• 2018.07.18 22:07:35

    皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

     

    近頃は安定しないお天気の中、蒸し暑い日が続いておりますが体調など崩されてはいないでしょうか?

    そんな私は最近、ほぼ毎日トマトを食べています(^^♪

    トマトには、肌を日差しから守り、疲労を回復してくれる効果もあるそうですよ!

     

     

    さて、私たち親善大使は7月6日、7日の二日間「仙台七夕まつり」の首都圏キャンペーンに参加してきました!

    二日間かけて、都内の様々な施設で多くの方々に仙台七夕まつりの魅力をお伝え出来たと感じております(*^^*)

     

    キャンペーン初日は、八重洲地下街メインアベニューと東京スカイツリーのソラマチへお伺いいたしました!

     

    会場では、キャンペーンのために作成した、手作りのミニ七夕飾りを持って仙台七夕まつりのPRをさせて頂きました。

    このミニ七夕飾りですが、作るのになかなか細かい作業が多く、苦戦しながらやっと完成することができました!

    大使三人それぞれ色違いの飾りを持っていたのですが、お気づきでしたでしょうか?(*^^*)

     

    そして、今回のキャンペーンは、「奥州・仙台 おもてなし集団 伊達武将隊」の皆さまとご一緒させて頂き、ステージは大いに盛り上がりました!!

    伊達武将隊の皆さまがお江戸で演武を行うことはあまりない機会ですので、楽しみに見に来られた方も多かったのではないでしょうか。

    ステージとの距離が近かった分、迫力のあるパフォーマンスをお楽しみいただけたことと思います!

     

    そして、ステージを締めくくったのは、皆さまと一緒に踊る「ございん音頭」ですね♪

     

    既にご存知の方も多くいらっしゃり、一緒に歌って踊りながら仙台、宮城の名所や名産を知ることができて本当に楽しかったです!

    「ハァ~っ!ございん、ございんっ!」の部分、皆さま完璧でした!

    この「ございん」という言葉には、『どうぞ来てください』、『いらっしゃい』といった意味があるんです(^^♪

     

    八重洲地下街には、七夕飾りの吹き流しだけでなく、羽生結弦選手のパネルや仙台・宮城のイベント等の写真も飾られておりましたよ!

    ステージを見に来て下さった皆さまが、「仙台に行きたい!」と思って頂ければ幸いです。

     

    八重洲地下街の次は東京スカイツリーのソラマチにもお邪魔させて頂きました。

     

    平日にも関わらず、多くの観光客の方で賑わっており、海外からのお客様もたくさんいらっしゃいました!

    ソラマチの商店街を、仙台七夕まつりのうちわやパンフレットを配りながら歩かせて頂いたのですが、多くの方が「七夕飾りの写真がとっても綺麗ね。」、「いつか仙台に行って飾りを生で見てみたい!」と声をかけてくださり、うちわやパンフレットを受け取ってくださいました!

     

    また、ステージも大勢の方にご覧いただき、県外だけでなく、海外の方にも仙台七夕まつりの魅力をお伝えすることができて、本当に嬉しかったです。

     

    キャンペーン二日目は、東急百貨店渋谷・本店と二子玉川ライズにお伺いさせて頂きました。

     

    東急百貨店渋谷・本店では七夕フェアが行われていて、短冊を記入するコーナーもございました!

    皆さま思い思いの願い事を書かれていて、見ていてほっこりした気持ちになりました(*^^*)

    ご記入いただいた短冊は、8月6日(月)~8日(水)に開催されます「仙台七夕まつり」にて仙台市内で竹飾りに掲出されるそうですので、是非見にいらしてください。

     

    二子玉川ライズでは、「東北の魅力発見フェア」のステージにて仙台七夕まつりのPRをさせて頂きました。

    こちらでは、仙台だけでなく東北6県の魅力をステージとそれぞれのブースで皆さまに楽しんでいただけたのではないでしょうか♪

    食や季節のイベント等、各県それぞれに魅力がたくさん詰まっていて、私もこのフェアを通してさらに東北が好きになりました。

    会場では、岩手まるごとおもてなし隊の方々ともご一緒させて頂き、「せーのっ、ずんだもち!」の掛け声で一緒に写真を撮って頂きました(*^^*)

     

    土曜日ということもあり、イベントは家族連れのお客様も多かったように感じました。

    ステージ終盤で踊った「ございん音頭」も、前列は小さなお子様でいっぱいでしたよ♪

    見よう見まねで一生懸命踊る姿に私も元気を頂きました!

     

    そしてこちらも、会場に大きな吹き流しが飾られており、風にたなびく吹き流しをかき分けて遊ぶお子様に大変癒され、幸せな気持ちになりました(*^^*)

    是非、本番の仙台七夕まつりにお越し頂き、迫力のある笹飾りを楽しんでいただければと思います!

