• 2017.08.05 20:08:35

    皆さま、こんばんは。

    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

     

    いよいよ明日 8月6日から3日間、仙台七夕まつりがはじまります。

    私は先日、東日本放送さんの「突撃!ナマイキTV」に出演させていただき、仙台七夕まつりのご紹介のみならず

    なんと、七夕踊りも披露させていただきました...!(笑)

    スタジオの皆さまが手拍子をしてくださったり 一緒に口ずさみながら踊ってくださったりと、あたたかい雰囲気に包まれ大好きな盆踊りを楽しむことができました。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

     

    実は 仙台七夕まつり期間中の夕方から夜にかけて、私たち親善大使も浴衣を着て盆踊りを踊ります!

    場所は【つなぎ横丁】、櫓が目印です。

    踊りも難しくなく、また どなたでもお気軽にご参加いただけます。

    是非 夏の思い出に 一緒に踊りましょう♩

     

    私は幼い頃からお祭りが大好きで、地元の小学校や公園での夏祭りでは決まって盆踊りの輪に入っておりました(^^)

     

    「おっと、ここは後ろに下がるのか!」という具合で見よう見まねでついていきながら何周かしますと、体が段々と軽やかに動くようになり、それがとても嬉しかったです。

    そして何よりあの一体感で心があたたまります。

    まさに老若男女が打ち解けあい、曲が終わると皆自然と輪の内側を向き 「ははは」と笑いながら拍手が起こる。そして次の曲がかかりますと、ご年配の方が先陣を切って踊りだす...。

    その様子に、幼いながらも なんとも言えないぐっとくるものを感じておりました。

    休憩所で休んでおられた方々も次々と踊り始め、輪が大きくなったり、二重になったり。...盆踊りで広がる輪・和・話!

     

    今年の仙台七夕まつりでも、盆踊りを通してたくさんの方々と心を通わせ、夏の忘れられない思い出を作ることができたらいいなあと思っております。

     

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

     

  • 2017.08.05 09:08:31
    皆さん、おはようございます!
    2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
    仙台七夕まつりの開催がいよいよ明日となりました!
    市内中心部には笹竹の用意がはじまりましたね!
     
     
    今年はどんな飾りを見られるんだろう?
    とワクワクして一層お祭りが待ち遠しくなっております。
     
    一足先に、一番町四丁目商店街には小さな吹流しが飾られており、私の母校である宮城教育大学附属小学校の吹流しも発見!
     
     
     
    私も小学生の頃にクラス一丸となって一生懸命、吹流しを作ったことを思い出しました。
     
    私の母校以外にも、市内の小学校や児童館、ボランティアなど様々な団体が作成した吹流しが飾られていました。
    どの飾りもきっと、一つ一つ心を込めて手作りしたのだろうなぁと思うと心がほっこりしました。
     
    ぜひ仙台七夕まつりにお越しの際は豪華絢爛な笹飾りも勿論ですが、仙台市内各所にある小さな飾りもぜひご覧いただければと思います(*^_^*)
     
     
    さて、昨日の8月4日の朝に東北放送さん「ウォッチン!みやぎ」に出演させて頂きました。
     
     
    手作りした七つ飾りの巾着が急に落ちてきてしまうハプニングもありましたが、アナウンサーの大久保悠さん、小笠原遥さんのお陰で落ち着いてPRする事が出来ました。
     
     
    ウォッチン!みやぎ」のスタッフの皆様、
    朝の早い時間から本当にありがとうございました!
     
     
    今日は前夜祭である、仙台七夕花火祭も開催されます!
    仙台の夏空を彩る大輪の花火、楽しみですね(*^-^*)
    ぜひ仙台七夕まつりと併せて、お楽しみくださいませ。
     
     
    仙台七夕まつりは、6月に行われた東北絆まつりぶりに親善大使3名が揃うお仕事となります。
    県内外、たくさんの皆様にお会い出来ますことを2017せんだい・杜の都親善大使一同楽しみにしております!
     
    2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加
  • 2017.08.03 17:08:23

    皆さま、おばんです!(*^o^*)

    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    さて、東北地方の皆さまにとっては馴染みのある響きかと思いますが、「おばんです」とは「こんばんは」という意味のご挨拶でございます。

    そんな「おばんです!」から元気に始まる ミヤギテレビさんの「OH!バンデス」に、親善大使の計良さんとともに出演いたしました。

    仙台駅前付近からの生中継だったのですが、駅構内をはじめとし 駅前のビルはそれぞれのお店のイメージにぴったりな色合いの吹き流しがたくさん飾られておりました。行き交う人々もそれらを指差しながら何か会話をしており、きっと「きれいだね。」「仙台七夕まつりが今年もやってくるね!」なんて話されていたのではないかと思いますo(^_^)o

     

    仙台七夕まつり期間中は、仙台市全体がさらに目にも鮮やかになりますね。商店街にずらりとなびく笹飾りの あの圧巻の風景を見るのも好きですが、それぞれに特徴のある笹飾りを見上げながら歩き、自分のお気に入りを探すのもとても好きです。

     

    そんな一つ一つ個性のある笹飾りですが、今年は市内中心部全ての笹飾りに【伊達政宗公生誕450年】をお祝いする「統一札」を掲げます。

    同じデザインの札を掲げることで、お祝いムードも一層盛り上がることでしょう。

     

    50年に一度の記念の年である今年、是非仙台七夕まつりにお越しください。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.08.02 21:08:59
    皆さん、こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
    7月31日に猪股さんと一緒にミヤギテレビさん、「OH!バンデス」に出演させて頂きました(*^_^*)
    皆さまご覧いただけましたでしょうか?
     
