• 2017.08.06 21:08:47

    皆さん、こんばんは!
    2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。

    突然ですが、皆さんに質問です!
    仙台市の観光姉妹都市を結んでいる都市はどこでしょう?

     

     

    正解は、「徳島市」です!

    皆さん、ご存知でしたか?
    徳島市とは、昭和45年に観光姉妹都市を結んで以来、「仙台七夕まつり」と「阿波おどり」という両市を代表する祭り期間中に親善訪問団を送り合い、その交流は今年で48回目。

    本日から開催している仙台七夕まつりに徳島市の皆様が参加されるという事で8月5日に徳島市阿波おどり親善訪問団歓迎交歓会に出席して参りました。

    賑やかなお囃子が鳴り響き、ヤットサーヤットサーの掛け声で阿波おどりの入場から始まった歓迎交歓会。

    初めて観る阿波おどりに感動し、序盤から思わず涙が出そうになり一瞬で阿波おどりの虜になってしまいました!

    徳島市の皆様へのおもてなしとして仙台名産のずんだ餅、笹かまや牛タン、そして仙台自慢の和牛「仙台牛」のステーキやローストビーフをご堪能して頂いたり、記念品として仙台の「松川ダルマ」や、七つ飾りのミニチュアを贈呈いたしました。

    両市の観光PRの機会もありましたので、私も心を込めてPRさせて頂きました!

    PRのあとは、改めて阿波おどりが披露され会場は熱気に包まれました!

    美しく、上品ながらも妖艶な女踊り、写真がぶれてしまう程勇ましく激しい男踊り、テンポが速くなったり、遅くなったり。

    そんな阿波おどりの終盤には

    「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損損」のフレーズに乗っ取り会場にいる全員で阿波おどりを踊りました!

     

    8月11日から13日にかけて今度は仙台市が徳島市を訪問し、私もその一員として同行させて頂きます。

    歓迎交歓会で阿波おどりを拝見させていただいただけで大きな感動をした私ですから、現地ではどれほどの感動を味わえるのだろうともうドキドキしております!

    仙台七夕まつりも阿波おどりのように熱く、盛り上がって参りましょう!

    2017せんだい・杜の都親善大使  計良麻里加

  • 2017.08.06 08:08:44

    皆さま、おはようございます。
    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    さて、本日からはじまる仙台七夕まつりを一人でも多くの方にお楽しみいただくべく、8月4日にはNHK仙台放送局さんの「ひるはぴ」でPRをさせていただきました。
    ご覧いただけたでしょうか?(^_^)

    番組内でもご紹介させていただいたのが、今年の公式ポスターについてです。
    今日まで県内の様々なところで目にされたことと思います。一度見たら豪華絢爛な吹き流しが忘れられない、おまつりへのわくわく感を高めてくれるあのポスターです。

    実は、今年のデザインは仙台の学生さんがされたものなのです!
    なんと、2009年に公募形式になってから初めてアマチュアの方のデザインが採用されました。

    右下には巻物風のデザインがほどこされ、そこに書かれているのは【伊達政宗公が七夕を詠んだ和歌】。
    政宗公が七夕を好んだことや伝統が感じられ、彼の生誕450年である記念の年にぴったりなデザインですよねo(^_^)o

    おまつり開祭にあたる隅々にまで地域の方の想いが感じられる仙台七夕まつりを、是非お楽しみください。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.08.05 20:08:35

    皆さま、こんばんは。

    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

     

    いよいよ明日 8月6日から3日間、仙台七夕まつりがはじまります。

    私は先日、東日本放送さんの「突撃!ナマイキTV」に出演させていただき、仙台七夕まつりのご紹介のみならず

    なんと、七夕踊りも披露させていただきました...!(笑)

    スタジオの皆さまが手拍子をしてくださったり 一緒に口ずさみながら踊ってくださったりと、あたたかい雰囲気に包まれ大好きな盆踊りを楽しむことができました。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

     

    実は 仙台七夕まつり期間中の夕方から夜にかけて、私たち親善大使も浴衣を着て盆踊りを踊ります!

