• 2018.07.11 11:07:19

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です(*^^*)

    前回の更新から少し間が空きましたが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?

     

     さて!突然ですが皆さま、「太平洋フェリー」はご存知でしょうか?

    一度はCMでご覧になったり、実際に船旅でご利用されたことがある方もいらっしゃると思います。

     

     今回、私は来年の1月にデビューする、ニュー「きたかみ」の命名・進水式にご招待頂き、7月3日・4日の二日間、山口県の下関市に行って参りました!

    私にとっては初めての地でしたので、行く前からわくわくした気持ちでいっぱいでした♪

     

    実は、今回の命名・進水式は台風の影響で一日延期して行われました。

    始めはどうなることかと不安でしたが、大勢の関係者の方々の協力のもと、無事に華やかな式が行われ、大変嬉しく思いました!

     

     この、ニュー「きたかみ」は北海道の苫小牧-仙台間を基本航路とするフェリーです。

    夕暮れの乗船の特徴を活かした、「スペーストラベル」をコンセプトにした船内は、まるで星空へ冒険に出る宇宙船に乗り込んだかのような高揚感を掻き立ててくれる造りになっているそうですよ☆彡

    船内にはレストランや大浴場などの様々な施設に加え、「スペーストラベル」のコンセプトに相応しい、アイデアの詰まった10タイプの客室が用意されています。

    目的に合わせて、お部屋のタイプを選べるのは嬉しいですね♪

    なんと、ペットと一緒に宿泊できるお部屋もあるそうで、家族全員での旅行にぴったりです(*^^*)

     

     さて、三菱重工業(株)下関造船所にて4日に行われたニュー「きたかみ」の命名・進水式では、苫小牧市の「ハスカップレディ」を務める葛西元美さん、小林茉呂佳さんとともに「支綱切断」(しこうせつだん)という、とても重要な役割を無事に果たすことが出来ました。

    この支綱切断は、本当に限られた人しか経験のできない大変重要な役割で、一生に一度しか経験のできないであろう今回の機会を噛みしめながら、三人で息を合わせて支綱を切断しました。

    「支綱切断」で使われている紅白の縄は、安産のお守りとも言われているそうで、中にはお子さんが生まれる予定の方のお腹周りに巻いて、安産のお祈りをする方もいらっしゃるそうですよ(*^^*)

    改めて、今回は「支綱切断」という大変光栄な役割を任せて頂き、本当にありがとうございました。

    三人で支綱を切断した瞬間、ニュー「きたかみ」が堂々とゆっくり進水していく姿は圧巻でした!!

     

    4日に行われた、ニュー「きたかみ」の命名・進水式の様子や船内の細かい情報等は、太平洋フェリーさんのホームページにて、新造船ニュー「きたかみ」の就航カウントダウンサイトが開設されていますので、是非こちらをご覧ください!

    進水式の様子は動画にてご覧頂けます!

    私もチラッと映っておりましたので、チェックして頂けると嬉しいです(^^♪

     

    ☆新造船ニュー「きたかみ」カウントダウンサイトはこちら☆

    http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/kitakami_new/index.html

     

    ニュー「きたかみ」は来年の1月から、北海道と東北間を結ぶ架け橋となります。

    どこへでもスピーディーに移動が可能になった現代だからこそ、たまには日常の喧騒から離れてゆったりとくつろぐひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか♪

    皆さまの仙台へのお越しを、心よりお待ちしております(*^^*)

     

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀

     

     

     

     

     

  • 2018.06.30 13:06:32

    皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

    「仙台・宮城〔伊達な旅〕夏キャンペーン2018」函館キャラバンとして、6月20日(水)、21日(木)に函館に行ってまいりました!

    仙台・宮城の魅力を函館・北海道の皆さまに知っていただくため、函館駅や五稜郭タワーにて、観光PRを致しました。

    (「五稜郭に立つ土方歳三」の前にて、函館キャラバンの皆さんと)

    奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊や、宮城県各市町村の方々(石巻市、東松島市、女川町、仙台市、栗原氏、大崎市、蔵王町、柴田町)、ホテル・旅館事業者の方々と一緒に活動しました!

     

    皆さま、函館と言えば何を思い浮かべますか?夜景やおいしい海産物…

    私は初めての函館でしたので、わくわくしながら過ごしておりました!

