• 2017.08.25 12:08:19

    皆さま、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    仙台市で一ヶ月ぶりに真夏日が観測された8月22日。大学の夏季休暇期間に突入して二週間程経ちましたが、ようやく"夏休みらしい"お天気を迎えられ 気温とともに何だか気持ちもぐんと上がりましたo(^_^)o

     

    私はその翌日、23日に行われた【第46回全国消防救助技術大会】にて、親善大使の柳原さんと共に介添えのお手伝いなどをさせていただきました。

    本大会では全国各地の予選を勝ち抜かれたおよそ1,000名の隊員の皆さまが、その救助技術を披露されました。

    会場となった宮城県総合運動公園 グランディ・21には隊員のご家族の方や応援に駆けつけた各地元の方、また、将来 消防士を目指しているお子さまを連れたご家族もおられました。

    屋外での種目は日差しが照りつける中行われましたが、日頃訓練を積まれている皆さまからは暑さをものともしない気迫や力強さを感じ、大変心強かったです。

    日々安心して生活できているのは当たり前のことではなく、消防隊員の皆さまをはじめ、危険と隣り合わせでありながら 県民・市民のために訓練や救助に励まれる方々のおかげであると改めて感じました。

     

    普段なかなか拝見する機会のない貴重な場に立ち会うことができ、青空に真っ直ぐと響く掛け声や 指先足先まで揃ったきびきびとした動きには思わず背筋が伸びます。

     

    消防隊員の皆さまの表情から感じられた 責任感や誇り、努力から生まれる自信に溢れた姿からはたくさんの学びを得ました。

     

    分野は違えど、親善大使として私も努力を積み重ね、責任と誇りを胸に 周りの人のためにさらに精進してまいります。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.08.24 15:08:22

    皆さまこんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の柳原莉子です。

    先日、8月22日に平成29年度全国優良消防職員表彰式の介添えを、8月23日には第46回全国消防救助技術大会のお手伝いをさせていただきました。

    昨年は愛媛県松山市で開催され、今年は東日本大震災以降初めて、被災地である宮城県仙台市での開催でした。

    8月22日に行われた「全国優良消防職員表彰式」では、全国16万人の消防職員の中から、330人が受賞し、表彰状と記念品が贈られました。
    表彰状を受け取られた際の、自信に満ちた受賞者の方のお顔と、それを誇らしげに見つめるご家族のお顔を、介添えの際にステージ上で拝見したのですが、私まで、胸が熱くなりました。

    受賞された職員の皆さま、ご家族の皆さま、大変おめでとうございます。


    また、翌日の8月23日に宮城県総合運動公園 グランディ・21で行われた「全国消防救助技術大会」では『結 -感謝そして未来へ-』というスローガンの下、地区指導会を勝ち抜いた約1000人の隊員の方が陸上の部と水泳の部、それぞれ8つの救助訓練技術を披露され、競われました。

    『結 -感謝そして未来へ-』というスローガンにはどのような意味が込められているのだろうと思い、調べてみました!とても素敵な意味が込められておりましたのでご紹介します…

    消防救助の基本であり、ロープ結びを指す結索(けっさく)の「結」の字には「人と人、心と心の結びつきを大切にしていく」という意味が込められているそうです。また、今大会やイベントを通じて「震災時の支援に対する感謝」を伝え、「未来を切り開く仙台・宮城の姿」を発信するという宮城県の想いを表現しています。


    仙台では33日連続の雨でしたが、大会当日はお天気に恵まれ、隊員の皆さまの大会にかける強い思いが届いたようでした(^-^)

    事故や災害時に市民が一人でも助かるようにと、毎日過酷なトレーニングや訓練をされているんだなと、今大会を見て感動いたしました。また、消防隊員の方々のお陰で、私たちは安心して生活ができるのだなと実感いたしました。

    2017せんだい・杜の都親善大使 柳原莉子

  • 2017.08.23 21:08:23

    皆さん、こんばんは!

    2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。

     

    雨が続いていたと思ったら、また夏の日差しが戻ってきたりと気まぐれなお天気なこの頃ですね。

    皆さんはいかがお過ごしでしょうか。体調など崩されていませんでしょうか?

     

    822日に柳原さんと平成29年度全国優良消防職員表彰式のお手伝いをさせていただきました。

     

    表彰式では、全国約16万人の中から、多年にわたり消防業務に精励し、特に成績優秀で功労顕著な消防職員の方に表彰状と記念品が贈呈されました。

     

    受賞されました消防職員の皆様、ご家族の皆様、おめでとうございます!

     

    消防職員の皆様がいてくださるお陰で私たちは安心して生活が出来ていると思います。

    危険を伴うお仕事をされている皆様へ心からの感謝と、安全をお祈りしております。

     

     

    さて、私は先日、松島へ夏季限定の「アレ」を求めて行ってまいりました!

     

    アレとは……

    「松華堂菓子店」さんのかき氷です!

     

    「松華堂菓子店」といえば、お店の工房でていねいに焼き上げた手作りの「松華堂カステラ」が人気のお店ですが、この夏季限定のかき氷も毎年リピーターが訪れるほど人気だそうですよ♪

     

    私はいちごが大好きなので、氷いちごを頂きました!

     

     

    フワフワな氷にイチゴジャムのような濃厚な自家製シロップがとっても美味しかったです!