     
    番組内では、七つ飾りの説明もさせて頂きました!
    七つ飾りのそれぞれの願いは猪股さんのブログで詳しく紹介されていますので是非ご覧になってくださいね!
     
     
    さて、仙台七夕まつりまで残すところあと4日となりました。
    仙台の街中では至る所に七夕飾りが飾られていますね!
     
    私は先日、仙台七夕まつりが待ちきれず、とある場所へ行ってきました!
     
     
    ここは、仙台市若林区にある鐘崎の「かまぼこの国  笹かま館」の「七夕ミュージアム」です!
     
    過去、実際に飾られていた吹流しが飾られ、昭和の時代からの仙台七夕まつりのポスターを振り返るコーナーもありました♪
    また、藩政期や明治・大正時代の七夕飾りの再現や、紐を引いて人形を動かす仙台固有の七夕飾り「仙台仕掛けもの」も常時展示してあるんですよ!
     
     
    七夕ミュージアムを楽しんだ後は、「笹かま手作り体験教室」に参加しました!
    幼い頃から食べ親しんでいる笹かまですが、手作りは初めての体験でした!
     
    まず、かまぼこの原料、魚のすり身をよくこねて、竹くしに刺し、笹の葉の形にし、
     
     
     
    専用の焼き機で焼き、最後は約300度に温度をあげて一気に焼き色をつけます!
     
     
    こちらの写真は下から焼き色を確認しているところです。
     
    焼き上がるのを待っている間はスタッフの方がかまぼこの歴史についてお話してくださいました。
    かまぼこはなんと、縄文時代から食べられているそうです!
     
    自分で作ったアツアツの笹かまは、香ばしく、それはもう格別な美味しさで一気に2個食べてしまいました!(笑)
     
    この「笹かま手作り体験教室」には、夏休みということで、親子で参加されている方も多くいらっしゃいました。
    お子様も、大人の方もとても楽しまれているように感じました!
     
     
    「かまぼこの国  笹かま館」、仙台七夕まつりの前に訪れて美味しいかまぼこを頂きながら予習をするのも良いですし、仙台七夕まつりの後にもおまつりの余韻をお楽しみ頂けるかと思います!
    仙台にお住まいの方も、仙台に遊びにいらした方もぜひ皆様、足を運んでみてはいかがでしょうか?
     
    最後に8月4日(金)に東北放送さん、「ウォッチン!みやぎ」に出演致します。
    朝のお出かけ前にご覧いただければ幸いです!
    一人でも多くの方に仙台七夕まつりに足をお運びいただけるよう、PRがんばりますので、どうぞよろしくお願い致します。
     
    2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加
  • 2017.07.31 15:07:11

    皆さま、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    私は先日、Date fmさんの 「Morning Brush」という番組で仙台七夕まつりのPRをさせていただきました。

    宮城県民は勿論のこと、東北の他の県でも放送をお楽しみいただけるエリアがあるということで、自分の声が一体どれほど多くの方に届いているんだろうと少し緊張し、そして何だかとてもワクワクいたしました...!



    番組内でもお話しさせていただいたのが、【七つ飾りに込められた願い】についてです。これまでのブログ記事にも度々登場した七つ飾りについて、今回は一つ一つご紹介いたします(^-^)


    1.短冊
    詩歌を書いて、学問や書道の上達を願う。

    2.巾着
    節約と貯蓄の心を養いながら、商売繁盛の願いを込める。

    3.投網
    豊作・豊漁を願う。また沢山の幸運を投網で寄せ集めるという意味もある。

    4.紙衣
    裁縫や技芸の上達を願い、病や災いの身代わりとしても捧げられる。

    5.屑篭
    清潔と倹約の心を養う願いを込め、飾り付けを作るときに出た裁ち屑などを入れる。

    6.折鶴
    家内安全・健康長寿を願う。

    7.吹き流し
    手芸や機織りなどの上達を願い、また七夕伝説に登場する織姫を象徴している。


    いかがですか?
    仙台七夕まつりでは、この七つの飾りを飾りつけることも伝統の一つとなっております。それぞれに願いが込められているなんて、とてもロマンチックですよね...☆

    仙台七夕まつりにお越しの際は、是非この伝統の七つ飾りを探してみてください。

    (こちらは、私がアルバイト先でボードに手書きをしたものですヾ(@⌒ー⌒@)ノ)

     

    そして、仙台七夕まつりのHP内では「願い短冊」を入力することができます!
    http://www.sendaitanabata.com/

    短冊はHP内でご覧いただけるほか、7月28日までに投稿されたものは仙台七夕まつり期間中、「おまつり広場」に飾られるようです♩

    自分と似たようなお願い事を見つけ親近感が湧いたり、心温まるお願い事に何だかほっとさせられたり、応援したくなるような願いが綴られていたり... 笹を彩る短冊を眺めるのがとても好きです。

    仙台七夕まつりまで残り一週間となりました。皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。 

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

▲ページトップへ