    1日目 

    2016年3月に開通した北海道新幹線に乗って、青函トンネルを通り新函館北斗へ。函館ライナーに乗り換え函館駅に到着致しました。仙台から函館駅までは、およそ2時間30分でした!

     函館駅では、各市町村の観光パンフレットや、仙台七夕まつりのうちわを配布いたしました。

    今回配布した袋には、観光パンフレットの他に、各市町村ごとに異なる特産品がどれか一つ入っておりました。(仙台市は、かわいいむすび丸のシールとこけしクリップでした!)

    平日の夕方ということで、ちょうど帰宅の時間帯でした。

    スーツケースをもった観光客の皆さまも、たくさんいらっしゃり、海外の方にもPRできました! 

     

    2日目

    五稜郭タワーで、伊達武将隊の演舞や、各市町村の観光PRステージ、観光パンフレットや仙台七夕まつりのうちわの配布が行われました。

    私は、仙台市の観光PRの中で「仙台七夕まつり」についてお話させていただきました!仙台七夕まつりに関するクイズも出題しました。

    海外から団体でいらした方々や、研修でいらした小学生もたくさんいらっしゃいました。

    一緒に写真を撮ったり、仙台のことや仙台七夕まつりに来たことがあるかなどお話することができました。「体壊さないようにがんばってね」と声をかけていただき、とても温かい気持ちになりました。

    たくさんの皆さまとお会いし、仙台のことを少しでも知っていただき、また皆さまの笑顔を拝見し、とても嬉しく思いました!

     

    ところで、皆さんは「五稜郭」を知っていますか?

    五稜郭タワーの展望台からは「函館山」や、この「五稜郭」などを眺めることが出来ます。五稜郭は、上から見ると星型。四季折々に違った景色を楽しめる、歴史の深い城郭です。

    初めの写真にあげましたが、五稜郭タワーには、「五稜郭に立つ土方歳三」の像があり、土方歳三とも関係が深いんです。

    (今回は残念ながら曇っていましたので、晴れた日にぜひ眺めたいです! )

    五稜郭タワーのマスコットキャラクター「GO太君」やスタッフの方ともお会いし、一緒に写真を撮ってもらいましたよ!(GO太君との写真は、五稜郭タワーのインスタグラムにあげていただきました。)

    (宮城のマスコットキャラクター「むすび丸」とGO太君は、仲良く抱き合っていましたよ☺)

     

    その後、伊達武将隊の皆さまと一緒に、北海道新聞函館支部に訪問し、仙台七夕まつりや仙台市のPRを致しました。

    函館には、自然、食、文化、歴史など、見どころがたくさんあり、皆さまとの出会いがあり、すてきな街で過ごした2日間はあっという間でした。

    まだまだご紹介しきれなかった、仙台の魅力がたくさんございますので、8月6日、7日、8日開催の仙台七夕まつりにぜひお越しいただき、またお会いできればと思っております!そして、仙台を満喫していただきたいです!!

     

    今回、函館駅や五稜郭タワーにお越しいただき、温かく見守ってくださった皆さま、伊達武将隊の皆さま、各市町村の皆さま、ホテル・旅館事業者の皆さま、JRの皆さまなど、お世話になった多くの関係者の皆さまに、感謝申し上げます。

     

    次の活動は、7月6日(金)、7日(土)に首都圏にて、「仙台七夕まつり」をPRしてまいります!

    皆さまとお会いできるのを楽しみにしております!!

    2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

     

  • 2018.06.13 17:06:15

    皆さん、こんにちは!

    杜の都仙台シティサポーターの計良麻里加です。

    早いもので、もう6月。

    宮城県も梅雨入りし、また肌寒くなってきましたね。

     

    先月、5月に仙台・青葉まつりが開催されました!

    19日の宵祭りでは、2018 せんだい・杜の都親善大使のお披露目もあり私も遊びに行ってきました(*^_^*)

     

    そして、20日の本祭りでは私達、杜の都仙台シティサポーターの3人はお姫様になってきました!