     

    今回の首都圏キャンペーンを通して、県外の多くの方々に仙台七夕まつりをPRすることができ、また仙台ご出身の方や毎年仙台に七夕まつりを見にいらしている方など、沢山の素敵な出会いがありました(*^^*)

    私自身も、仙台に七夕まつりの魅力を再確認でき、今年の開催がより待ち遠しくなりました!

     

    次回は7月23日に、岩手県盛岡市にて仙台に七夕まつりのPRをさせて頂きます。

    東北絆まつり以来の盛岡です♪

    今年もたくさんのお客様に仙台七夕まつりにお越し頂けますよう、心を込めてPRして参りたいと思います(*^^*)

    8月6日(月)~8日(水)の三日間、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

    仙台七夕まつりに、「ハァ~っ!ございん、ございんっ!」

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

     

     

     

  • 2018.07.11 11:07:19

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です(*^^*)

    前回の更新から少し間が空きましたが、皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか?

     

     さて!突然ですが皆さま、「太平洋フェリー」はご存知でしょうか?

    一度はCMでご覧になったり、実際に船旅でご利用されたことがある方もいらっしゃると思います。

     

     今回、私は来年の1月にデビューする、ニュー「きたかみ」の命名・進水式にご招待頂き、7月3日・4日の二日間、山口県の下関市に行って参りました!

    私にとっては初めての地でしたので、行く前からわくわくした気持ちでいっぱいでした♪

     

    実は、今回の命名・進水式は台風の影響で一日延期して行われました。

    始めはどうなることかと不安でしたが、大勢の関係者の方々の協力のもと、無事に華やかな式が行われ、大変嬉しく思いました!

     

     この、ニュー「きたかみ」は北海道の苫小牧-仙台間を基本航路とするフェリーです。

    夕暮れの乗船の特徴を活かした、「スペーストラベル」をコンセプトにした船内は、まるで星空へ冒険に出る宇宙船に乗り込んだかのような高揚感を掻き立ててくれる造りになっているそうですよ☆彡

    船内にはレストランや大浴場などの様々な施設に加え、「スペーストラベル」のコンセプトに相応しい、アイデアの詰まった10タイプの客室が用意されています。

    目的に合わせて、お部屋のタイプを選べるのは嬉しいですね♪

    なんと、ペットと一緒に宿泊できるお部屋もあるそうで、家族全員での旅行にぴったりです(*^^*)

     

     さて、三菱重工業(株)下関造船所にて4日に行われたニュー「きたかみ」の命名・進水式では、苫小牧市の「ハスカップレディ」を務める葛西元美さん、小林茉呂佳さんとともに「支綱切断」(しこうせつだん)という、とても重要な役割を無事に果たすことが出来ました。

    この支綱切断は、本当に限られた人しか経験のできない大変重要な役割で、一生に一度しか経験のできないであろう今回の機会を噛みしめながら、三人で息を合わせて支綱を切断しました。

    「支綱切断」で使われている紅白の縄は、安産のお守りとも言われているそうで、中にはお子さんが生まれる予定の方のお腹周りに巻いて、安産のお祈りをする方もいらっしゃるそうですよ(*^^*)

    改めて、今回は「支綱切断」という大変光栄な役割を任せて頂き、本当にありがとうございました。

    三人で支綱を切断した瞬間、ニュー「きたかみ」が堂々とゆっくり進水していく姿は圧巻でした!!

     

    4日に行われた、ニュー「きたかみ」の命名・進水式の様子や船内の細かい情報等は、太平洋フェリーさんのホームページにて、新造船ニュー「きたかみ」の就航カウントダウンサイトが開設されていますので、是非こちらをご覧ください!

    進水式の様子は動画にてご覧頂けます!

    私もチラッと映っておりましたので、チェックして頂けると嬉しいです(^^♪

     

    ☆新造船ニュー「きたかみ」カウントダウンサイトはこちら☆

    http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/kitakami_new/index.html

     

    ニュー「きたかみ」は来年の1月から、北海道と東北間を結ぶ架け橋となります。

    どこへでもスピーディーに移動が可能になった現代だからこそ、たまには日常の喧騒から離れてゆったりとくつろぐひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか♪

    皆さまの仙台へのお越しを、心よりお待ちしております(*^^*)

     

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀

     

     

     

     

     

  • 2018.06.12 02:06:52

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

    先日6月2日、3日の二日間開催されました、【東北絆まつり 2018 盛岡】いかがでしたでしょうか?(*^^*)

     

    本当に、二日間とも、どの場面を切り取ってもとても楽しく、幸せな時間を過ごさせて頂きました。お天気にも恵まれ、お天道様も絆まつりの開催を喜んでくれているような、そんな気持ちになりましたね!

