• 2017.08.16 11:08:23

    皆さん、こんにちは!

    2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。

    私は、8月11日から8月13日にかけて徳島市へ行ってまいりました!

    8月5日に仙台市で行われた歓迎交歓会ですっかり阿波踊りファンになってしまった私はこの日をずっと、心待ちにしておりました!

    それでは、徳島市での思い出を1日ずつ振り返ってみようと思います!皆さん、どうぞお付き合いくださいませ(^^♪

     

    ☆8月11日☆

    徳島市と仙台市の気温差はなんと10度!

    仙台では仙台七夕まつりも終わり段々と秋に近づいているようなお天気が続いておりましたので、徳島市に降り立った瞬間に感じる夏は更に私の阿波踊りへのワクワクを加速させてくれました。

    まずは徳島市のシンボル、「眉山」へ向かいました!

    頂上へ登る眉山ロープウェーで流れていた徳島の良さや住んでいる人の温かさを歌った「ここにしかない徳島」。

    歌い手さんの優しい歌声と美しい風景に癒されました。

    この眉山からの風景、快晴のときは和歌山県まで見えるそうですよ(*^-^*)

     

    ロープウェーを楽しんだ後はアスティ徳島にて開催された選抜阿波おどり大会 前夜祭へ。

    阿波おどり振興協会と徳島県阿波踊り協会所属の有名連が合同でショーアップされた阿波おどりの演舞を行う年に1度のステージ。

     

    胸にずしんと響く大太鼓の演奏から第1部は始まりました。

    「きらめきの夏!踊り魂まっしぐら~ここは私が輝く阿波の国~」のテーマで演舞を披露してくださったのは阿波おどり振興協会の16連。

    吉野川をイメージした一糸乱れぬ女踊りと勇壮な男踊りの大行列は、美しさと力強さを感じました。

     

    第2部は徳島県阿波おどり協会の17連が「静と動の色香」をテーマに演舞を魅せてくださいました!

    徳島の春夏秋冬を表したり、連を越えてコラボレーションしたりと様々な舞。

    元気なちびっ子踊りからベテランの方まで一斉に踊る演舞は阿波おどりの深み、そして歴史を感じました!

     

    そして両協会、総勢700名で踊るフィナーレ!

    大迫力のステージは写真を撮るのも忘れてしまう程。

    ホテルへ戻っても興奮が冷めやらず、なかなか寝付くことが出来ませんでした!

     

    ☆8月12日☆

    徳島市長様、越谷市長様、徳島新聞社様を表敬訪問させて頂きました。

    その後、徳島市の皆様にも歓迎式典を開いていただき、その中で仙台の観光PRをさせていただきました。

    PRの後は伊達の舞の皆様による「すずめ踊り」の演舞が披露されました!

    すっかり阿波おどりに魅了されてしまった私ですが、

    聴きなれたお囃子の音とソレソレ!の囃し声、躍動感溢れるすずめ踊りを見ると「あ~やっぱり、これだなぁ!」と変わらぬ仙台愛を再確認しました。

     

    通常のすずめ踊りに加えて、扇子を笠に見立てた動きや「ヤットサー」の囃し声を入れた両市の踊りを通じての親交を更に深めてくれるような演舞に感動致しました!

     

    歓迎式典の後は、徳島市各所の演舞場ですずめ踊りの演舞披露や仙台市のPRをお伝えさせて頂きました♪

    どの演舞場でも温かく迎えていただき、何度も涙が出そうになってしまいました。

    「関西宮城県人会」の皆さんが観客席から旗を見せてアピールしてくださったのもとても嬉しかったです(≧▽≦)!

    また、観客の皆さんだけでなく踊り手の方から「親善大使と毎年写真を撮っているんだよ!がんばってね!」とのお言葉を頂戴した際は48年間続く交流の歴史を改めて実感いたしました。

     

    たくさんのご声援、ありがとうございました!

    最後に、南内町演舞場で阿波おどりを拝見させていただきました。この南内町演舞場は最後に鳴り物の方も合わせ約1200人で総踊りがあり、その光景は華やかで迫力満点!

    総踊りの最後に観客席から降り、皆さんが阿波おどりに参加されている光景もとても素晴らしく「阿波おどり愛」を感じた瞬間でした。

     

    ☆8月13日☆

    最終日は朝からひょうたん島周遊船に乗船しました!

    速いスピードで心地よい風を受けながら、車や徒歩とはまた違った徳島市を感じることができました♪

    何回か橋の下を潜るのですが、頭上スレスレの箇所もありスリリングでとっても面白かったです!