     

    私が伊達政宗公の正妻、愛姫

    猪股さんが娘の、五郎八姫

    柳原さんが娘の、牟宇姫です。

     

    時代劇のようなメイクとお衣装で、貴重な体験をさせていただける上に、また仙台・青葉まつりに参加させていただけるということで、当日をとても楽しみにしていました(*^-^*)

    山車からは仙台の美しいケヤキ並木の新緑や、皆様の笑顔をたくさん拝見でき、また私の一生の思い出が増えました。

     

    また、今回、愛姫山車には可愛らしい稚児さんも一緒でした!

    私も小学校2年生の時に稚児行列に参加させていただいたことが有りましたので、感慨深かったです。

    小さい頃はわけも分からず参加していましたが、大人になってから思い返すと、素敵な体験をさせてくれた両親にも改めて感謝を感じました!

    稚児さんからは、どうやったらお姫様になれるの?というこれまた可愛らしい質問も頂きました☆

    ぜひ大きくなったら、せんだい・杜の都親善大使になってもらいたいです(^^♪

     

    お祭りと言えば、先週6月2、3日に盛岡市にて東北絆まつりが開催されましたね!

    実は、私達3人も盛岡市まで遊びに行っていました♪

    六魂祭が開催されていた時期は私は東京に住んでいたので一度も観たことがなく、昨年は参加させて頂いたので初めて観ましたが、随所で「東北の絆」を感じました!

     

    東北六県のお祭りの見所をまとめたようなパレードに感動するのはもちろんでしたが、終了して参加者の皆様が戻る際に県をまたいで踊りの交流をしていたのが特に印象的でした!

    各都市の本祭りも実際に足を運びたくなりますね☆

     

    東北絆まつりも終わり、いよいよ仙台七夕まつりへ向けてキャンペーンが始まっていきますね♪

    きっと、各地で2018 せんだい・杜の都親善大使を見かけることでしょう!

    ぜひ見かけたら応援してくださると嬉しいです!

    杜の都仙台シティサポーター 計良麻里加

  • 2018.06.13 00:06:55

     皆さま、こんにちは!

     2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     「東北絆まつり2018盛岡」が6月2日(土)、3日(日)に開催されました。

     2011年から2016年に、東北の6市を一巡した「東北六魂祭」に続いて、「東北絆まつり」が昨年仙台から始まりました。

    東北の復興と連携という思いを込め、また、KIZUNAとして世界にも心を通わせる言葉となるように。

    「山形花笠まつり」、「福島わらじまつり」、「仙台七夕まつり」、「青森ねぶた祭」、「盛岡さんさ踊り」、「秋田竿燈まつり」東北の6市の祭りや、東北各地の多彩な文化を通して、東北は熱い絆で一つとなりました!

     メイン会場ステージでは、東北6市の祭りのPRが行われ、私たち親善大使も、ミニ七夕飾りを手に持ちながら、仙台七夕まつりを紹介させていただきました。

    私は爽やかなレモン色の帯に合わせた髪飾りとともに、浴衣を着ましたよ!

     また、盛岡城跡公園近くの会場では、各地域の食べ物や祭りなどをPRするブースがあり、

    仙台七夕まつりのリーフレットや仙台市の観光パンフレットをお配りしました。

     東北絆まつりパレードでは、盛岡市役所前から啄木新婚の家交差点までの約1.2kmの往復コースを、

    総勢約1300人の出演者が参加しました。

    さまざまな装飾を凝らし、掛け声や笛、太鼓を響かせながら、にぎやかで迫力のあるパフォーマンスでした。

    それぞれの地域の魅力あふれる6市の祭りを見ることができるのはとても贅沢で、ずっと心が高鳴っておりました!

     仙台は、郡市長、仙台七夕まつり協賛会庄子実行委員長、伊達武将隊、

    仙台・青葉まつり伊達の舞のみなさんと一緒にパレードをし、私たち親善大使も七夕踊りを披露させていただきました!

     とても天気がよく暑い中、沿道にはたくさんの方がおいでくださり、手を振って声をかけていただきました。皆さまの笑顔を見ることができ、優しさを感じ、とても嬉しかったです!

     合間には、「ミス花笠」、「福島ミスピーチキャンペーンクルー」、「ミスさんさ踊り」、「あきた観光レディ―」、「ミスねぶた」の方々と一緒に写真を撮っていただきました!

     今年は盛岡開催ということで、歴代のミスさんさや太鼓の方々が勢ぞろいしていました。

    ミスさんさの方に、さんさ踊りを少し教えていただきましたよ!滑らかな手の動き、美しかったです!ありがとうございました!