    私の顔よりも大きいこのボリュームですが、食べ始めたらあっという間に無くなってしまいました(*-*)(笑)

     

    他には氷はちみつや、氷あずきも有りましたので期間中にまた食べに行けたら良いなぁと思っております。

     

     

    皆さんもぜひ松島観光の際の"ひとやすみ"に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使  計良麻里加

     

  • 2017.08.17 12:08:45

    皆さま、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    先日 親善大使の柳原さんと共に【せんだいE-Action打ち水イベント「いざ、打ち水じゃ!伊達に涼もう、仙台の夏」】に参加させていただきました。

     

    このイベント名から、宮城県が誇る人気者である"あの方たち"が思い浮かびませんか?o(^_^)o

     

     

    そうです!伊達武将隊の皆さまとご一緒に打ち水をいたしました!

    さらに このイベントはどなたでもご参加いただけ、小さなお子さまとも楽しく水を撒きました♩

    水の入ったバケツを一生懸命自分で運び、思い思いに水をまく姿は眩しかったです。

     

    イベントが行われた8月13日は 久しぶりに日差しを感じるお天気で、打ち水のし甲斐があり良かったです。前日は雨でしたので、実は柳原さんと共にそわそわとお天気の心配をしておりました...!(笑)

    晴れて、皆さまと距離を縮めて和気藹々と触れ合えるこのイベントが無事開催され とても嬉しかったです。

     

    打ち水は、朝晩の涼しい時間帯に水を撒いておくことにより、気化熱により道路の熱が奪われ、体感気温が二度ほど下がる仕組みのようです。

    冷房や扇風機などを使わないので節約もできますし、実際に体験してみて、体を動かし水を撒くことは気持ちのリフレッシュにもなり爽やかな気分になると感じました。

    また、私たちが今回打ち水をしたのは14時からでしたので、濡れた道路が太陽に照らされキラキラ輝く様子は美しかったです。

     

     

    伊達武将隊の皆さまの威勢の良いかけ声のもと、仙台の商店街を練り歩き ご通行中の沢山の方々にご興味を持っていただいたかと思います。

    是非、この夏は一度打ち水をお試しいただきたいです(^^)ノ

     

     

    「節電」と言えば、只今 せんだいE-Action委員会 では 【伊達な節電所キャンペーン】実施中だそうですよ♩

    https://www.city.sendai.jp/kankyokehatsu/koho/kisha/h29/datenasetsuden.html

     

    最後に、

    伊達武将隊の政宗様も仰っておりましたが

    皆さまくれぐれも無理をなさらず、

    打ち水や冷房を上手に活用し 体を大事になさってくださいね。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.08.16 12:08:06

    皆さま、こんにちは。

    2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

     

     

    はやいもので、仙台七夕まつりの最終日から一週間が経ちました。

    私は最終日の翌日にも仙台駅を訪れたのですが、まるで前日までが夢だったかのように いつも通りの仙台駅に戻っておりました。

    少し寂しかったと同時に、何事も 終わってしまうからこそ より美しく感じたり、悔いのないように楽しもうという気持ちになれたりするのだなあと感じました。

    そんな 非日常を届けてくれた仙台七夕まつり、その最終日を振り返ります。

     

    8月8日(火)

    台風が近づいており 前日から大雨が予想されたこの日は、おまつり広場(勾当台公園 市民広場)でのステージイベントや 盆踊りなどは中止となってしまいました。

     

    お天気ばかりはどうにも変えることができません。

    ですが、これまでの準備に関わられた皆さまや 楽しみにされていた皆さま、

    そして 私自身も本当にこのおまつりを 随分前から心待ちにしておりましたので、

    多くの方々のお気持ちを考えると、とても残念でもどかしかったです。

     

    けれど、こんなときこそ せんだい・杜の都親善大使 として気持ちを上向きに持つべきだとも思いました!

    "親善大使"として 広く皆さまに元気を与えられる場をいただいていることを最大限にいかし、

    お天気は変えられないけれど 出会う方々の心はきっと晴れやかにできる、ということに気がつき 背筋が伸びました。

     

    そんな気持ちを胸に、私たち親善大使三人は仙台駅の観光案内所で 仙台七夕まつりのリーフレットや団扇をお配りいたしました。

     

    やはり、雨とはいえこの日もたくさんの方々が仙台を訪れ、仙台七夕まつりを楽しまれておりました。駅に着くと出迎えてくれる大きな吹き流しを見て笑顔になる人々を見つけ、とても元気づけられました。

    七夕の飾りは 人々に上を向かせ、笑顔にさせるとは、なんて素敵なのでしょう...!

     

    仙台駅からほど近い名掛丁商店街をはじめ、クリスロード商店街・おおまち商店街はアーケード商店街ですので、雨のこの日も豪華絢爛な笹飾りをお楽しみいただくことができました。

     

    観光案内所で足を止めてくださった皆さま、

    「おつかれさま、がんばってね」と声をかけてくださった方、

    団扇で扇いでくださった方...!^ ^

    共に仙台を愛する皆さまから、たくさんのあたたかいお気持ちを感じ、力になりました。いつもありがとうございます。

    益々頑張りますので これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

     

     

    さて観光案内所でよくご質問いただいたのが、ロッカーや荷物預かり所の場所です。

    仙台駅にはコインロッカーもたくさんございますし、荷物預かり所も一階にございます。

    仙台・宮城に訪れた際はご活用いただき、観光をお楽しみください。

     

     

    22年間仙台・宮城県に住んでおり、毎年のように足を運んでいた仙台七夕まつり。

    そのおまつりの魅力や、おまつりを開祭するにあたりどれほど多くの方の協力や団結が必要か、そして思っていた以上に愛されていることなど、知りきれていないことだらけでした!

     

    東北各県の夏まつりが一段落した頃ですが、まだまだ余韻を胸に残りの夏も楽しみましょう。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

     

▲ページトップへ