    徳島市を訪れたのは初めての経験でしたが、豊かな自然とゆっくり流れる時間、暖かい気候とあったかい人柄に何故か懐かしい気持ちになり気付いたら徳島市が大好きになっていました!

    阿波おどり、やってみたい!と踊りが苦手な私なのに思ってしまう程、更に阿波おどりも大好きになりました!

    そんな風に思えたのは、きっと踊り手の皆さんが阿波おどりを愛し、魂を込めて踊り、老若男女を問わず街全体でこのお祭りに捧げる熱い気持ちを肌で感じたからだと思います。

    来年はプライベートで阿波おどりに訪れて、にわか連でお祭りに参加しているかもしれません☆ 

    これからもこの交流が末永く続き、両市が益々発展しますように。

    心よりお祈りしております。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加

  • 2017.08.14 20:08:56

    皆さま、こんにちは!2017せんだい・杜の都親善大使の柳原莉子です。

    先日行われた、せんだいE-Action「いざ、打ち水じゃ!伊達に涼もう、仙台の夏」に参加させていただきました!
    ここ何日も、優れないお天気が続いていましたが、イベント当日はお天気に恵まれ、打ち水日和でした!小さなお子様から、大人の方まで、たくさんの方にご参加いただき、とても盛り上がりました(^-^)

    当日はジメジメした暑さでしたが、打ち水をした直後は涼しい風を感じられ、先人の知恵に驚きました。


    暑い夏には、もちろんクーラーを使うことも大切ですが、打ち水や風鈴など昔の人の知恵も上手に活用して、夏を乗り切りましょう!

    そして、イベントの締めに行われた伊達武将隊のみなさんの演舞、かっこよかったですね!私たちは、横から拝見したのですが、とても迫力がありました!

    最後には、打ち水に参加してくれたお子様も一緒に、伊達武将隊さんの「ございん音頭」を踊りました!「ございん!ございん!」の掛け声と共に、両手を高く上げて手招きをする振り付けはとっても簡単で、会場にいる方全員に参加していただきました!
    伊達武将隊のみなさん、私たち親善大使、そして参加してくださった皆さまの心が一つになる素敵な瞬間でした♪

    2017せんだい・杜の都親善大使  柳原莉子

  • 2017.08.13 15:08:37

    皆様、お久しぶりでございます!
    杜の都仙台シティーサポーターの近藤志乃です♪
    お盆休み、いかがお過ごしでしょうか。
     
    仙台の夏といえば、、、そう、七夕まつり
    毎年8月の6日、7日、8日に仙台市中心部で開催されますこのお祭り。
    国内外から多くの観光客の方々が訪れ、仙台の代名詞ともなっていますね!
      
    1
    日目は、七夕飾り審査の審査員として、審査に同行させていただきました。
    こちらの審査は、仙台市内を5つのエリアに分けそれぞれで賞を決めるというものです。
    中心部商店街から、周辺部商店街の方々まで、毎年多くの市民の皆様にエントリーをいただいております。
    私が訪れたのは、連坊商店街~荒町商店街~長町一丁目商店街~サンカトゥール商店街~長町駅前のエリアです。

    仙台七夕というと、アーケード街を彩る豪華絢爛な七夕飾りを第一に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。その一方で、周辺部商店街にも素朴で温かみのある飾りが立ち並び、訪れる人々を出迎えてくれます♪
    どの飾りにも細かな工夫や個性がちりばめられており、一つ一つに立ち止まってしまうほど。
    どちらの商店街でも、そこに佇むお店や施設の特色が溢れる、素晴らしい七夕飾りに出会うことができました
     
    またお話を伺うと、この飾りを作るために一年かけて綺麗な紙をコレクションしたり、30人がかりで早朝から3~40本の竹を刈りに行ったりなど、それぞれの地域の皆様の、七夕にかける思いやチームワークを感じ、胸が熱くなりました。

    今にも雨が落ちてきそうで心配もありましたが、審査の後半からは青空も見え、風にたなびく「これぞ七夕」といった様子も拝見することができました。
     
    曇り空の写真ばかりで申し訳ありません(><)
    私の拙ない写真からはお伝えできない魅力がたくさんありますので、皆様ぜひ来年は実際に足を運んでみてくださいね♪

     
    今年の【仙台七夕まつりバスツアー】の様子はこちらから↓
    http://sendai-shinzentaishi.com/blog/user/2090%202091%202092%202093
     
    審査は非常に難航し、審査員同士で何度も意見の交換がなされました。
    入賞されました皆様、本当におめでとうございます
    また、お忙しい中毎年私たちを温かく出迎えてくださり、本当にありがとうございます!
      