     今回の東北絆まつりを通して、たくさんの出会いがあり、観客の皆さまの温かさや、出演者の皆さまの祭りへの思いを感じることが出来ました。また祭りの関係者の方の復興への思いをお聴きしました。

    これからもこの東北絆まつりが続き、各地域の祭りがにぎわってほしいと思います。多くの方が笑顔になっていただけるよう、私も東北をもっと盛り上げていこうと思います!

     

     東北絆まつりに来ていただいた多くの皆さま、このお祭りを支えて下さった多くの関係者の皆さまに感謝申し上げます。東北!大好きです!

     これからの活動は、8月に行われます仙台七夕まつりを、県内外でPRしてまいります。ぜひ仙台七夕まつりへお越しください! 

     皆さまとお会いできるのを楽しみにしております!!

    2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい 

  • 2018.06.12 22:06:19

    皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の笹木花梨です。

    最近は日差しも強く、すっかり夏の空気ですね。皆さま、こまめに水分補給し、熱中症には十分にお気を付けてくださいませ!

    6月2日(土)、3日(日)盛岡にて東北絆まつりが開催されました!

    2日間ともにステージにて仙台七夕まつりのPRをさせていただき、絆まつりパレードにも参加させていただきました。

    両日ともに晴れ、天気に恵まれた中でおまつりは大盛況でした!特に2日目の気温は盛岡市今夏初の30度越えで、ステージ・パレード共に熱気に包まれておりました!

    パレードではたくさんの方々からお声がけいただき大変楽しい時間を過ごさせていただきました!

    パレードをご観覧いただきました皆さまもお暑い中会場まで足を運んでいただき、ありがとうございました。また、パレードに参加された6県の皆さま、本当にお疲れ様でした!

    パレードでは七夕踊りを躍らせていただきました。たくさんの方々に拍手をいただき大変嬉しかったです。そして、今回の開催地は盛岡ということで、それにちなんで、今回のすずめ踊りの掛け声は「そーれそれそれっ!も・り・お・か!」と特別仕様でした!

    盛岡の皆さまにも温かいご声援をいただきました。本当にありがとうございました。 

    会場ではお子様から大人の方までたくさんの方々からお声がけいただき、また、海外からのお客様ともお会いすることができました。

    中国や東南アジアからいらした方々と写真を撮らせていただいたり、台湾からいらした方とお話させていただいたりと、たくさんの出会いがありました!パレード中も日本語のアナウンスだけでなく、中国語、韓国語のアナウンスも流れておりましたね。今回の東北絆まつりにもたくさんの海外の方々がいらっしゃり、本当に嬉しく思いました。

    もちろん、海外の方々だけでなく、今回のおまつりには北海道など県外からのお客様もたくさんいらっしゃったそうですよ。

    これからもたくさんの方々に仙台、東北へ来ていただけるように精一杯活動してまいります!

    また、パレード中、仙台からいらっしゃった方で「ありがとう・宮城」「ありがとう・仙台」と書かれたポスターをアピールしてくださった方、リュックに着けていたむすび丸のピンバッジを見せてくださった方がいらっしゃったこと、大変嬉しく感じました。改めて東北、仙台を誇りに思い、東北の絆、仙台の絆を感じ、心が温かくなりました。

    東北絆まつりの醍醐味といえば、このように東北6県の方々との出会いですが、東北6県のミスの皆さまとの出会いもあり、ミスさんさ踊り、ミスねぶた、あきた観光レディー、ミス花笠、ミスピーチキャンペーンクルーの方々とお会いすることができました!

    今年は盛岡開催とのことで、2008年度から2017年度の歴代のミスさんさの皆さまが集結していましたよ!

    そして、私は帰宅後もパレードの熱気が忘れられず、ずっと耳の奥ですずめ踊り、七夕踊りの音楽が鳴っておりました♪本当に東北絆まつりも心に残るおまつりとなりました。会場にいらした皆さまもいかがでしたでしょうか。東北のよさ、おまつりの素晴らしさを感じていただけたなら幸いです。

    8月6日、7日、8日には仙台七夕まつりが開催されます!皆さまとお会いできますこと、親善大使一同、大変楽しみにしております!

     

    2018せんだい・杜の都親善大使 笹木花梨

     

▲ページトップへ