仙台長なす

燕口に例えられる先のとがったスリムな姿と、皮が薄く果肉がしまり、ほのかな苦みのある独特の風味が特徴です。伊達藩の時代から作られ、400年の歴史を持つともいわれています。 仙台と、仙台と緯度の近い中国・東北部の一地区でしかうまく栽培できないとも言われています。旬は8月から10月で、漬物用として最適な品種とされている。仙台長なす漬は、郷土の伝統特産品のひとつです。 「秋ナスは嫁に食わすな」という諺があるくらい、ナスは馴染みの深い食材です。 この仙台長ナスは、東北の気候にあった早生品種、紫紺長茄子とも呼ばれる小ぶりの茄子である。色つやが良くて皮が薄く、漬物用にピッタリです。ナスの皮には(今、流行の)ポリフェノールが多く含まれています。 柔らかくて、上品な味わいで、温かいご飯はもちろんこと、酒の肴やお茶請けなどに食されています。

▲ページトップへ