    場所は【つなぎ横丁】、櫓が目印です。

    踊りも難しくなく、また どなたでもお気軽にご参加いただけます。

    是非 夏の思い出に 一緒に踊りましょう♩

     

    私は幼い頃からお祭りが大好きで、地元の小学校や公園での夏祭りでは決まって盆踊りの輪に入っておりました(^^)

     

    「おっと、ここは後ろに下がるのか!」という具合で見よう見まねでついていきながら何周かしますと、体が段々と軽やかに動くようになり、それがとても嬉しかったです。

    そして何よりあの一体感で心があたたまります。

    まさに老若男女が打ち解けあい、曲が終わると皆自然と輪の内側を向き 「ははは」と笑いながら拍手が起こる。そして次の曲がかかりますと、ご年配の方が先陣を切って踊りだす...。

    その様子に、幼いながらも なんとも言えないぐっとくるものを感じておりました。

    休憩所で休んでおられた方々も次々と踊り始め、輪が大きくなったり、二重になったり。...盆踊りで広がる輪・和・話!

     

    今年の仙台七夕まつりでも、盆踊りを通してたくさんの方々と心を通わせ、夏の忘れられない思い出を作ることができたらいいなあと思っております。

     

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

     

  • 2017.08.05 09:08:31
    皆さん、おはようございます!
    2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
    仙台七夕まつりの開催がいよいよ明日となりました!
    市内中心部には笹竹の用意がはじまりましたね!
     
     
    今年はどんな飾りを見られるんだろう?
    とワクワクして一層お祭りが待ち遠しくなっております。
     
    一足先に、一番町四丁目商店街には小さな吹流しが飾られており、私の母校である宮城教育大学附属小学校の吹流しも発見!
     
     
     
    私も小学生の頃にクラス一丸となって一生懸命、吹流しを作ったことを思い出しました。
     
    私の母校以外にも、市内の小学校や児童館、ボランティアなど様々な団体が作成した吹流しが飾られていました。
    どの飾りもきっと、一つ一つ心を込めて手作りしたのだろうなぁと思うと心がほっこりしました。
     
    ぜひ仙台七夕まつりにお越しの際は豪華絢爛な笹飾りも勿論ですが、仙台市内各所にある小さな飾りもぜひご覧いただければと思います(*^_^*)
     
     
    さて、昨日の8月4日の朝に東北放送さん「ウォッチン!みやぎ」に出演させて頂きました。
     
     
    手作りした七つ飾りの巾着が急に落ちてきてしまうハプニングもありましたが、アナウンサーの大久保悠さん、小笠原遥さんのお陰で落ち着いてPRする事が出来ました。
     
     
    ウォッチン!みやぎ」のスタッフの皆様、
    朝の早い時間から本当にありがとうございました!
     
     
    今日は前夜祭である、仙台七夕花火祭も開催されます!
    仙台の夏空を彩る大輪の花火、楽しみですね(*^-^*)
    ぜひ仙台七夕まつりと併せて、お楽しみくださいませ。
     
     
    仙台七夕まつりは、6月に行われた東北絆まつりぶりに親善大使3名が揃うお仕事となります。
    県内外、たくさんの皆様にお会い出来ますことを2017せんだい・杜の都親善大使一同楽しみにしております!
     
    2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加
  • 2017.08.03 17:08:23

    皆さま、おばんです!(*^o^*)

    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    さて、東北地方の皆さまにとっては馴染みのある響きかと思いますが、「おばんです」とは「こんばんは」という意味のご挨拶でございます。

    そんな「おばんです!」から元気に始まる ミヤギテレビさんの「OH!バンデス」に、親善大使の計良さんとともに出演いたしました。

    仙台駅前付近からの生中継だったのですが、駅構内をはじめとし 駅前のビルはそれぞれのお店のイメージにぴったりな色合いの吹き流しがたくさん飾られておりました。行き交う人々もそれらを指差しながら何か会話をしており、きっと「きれいだね。」「仙台七夕まつりが今年もやってくるね!」なんて話されていたのではないかと思いますo(^_^)o

     

    仙台七夕まつり期間中は、仙台市全体がさらに目にも鮮やかになりますね。商店街にずらりとなびく笹飾りの あの圧巻の風景を見るのも好きですが、それぞれに特徴のある笹飾りを見上げながら歩き、自分のお気に入りを探すのもとても好きです。

     

    そんな一つ一つ個性のある笹飾りですが、今年は市内中心部全ての笹飾りに【伊達政宗公生誕450年】をお祝いする「統一札」を掲げます。

    同じデザインの札を掲げることで、お祝いムードも一層盛り上がることでしょう。

     

    50年に一度の記念の年である今年、是非仙台七夕まつりにお越しください。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

▲ページトップへ