• 2018.06.12 02:06:52

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

    先日6月2日、3日の二日間開催されました、【東北絆まつり 2018 盛岡】いかがでしたでしょうか?(*^^*)

     

    本当に、二日間とも、どの場面を切り取ってもとても楽しく、幸せな時間を過ごさせて頂きました。お天気にも恵まれ、お天道様も絆まつりの開催を喜んでくれているような、そんな気持ちになりましたね!

    未だに頭の中には各市の楽しい祭囃子が流れており、わくわくした気持ちが続いております(^^♪

    さて、そんなたくさんの思い出が詰まった二日間を私なりに振り返っていきたいと思います。

    お時間のある時にゆっくりとお読みいただけたら嬉しいです。

     

    絆まつり開催中の二日間、私たち親善大使は「6市6祭ステージ」にて、伊達武将隊の皆さま、仙台市長である郡市長、仙台商工会議所会頭で仙台七夕まつり協賛会会長の鎌田会頭、仙台七夕まつり協賛会実行委員会の庄子実行委員長、伊達の舞の皆さまとともに「仙台七夕まつり」のPRをさせて頂きました。

    仙台七夕まつりの歴史や魅力をお話させて頂き、私は”七つ飾り”について説明させて頂きました。

    飾り一つ一つに願いが込められており、そんな歴史の深いたくさんの思いが込められた七つ飾りが皆さまに届きますように...と心を込めてお話させて頂きました。

    皆さま、8月6日、7日、8日の三日間行われます「仙台七夕まつり」にぜひお越し頂ければと思います。

    心よりお待ちしております。

    そして、今回の絆まつりでは二日間とも浴衣を着させて頂きました♪

    制服のピンクのワンピースとはまた変わって、若草色に紫陽花の柄のなんとも涼やかでとても素敵な浴衣でした!

    帯や髪飾りは金さんが黄色、笹木さんは紫、私はピンクと色違いだったのですが皆さま見て頂けましたでしょうか?(*^^*)

     

    午後からは「絆まつりパレード」に参加させて頂きました。

    私たち親善大使もパレードでは七夕踊りを披露させて頂きました!

    振付等は伊達の舞の皆さまにご指導頂き、今回の絆まつりに向けてたくさん練習をしてきましたので、少し緊張致しました...ですが、沿道で見てくださっている皆さまの温かいお言葉と手拍子に助けられ、楽しんで踊ることが出来ました!

    パレードは、皆さまとの距離が近い分、表情や熱量などを身近に感じることができますので、沢山のパワーを頂くことができ、毎回幸せな気持ちでいっぱいになります。

    今回の絆まつりでも、二日間とも本当にたくさんの方から温かいお声がけを頂きました。

    「暑い中、ご苦労様!」、「浴衣素敵ね!」など、見てくださっている皆さまも暑くて大変な中、こちらを気遣ってくださる優しさに感動しながら、幸せな気持ちでパレードを終えることが出来ました。

    皆さま本当にありがとうございました。

    中にはビルやご自宅のベランダから見てくださっている方もいらっしゃり、上の方まで届くようにと心を込めて手を振って、歩かせて頂きました。

    一人でも多くの方に、仙台のお祭りの楽しさや魅力が伝わり、「仙台に行ってみたい!」と思って頂ければ幸いです。

     

    さて、絆まつりの魅力は何といっても一度に東北6県のお祭りを楽しめることですよね♪

    青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、そして福島わらじまつり、本当にどのお祭りも最高でした!!!

    6市のミスの皆さんとも交流することができ、踊りを教えて頂いたり、一緒に写真を撮ったりとなんとも贅沢な時間を過ごすことが出来ました!

    二日目には6市のミスの集合写真が実現しましたよ(*^^*)

    盛岡市のミスさんさ踊りの皆さん、青森市のミスねぶたの皆さん、秋田市のあきた観光レディーの皆さん、山形市のミス花笠の皆さん、福島市のミスピーチキャンペーンクルーの皆さん、ありがとうございました!

    またお会いしたいです(^^♪

     

    二日目の閉祭式では、復興への想いを込めて「希望の風船」を会場にお越しの皆さまとともに青空に向けて放ちました。

    希望の風船とは、色とりどりの風船の中にお花の種が入ったもので、復興に向けての希望と前向きな気持ちが込められています。

    東日本大震災から7年と3か月が経過した今でも、まだまだ完全に元の状態に戻ったわけではありませんが、東北は確実に前に進んでいると確信しています。

    見渡す限り、どこを切り取ってもたくさんの笑顔で溢れた素敵な空間でした。

    あの会場に集まった皆が各々の想いを込めて、盛岡の澄み切った青空に向けて一斉に風船を持つ手を離した瞬間、こみ上げるものがあり、胸がいっぱいになって涙が溢れました。

    言葉では言い表せないあの感動を私は一生忘れないと思います。

     

    東北絆まつりが開催された二日間、東北の”絆”、”つながり”を感じる場面が本当にたくさんあったことと思います。

    一人でも多くの方の心に響き、元気に、そして笑顔になって頂けた二日間になっていれば幸いです。

    この二日間で感じたたくさんの想いを胸に、責任と誇りを持って今後も仙台が多くの皆さまに愛されるように活動に取り組んで参ります。

    この、東北の伝統が詰まった全国に誇る「東北絆まつり」がずっと続きますように...。

     

    ”東北は、一つ!”

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

     

     

     

  • 2018.05.30 17:05:59

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい杜の都親善大使の佐藤早紀です。

     

    暑い日が続いておりますが、体調など崩されてはいないでしょうか?

    熱中症などには十分気を付けて、暑さに負けず元気に過ごしましょうね(*^^*)

     

    さて、先日5月19日(土)、20日(日)に第34回仙台・青葉まつりが開催されました!

