• 2018.05.24 22:05:45

    皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の笹木花梨です。

    先日、5月17日(木)に第70回全国建築板金業者宮城大会の本大会にて大会式典・表彰式の介添えを務めさせていただきました。

     

    大会式典前の開会式・テープカットで、はさみをお渡しするという大変光栄な役割を仰せつかり、初めてテープカットを間近で拝見いたしました!

    テープカットで使われていたはさみは実際に金属を切るためのはさみで、普段私たちの使うはさみとは違い、光沢もあり美しく、ずっしりと重厚感がありました。はさみをお渡しする際は緊張いたしましたが、さすが全日本板金工業組合連合会の皆さま、軽々と持たれており、普段から使い慣れていらっしゃるのだなと驚き、感動いたしました。 

     

    大会式典終了後は仙台・宮城観光PRキャラクターのむすび丸と共に会場を回らせていただき、皆さまとたくさんお話をさせていただきました。

    金属の壁の表面に木目調の塗料を塗ることで、金属という冷たいイメージのあるものをより暖かく見せるという新技術や、金属を折り曲げる際に金属が固いと折り目に目に見えないひびが入り、そこが劣化するという問題を解決するために開発された絶妙にやわらかい金属など、金属加工の様々なことを教えていただきました。

    会場では皆さまから私たちにも理解しやすいようなご説明でお心遣いいただいたり、普段お聞きすることのできないお話をお聞きしたりと、大変貴重な体験をさせていただきました!

     

    また、皆さま全国各地からお越しになっているので、一度に様々な方言を耳にすることができ、大変新鮮な時間を過ごさせていただきました!それぞれに自分のふるさとのお言葉をお持ちで素敵だと思いました。

    「テレビ見たよ。」「笑顔がいいね。」とたくさんの方から嬉しいお言葉をいただき、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。会場でお会いしました皆さま、素敵な時間をありがとうございました!

     

    2018せんだい・杜の都親善大使 笹木花梨

  • 2018.05.24 00:05:25

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

     

    最近は気温が高く、日差しの強い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

    日焼け対策にも気を遣う時期になってきましたね~!

    私は最近、日傘を購入しましたよ(*^^*)

    体調管理に気を付けて、暑さに負けず元気に過ごしましょうね!

     

    さて、少し日にちが空いてしまいましたが、私たちは先日の5月17日に夢メッセみやぎで行われた、「全国建築板金業者宮城大会」の表彰式にて介添えのお手伝いをさせて頂きました。

     

    この大会は、全日本板金工業組合連合会と日本建築板金協会によって共同で行われている大会で、宮城県が会場となるのは1976年以来の実に42年ぶりだそうです!

     

    今年は第70回目の節目の年を迎えたそうで、今回この様なお手伝いをさせて頂くことができ、とても光栄に思いました。

     

    会場には、全国の7ブロック(北海道・東北・関東甲信越・中部・西部・四国・九州)から総勢3500人を超える建築板金業の関係者の方がお集まりになられ、大会はとても盛大に行われました!

     

     この大会ではこれまで「総合テーマ」を掲げており、今大会では「復興から再生へ いま一度建築板金の力で!」を標榜として大会が開催されました。

    東日本大震災から7年が経過した今も、こうして全国から大勢の方がいらっしゃる場で震災を風化させないことを意識したテーマにとても胸が熱くなりました。

     

    私も、大使としての役目を与えて頂いたからには、日本全国の皆さまに震災から少しずつ元の姿を取り戻し、元気で明るい宮城県・仙台のたくさんの魅力を精一杯発信し、多くの方に足を運んで頂けるように努めさせて頂きたいと、改めて身の引き締まる思いがいたしました。

     

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

     

     

     

  • 2018.05.23 23:05:50

     皆さま、こんにちは

     2018 せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     5月13日(日)新緑の中、第28回仙台国際ハーフマラソン大会が開催されました。

     ランナーとして参加した皆さま、応援にいらした皆さま、お疲れさまでした!

     海外や県内外からも、約1万3千人の方が参加されました。ハーフマラソンコースは杜の都を象徴する定禅寺通りや青葉通りを通る21.0975kmのコースで、一般のランナーとエリート選手が一緒に走り、折り返しですれ違うコース。そして、2km、5kmのコースは榴岡公園付近のコースでした。それぞれのコースで、仙台の街並みや自然などを感じられたのではないでしょうか。

     様々な思いを抱かれ、それぞれのスタイルで一生懸命に走っているお姿を見て、私も熱くなって応援しておりました!

     大会のスペシャルアンバサダーの高橋尚子さんが、ランナーに応援メッセージをくださり、ハイタッチで元気を与えてくださいました。また、沿道の方々の温かい応援で、元気をもらって走ることができたという方も多く、笑顔で駆け抜けておられました。

     走り終えた姿は、爽やかで清々しく、達成感や喜びを分かち合っているご様子を拝見し、私も幸せな気持ちでいっぱいになりました!

     ハーフマラソンの完走者には、大判のフィニッシャータオルが贈呈され、嬉しそうに肩に掲げておられました。

     

     私は表彰式でお手伝いをさせていただきました。受賞された皆さまの思いをお聞きすることができ、お手伝いできることを光栄に思いました。

     入賞された皆さま、おめでとうございます!!

     受賞された方の中には、台湾から参加した方がいらっしゃり、一緒に記念写真を撮っていただきました!また仙台にいらしてください!

     表彰式では、2014せんだい・杜の都親善大使で現在TBC東北放送アナウンサーの熊谷望那さんが司会をされていました。たくさんお話を聴かせていただき、とても勉強になりました。ありがとうございました!

