピールすることができ、とてもうれしく思いました。これを機にもっともっと外国の客船や大型客船に寄港していただき、たくさんの方に仙台・宮城の良さを体感していただけたらいいですね。

午後には横浜港へと向けて出港。安全で快適な航海と仙台港のますますの発展をお祈りしております。

そして、本日が親善大使としての最後のお仕事となりました。

今までお世話になった方にたくさんお会いし、直接感謝の気持ちをお伝えすることができたのでうれしかったです。

ご挨拶する中で、この1年間を思い涙ぐんでしまうこともありましたが、皆さんとお話ししながらとても楽しくお仕事をすることができました。

このお仕事で親善大使の活動を終えることができ、本当に良かったです。ありがとうございました。

▲ページトップへ