    未だに頭の中には各市の楽しい祭囃子が流れており、わくわくした気持ちが続いております(^^♪

    さて、そんなたくさんの思い出が詰まった二日間を私なりに振り返っていきたいと思います。

    お時間のある時にゆっくりとお読みいただけたら嬉しいです。

     

    絆まつり開催中の二日間、私たち親善大使は「6市6祭ステージ」にて、伊達武将隊の皆さま、仙台市長である郡市長、仙台商工会議所会頭で仙台七夕まつり協賛会会長の鎌田会頭、仙台七夕まつり協賛会実行委員会の庄子実行委員長、伊達の舞の皆さまとともに「仙台七夕まつり」のPRをさせて頂きました。

    仙台七夕まつりの歴史や魅力をお話させて頂き、私は”七つ飾り”について説明させて頂きました。

    飾り一つ一つに願いが込められており、そんな歴史の深いたくさんの思いが込められた七つ飾りが皆さまに届きますように...と心を込めてお話させて頂きました。

    皆さま、8月6日、7日、8日の三日間行われます「仙台七夕まつり」にぜひお越し頂ければと思います。

    心よりお待ちしております。

    そして、今回の絆まつりでは二日間とも浴衣を着させて頂きました♪

    制服のピンクのワンピースとはまた変わって、若草色に紫陽花の柄のなんとも涼やかでとても素敵な浴衣でした!

    帯や髪飾りは金さんが黄色、笹木さんは紫、私はピンクと色違いだったのですが皆さま見て頂けましたでしょうか?(*^^*)

     

    午後からは「絆まつりパレード」に参加させて頂きました。

    私たち親善大使もパレードでは七夕踊りを披露させて頂きました!

    振付等は伊達の舞の皆さまにご指導頂き、今回の絆まつりに向けてたくさん練習をしてきましたので、少し緊張致しました...ですが、沿道で見てくださっている皆さまの温かいお言葉と手拍子に助けられ、楽しんで踊ることが出来ました!

    パレードは、皆さまとの距離が近い分、表情や熱量などを身近に感じることができますので、沢山のパワーを頂くことができ、毎回幸せな気持ちでいっぱいになります。

    今回の絆まつりでも、二日間とも本当にたくさんの方から温かいお声がけを頂きました。

    「暑い中、ご苦労様!」、「浴衣素敵ね!」など、見てくださっている皆さまも暑くて大変な中、こちらを気遣ってくださる優しさに感動しながら、幸せな気持ちでパレードを終えることが出来ました。

    皆さま本当にありがとうございました。

    中にはビルやご自宅のベランダから見てくださっている方もいらっしゃり、上の方まで届くようにと心を込めて手を振って、歩かせて頂きました。

    一人でも多くの方に、仙台のお祭りの楽しさや魅力が伝わり、「仙台に行ってみたい!」と思って頂ければ幸いです。

     

    さて、絆まつりの魅力は何といっても一度に東北6県のお祭りを楽しめることですよね♪

    青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、そして福島わらじまつり、本当にどのお祭りも最高でした!!!

    6市のミスの皆さんとも交流することができ、踊りを教えて頂いたり、一緒に写真を撮ったりとなんとも贅沢な時間を過ごすことが出来ました!

    二日目には6市のミスの集合写真が実現しましたよ(*^^*)

    盛岡市のミスさんさ踊りの皆さん、青森市のミスねぶたの皆さん、秋田市のあきた観光レディーの皆さん、山形市のミス花笠の皆さん、福島市のミスピーチキャンペーンクルーの皆さん、ありがとうございました!

    またお会いしたいです(^^♪

     

    二日目の閉祭式では、復興への想いを込めて「希望の風船」を会場にお越しの皆さまとともに青空に向けて放ちました。

    希望の風船とは、色とりどりの風船の中にお花の種が入ったもので、復興に向けての希望と前向きな気持ちが込められています。

    東日本大震災から7年と3か月が経過した今でも、まだまだ完全に元の状態に戻ったわけではありませんが、東北は確実に前に進んでいると確信しています。

    見渡す限り、どこを切り取ってもたくさんの笑顔で溢れた素敵な空間でした。

    あの会場に集まった皆が各々の想いを込めて、盛岡の澄み切った青空に向けて一斉に風船を持つ手を離した瞬間、こみ上げるものがあり、胸がいっぱいになって涙が溢れました。

    言葉では言い表せないあの感動を私は一生忘れないと思います。

     

    東北絆まつりが開催された二日間、東北の”絆”、”つながり”を感じる場面が本当にたくさんあったことと思います。

    一人でも多くの方の心に響き、元気に、そして笑顔になって頂けた二日間になっていれば幸いです。

    この二日間で感じたたくさんの想いを胸に、責任と誇りを持って今後も仙台が多くの皆さまに愛されるように活動に取り組んで参ります。

    この、東北の伝統が詰まった全国に誇る「東北絆まつり」がずっと続きますように...。

     

    ”東北は、一つ!”