     
    そして七夕まつり3日目の8月8日
    2017
    せんだい・杜の都親善大使のステージやお祭り広場の屋台などを楽しみにしながらカーテンを開けると...
    豪雨。。。

    以前から懸念されておりました台風5号の影響で、大幅に規模が縮小されての最終日となりました。
    被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
     
    来年は天気にも恵まれて、今年お越しいただけなかった方々にも楽しんでいただけますよう、
    今から晴れの祈願をしたいと思います!!
     
    私も最終日に行くことができなかったのが残念で仕方ないと同時に、
    その反面で改めて仙台が大好きだなあと実感した出来事になりました。
     
    来年も、そしてこれからも
    仙台七夕まつりが皆様に愛され続けるお祭りでありますように

  • 2017.08.11 23:08:49

    皆さま、こんばんは。
    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    前回の記事はお読みいただけたでしょうか?(^^) 盛りだくさんの仙台七夕まつり、今回はその二日目を振り返りたいと思います。 

     

    8月7日(月)

    この日の朝は生憎の雨でした。

    「仙台七夕まつりバスツアー」が行われる日でしたので、お申し込みいただきこの日を心待ちにされていた方々のお気持ちを考えると、何としてでも雨に負けず 思い出に残る日となるお手伝いをしたいという使命感に駆られました。

    そんな中出発したツアー、「雨ではありますが、晴れよりもきっと忘れられない印象深いツアーになります!」という 元気を込めたご挨拶をさせていただきました!(笑) 

    このバスツアーは"仙台市内周辺部商店街の七夕まつりを楽しもう"というコンセプトの元 おりひめコースとひこぼしコースの二つがございます。

    私は親善大使の計良さんとともにひこぼしコースに参加いたしました。

     

    訪れたのは 原町商店会、

    連坊商興会、


     

    長町商店街、

    仙台朝市商店街。

    各商店街ゆかりの方々の地元愛溢れるツアーガイドは「またここに来たい!」と心を動かされるものばかりでした。

    商店街の皆さまに見せていただいた景色、聞かせていただいた沢山のこと、皆さまにお届けしたいことはまだまだございます。

     

    ツアーには宮城県民をはじめ、千葉県や石川県からご参加いただいた方もいらっしゃいましたし、

    中には毎年参加するのが楽しみだという方や、

    このツアーで旅友達ができたと嬉しそうにお話ししてくださった方もおりました。

    私の想像を上回るほどにこのバスツアーは人と人とを繋いでくれ、多くの笑顔が咲く場なのだと感じました。

    素敵なツアーに参加できたこと、大変光栄です。

    親善大使になることができて本当によかったなあと思う瞬間です。

     

    ツアーではなんと楽しいお話だけでなくお土産もいただきました。楽しかったなあと思い出しながらいただくお菓子は、格別に美味しかったです。 

    夕方は浴衣に着替え、おまつり広場のステージでお話をさせていただいたり、この日もつなぎ横丁で盆踊りを踊ったりいたしました。 

     

    気がつけば雨も上がっており、無事にバスツアーや盆踊りを皆さまと楽しむことができた二日目。曇り空でも鮮やかな笹飾りの数々が空をパッと明るくしてくれることに気づき それに後押しされ、心も自然と晴れやかになりました。

    そして平日にも関わらずたくさんの方に仙台七夕まつりを訪れていただき、このおまつりが如何に愛されているかを実感いたしました。

    帰り道、「もう残り一日なのかあ。」と名残惜しく思ったことを覚えております。

                                2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.08.11 18:08:32

    皆さま、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の柳原莉子です。

    先日8月6、7、8日は仙台七夕まつりでした!雨天の影響で、今年は約180人の方にお越しいただきました。昨年より人出が少し少ないものの、仙台七夕まつりはたくさんの方に愛されているなと実感いたしました。お越しいただいた皆さま、楽しんでいただけたでしょうか?

    今までは、中心部商店街の笹飾りに注目していましたが、今年は七夕飾り付け審査会仙台七夕まつりバスツアー通して、素朴で、温かみのある周辺部商店街の笹飾りを拝見しました。一つ一つ手が込んだ笹飾りは、いつまで見ていても飽きないほど素晴らしいものばかりで、圧倒されました!