外貿コンテナ韓国航路 新規開設セレモニー

みなさん、こんにちは!2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

日本遺産に伊達政宗が残した「伊達な文化」が追加され、とても興奮しています*\(^o^)/*
 
4月19日に仙台塩釜港で行われた外貿コンテナ定期航路(韓国航路)の新規開設に伴う歓迎セレモニーに参加して参りました。
 
 

世界的なハブ港である韓国釜山港と仙台港を直接結ぶコンテナ船で、家電や自動車部品、天然ゴムなどが仙台に運ばれるそうです。

そして今回の新規航路の開設により、国際コンテナ船は9航路となり、過去最高の航路数になりました!
 

東日本大震災の復興需要のため、仙台港にさまざな荷物が集まっているということでしたので

日本だけでなく、世界の方々に東日本大震災からの復興を支援していただいていると感じました。

▲ページトップへ