    お天気にも恵まれ、大勢の方々にお越し頂き、大変盛り上がった二日間となりました。

     

    私自身も、二日間とも本当に楽しませて頂き、幸せな時間を過ごすことが出来ました。

     

    まずは、一日目の宵まつりから振り返りたいと思います。

    私たち親善大使三人は、「開祭式」にて一人ひとりステージ上で自己紹介と抱負を述べさせて頂く時間がありました。登壇する前に、すずめ踊りや太鼓の演奏を鑑賞させて頂いたのですが、それぞれ皆さま本当に素敵で迫力に圧倒されてしまいました...!

    ステージに登壇してからは、大勢の方々の前でご挨拶をさせて頂くということもあり、考えていた言葉がスッと抜けてしまったので、その場で感じた空気や感情をそのまま言葉にしてお話をさせて頂きました。

    生まれてから今まで、こんなにもたくさんの方が自分の話を聞いてくださるという機会はなかったので、感動し、改めて大使に選んで頂いた感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    お暑い中、ご清聴頂きましてありがとうございました。

     

     そして、二日目の本まつりでは神事に参列した後にパレードに参加させて頂きました。

    大使になってからとても楽しみにしていた今回のパレード、たくさんの幸せを噛みしめながら想いを込めて歩かせて頂きました。

    沿道の方々からたくさんの温かい言葉をかけて頂き、皆さまの素敵な笑顔をたくさん見ることが出来ました。

    私も皆さまに笑顔と元気をお届けしようと心に決めて挑んだのですが、それ以上に皆さまから一年間大使として頑張るためのパワーを頂いた様に感じました。

    お声をかけてくださった皆さま、手を振ってくださった皆さま、素敵な笑顔を向けてくださった皆さま、仙台・青葉まつりに関わる全ての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

    二日間本当にありがとうございました。

     

     さて、次は6月2日(土)3日(日)の二日間、「東北絆まつり 2018 盛岡」が盛岡市内で行われます!

    私たち親善大使も、今回は浴衣を着て参加させていただくことになっておりますので、皆さまにお会いできることを一同とても楽しみにしております!

    それでは、また盛岡でお会いしましょう(*^-^*)

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

  • 2018.05.24 00:05:25

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

     

    最近は気温が高く、日差しの強い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

    日焼け対策にも気を遣う時期になってきましたね~!

    私は最近、日傘を購入しましたよ(*^^*)

    体調管理に気を付けて、暑さに負けず元気に過ごしましょうね!

     

    さて、少し日にちが空いてしまいましたが、私たちは先日の5月17日に夢メッセみやぎで行われた、「全国建築板金業者宮城大会」の表彰式にて介添えのお手伝いをさせて頂きました。

     

    この大会は、全日本板金工業組合連合会と日本建築板金協会によって共同で行われている大会で、宮城県が会場となるのは1976年以来の実に42年ぶりだそうです!

     

    今年は第70回目の節目の年を迎えたそうで、今回この様なお手伝いをさせて頂くことができ、とても光栄に思いました。

     

    会場には、全国の7ブロック(北海道・東北・関東甲信越・中部・西部・四国・九州)から総勢3500人を超える建築板金業の関係者の方がお集まりになられ、大会はとても盛大に行われました!

     

     この大会ではこれまで「総合テーマ」を掲げており、今大会では「復興から再生へ いま一度建築板金の力で!」を標榜として大会が開催されました。

    東日本大震災から7年が経過した今も、こうして全国から大勢の方がいらっしゃる場で震災を風化させないことを意識したテーマにとても胸が熱くなりました。

     

    私も、大使としての役目を与えて頂いたからには、日本全国の皆さまに震災から少しずつ元の姿を取り戻し、元気で明るい宮城県・仙台のたくさんの魅力を精一杯発信し、多くの方に足を運んで頂けるように努めさせて頂きたいと、改めて身の引き締まる思いがいたしました。

     

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

     

     

     

  • 2018.05.11 23:05:45

     皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

    私たちは先日5月7日に、各行政機関様、報道機関様に表敬訪問に行って参りました。

     

    このような活動をさせて頂いていなければお会いできなかったような様々な方とお話ができ、とても光栄で貴重な経験となりました。

    お会いした多くの方々の仙台への熱意と、イベント等にかけるたくさんの想いを間近で感じることができ、今後の活動により一層気合いが入りました!!

    お忙しい中、私たちのためにお時間を下さり、また激励や温かいお言葉をかけて下さった皆さま、本当にありがとうございました。

     

    これからお会いする多くの皆さまの心に届くように、心を込めて仙台をPRさせて頂きますので、これからも応援して下さると嬉しいです。

    さて今週は、第28回 仙台国際ハーフマラソン大会ですね!

    2018せんだい・杜の都親善大使の笹木さんと金さんのお二人が会場にお手伝いに行きます。

    ランナーの皆さまがベストコンディションで走ることが出来ますように、私も心より応援しております!

    どうぞお身体に気を付けて、皆さまが持てる力を発揮できますように(*^^*)

     

     

    2018せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

  • 2018.05.03 01:05:12

     

    皆様、はじめまして。

    2018せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀と申します。

     

     

     

    この度は、2018年度のせんだい・杜の都親善大使に選出して頂き本当にありがとうございます。

     

    嬉しさと共に、たすきの重みや責任を感じ、身が引き締まる思いです。

     

    私が育った大好きな仙台の魅力を、より多くの方々にお伝えさせて頂きたいです。

     

    今年度の大使は三人とも同級生ということで、チームワークを大切に、力を合わせて頑張っていきたいと思います。

     

    明るく爽やかに、たくさんの方々を笑顔にできる様に努めて参ります。

     

    一年間、どうぞよろしくお願い致します!

     

▲ページトップへ