     仙台国際ハーフマラソン大会は、たくさんの方々に盛り上げていただいた、素晴らしい大会でした!

     今回は初めてのお仕事ということで緊張しておりましたが、関係者の皆さまのサポートに、心より感謝申し上げます。

     2018 せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

  • 2018.05.23 18:05:08

    皆さま、こんにちは。
    杜の都仙台シティサポーターの柳原莉子です!



    5月19日(土)、20日(日)に仙台・青葉まつりが開催されました!
    私たち杜の都仙台シティサポーターの3名は、20日の【仙台・青葉まつり 本祭り】にて行われた、伊達時代絵巻巡行の伊達絵巻行列に参加させていただきました!


    計良さんは、伊達正宗公の正室・愛姫(めごひめ)を…
    猪股さんは、正宗公の長女・五郎八姫(いろはひめ)を…
    私、柳原は、正宗公の次女・牟宇姫(むうひめ)をさせていただきました。


    昨年、2017せんだい・杜の都親善大使としてデビューさせていただいた際、当時の「杜の都仙台シティサポーター」のお二人が愛姫と五郎八姫をなさっているのを拝見し、「素敵だなぁ、本当のお姫様のようだなぁ」と思ったことをふと思い出しました。
    そして、今年は私たち3名で姫役をさせていただけたこと、大変光栄に思っております^^

    いつもとは違う自分たちの姿についついたくさん写真を撮ってしまいました!
    伊達武将隊の皆さんともパシャリ。まるで、父上である伊達政宗公との家族写真のようですね!(笑)

    愛姫山車では、左側に座らせていただいた為、沿道の皆様との距離がとても近く、皆さまのにこやかなお顔がよ〜く見えました!
    楽しんでいただき、素敵な時間を過ごしていただけたなら幸いです。私も、とても楽しませていただきました!!一生懸命手を振ってくださった方、お声をかけてくださった方、拍手をしてくださった方、温かく見守ってくださった方、どうもありがとうございました(#^.^#)

    時代絵巻巡行には、伊達政宗を祀る青葉神社の神輿渡御や、雀踊りの大流し、山鉾巡行、伊達古式火縄銃演武などが行われ、時代絵巻の大パノラマが繰り広げられました。
    勇壮な甲冑姿の武者行列や、豪華な山鉾巡行は、まるで伊達政宗公が生きた時代にタイムスリップしたようでしたね。

    私たちが乗った山車の前方には、梵天丸、伊達政宗公に扮した、地域の小学生の皆さまが歩いておられました。刀を握りしめ、元気いっぱいに口上される姿はとてもカッコよかったですよ!
    その他にもお子様だけではなく、たくさんの方にご参加いただきました!

    今年の雀踊り参加者の人数は、過去最多の4,600人!
    また、2日間で約90万人の方に仙台・青葉まつりにお越しいただきました。

    出演している方だけではなく、沿道で見守ってくださった多くの皆さま、裏で支えてくださったスタッフの方、ボランティアの方など、お祭りは全員で作り上げるものなのだなと改めて実感いたしました。

    杜の都仙台シティサポーター 柳原莉子

  • 2018.05.22 09:05:11

    皆さま、こんにちは。

    杜の都仙台シティサポーターの猪股真衣です。

     

    一年前、2017せんだい・杜の都親善大使として初めて参加させていただいたお祭りが【仙台・青葉まつり】でした。

     

     

     

    今年は【シティサポーター】として時代絵巻巡行に参加させていただきましたよ~!

     

    この時代絵巻巡行、伊達政宗公にゆかりのある様々な人物に扮した人や可愛らしいお稚児さん、山鉾、すずめ踊りの演舞などが巡行する

    盛りだくさんの活気溢れるパレードで、毎年楽しみにしている方も多いかと思います。

     

     

    はるか昔私たちの故郷仙台を作り上げてきた先人たちが練り歩く姿とすずめ踊りが一緒に見られる景色は、

    現代に生きる県民とタイムスリップしてきた人たちの時代を超えた共演と言え、不思議さと興奮を覚えます。

     

     

     

    そんな中シティサポーターの3人が扮したのは、こちら!

     

    愛姫、五郎八姫、牟宇姫です。

     

     

    ...それぞれなんと読み、どんな姫かはご存知でしょうか??

     

    折角ですので、ここで改めてご紹介させてください♪

     

     

    まずは、【愛姫/メゴひめ】。

    伊達政宗公の正室、つまり政宗さまの奥さまということですね。

     

    そして、その娘たちが【五郎八姫/イロハひめ】と【牟宇姫/ムウひめ】。

    長女が五郎八姫、次女が牟宇姫です。

     

     

    私は五郎八姫に変身(!)したのですが、

    パレードが始まる前に『宮城県で生まれたので、五郎八姫から名前をとってイロハと名付けられた』という可愛らしいお子さんと一緒にお写真を撮りました。

     

    由緒ある美しいお名前だなあと思いますし、こうしたご縁があり大変嬉しかったです。

     

     

     

     

    新緑と活気に包まれた仙台・青葉まつり。足を運ばれた方もそうでない方も、是非親善大使3名のブログもお読みくださいませ。

    きっと、大使として初めてのお祭りを終えた3人が紡ぐ言葉は、皆さまに仙台・青葉まつりの熱気や感動を鮮やかにお届けしてくれることと思います。

     

     

    杜の都仙台シティサポーター猪股真衣

▲ページトップへ