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

     

     

     

  • 2018.05.30 17:05:59

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい杜の都親善大使の佐藤早紀です。

     

    暑い日が続いておりますが、体調など崩されてはいないでしょうか?

    熱中症などには十分気を付けて、暑さに負けず元気に過ごしましょうね(*^^*)

     

    さて、先日5月19日(土)、20日(日)に第34回仙台・青葉まつりが開催されました!

    お天気にも恵まれ、大勢の方々にお越し頂き、大変盛り上がった二日間となりました。

     

    私自身も、二日間とも本当に楽しませて頂き、幸せな時間を過ごすことが出来ました。

     

    まずは、一日目の宵まつりから振り返りたいと思います。

    私たち親善大使三人は、「開祭式」にて一人ひとりステージ上で自己紹介と抱負を述べさせて頂く時間がありました。登壇する前に、すずめ踊りや太鼓の演奏を鑑賞させて頂いたのですが、それぞれ皆さま本当に素敵で迫力に圧倒されてしまいました...!

    ステージに登壇してからは、大勢の方々の前でご挨拶をさせて頂くということもあり、考えていた言葉がスッと抜けてしまったので、その場で感じた空気や感情をそのまま言葉にしてお話をさせて頂きました。

    生まれてから今まで、こんなにもたくさんの方が自分の話を聞いてくださるという機会はなかったので、感動し、改めて大使に選んで頂いた感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    お暑い中、ご清聴頂きましてありがとうございました。

     

     そして、二日目の本まつりでは神事に参列した後にパレードに参加させて頂きました。

    大使になってからとても楽しみにしていた今回のパレード、たくさんの幸せを噛みしめながら想いを込めて歩かせて頂きました。

    沿道の方々からたくさんの温かい言葉をかけて頂き、皆さまの素敵な笑顔をたくさん見ることが出来ました。

    私も皆さまに笑顔と元気をお届けしようと心に決めて挑んだのですが、それ以上に皆さまから一年間大使として頑張るためのパワーを頂いた様に感じました。

    お声をかけてくださった皆さま、手を振ってくださった皆さま、素敵な笑顔を向けてくださった皆さま、仙台・青葉まつりに関わる全ての皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

    二日間本当にありがとうございました。

     

     さて、次は6月2日(土)3日(日)の二日間、「東北絆まつり 2018 盛岡」が盛岡市内で行われます!

    私たち親善大使も、今回は浴衣を着て参加させていただくことになっておりますので、皆さまにお会いできることを一同とても楽しみにしております!

    それでは、また盛岡でお会いしましょう(*^-^*)

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

  • 2018.05.24 00:05:25

     皆さま、こんにちは!

    2018 せんだい・杜の都親善大使の佐藤早紀です。

     

    最近は気温が高く、日差しの強い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

    日焼け対策にも気を遣う時期になってきましたね~!

    私は最近、日傘を購入しましたよ(*^^*)

    体調管理に気を付けて、暑さに負けず元気に過ごしましょうね!

     

    さて、少し日にちが空いてしまいましたが、私たちは先日の5月17日に夢メッセみやぎで行われた、「全国建築板金業者宮城大会」の表彰式にて介添えのお手伝いをさせて頂きました。

     

    この大会は、全日本板金工業組合連合会と日本建築板金協会によって共同で行われている大会で、宮城県が会場となるのは1976年以来の実に42年ぶりだそうです!

     

    今年は第70回目の節目の年を迎えたそうで、今回この様なお手伝いをさせて頂くことができ、とても光栄に思いました。

     

    会場には、全国の7ブロック(北海道・東北・関東甲信越・中部・西部・四国・九州)から総勢3500人を超える建築板金業の関係者の方がお集まりになられ、大会はとても盛大に行われました!

     

     この大会ではこれまで「総合テーマ」を掲げており、今大会では「復興から再生へ いま一度建築板金の力で!」を標榜として大会が開催されました。

    東日本大震災から7年が経過した今も、こうして全国から大勢の方がいらっしゃる場で震災を風化させないことを意識したテーマにとても胸が熱くなりました。

     

    私も、大使としての役目を与えて頂いたからには、日本全国の皆さまに震災から少しずつ元の姿を取り戻し、元気で明るい宮城県・仙台のたくさんの魅力を精一杯発信し、多くの方に足を運んで頂けるように努めさせて頂きたいと、改めて身の引き締まる思いがいたしました。

     

    2018 せんだい・杜の都親善大使 佐藤早紀

     

     

     

▲ページトップへ