• 2018.12.28 18:12:32

     皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     

      仙台初売り1月2日(水)に開催されます。平成最後の初売り、楽しみですね!!

     先日お伝えしていた、河北ウイークリーせんだい初売り特集号が、12月26日(水)に発行されました。

     皆さん、ご覧になられましたか? 

     

     私なりの仙台初売りの楽しみ方について、ご紹介しています。

     売り手も買い手も、一年の幸福を願う仙台初売り

     「福袋」と聞くだけで、とてもわくわくしますね!

     この特集号には、他にも商店街や大型店のお得な初売り情報や、各交通機関の時刻表初売りの豆知識なども掲載されていますよ!

     河北新報に折り込まれるほかに、JRや市地下鉄の一部の駅などにも置いてあり、フリーペーパーです。ぜひ、気軽にお手に取ってみてくださいね。

     

     さらに、「仙台初売りドット混む2019」という、こちらのウェブサイトもご覧ください。

    http://www.sendaihatsuuri.com/

     各商店街の初売り情報がマップ付きで紹介されていたり、甘酒などの商店街のおもてなし情報お店の初売り情報をご覧いただけます!

     中国語、英語でも「仙台初売り」についてご紹介しています。

     

     

     そして、この写真で私たちが手に持っているのは、「仙台初売り」縁起記念品、特製ミニタオルハンカチセットです。

     仙臺四郎の目印のポスターのあるお店で、毎年恒例の縁起記念品があるそうですよ!福を招く仙臺四郎と、来年の干支の猪のイラストが描かれています。可愛らしいですね。

     

     「河北ウイークリーせんだい初売り特集号」、「仙台初売りドット混む2019」や「仙台初売りフェイスブック」など、ぜひご覧の上、仙台の伝統行事である仙台初売りにお越しください☺

     

     今年も早いもので、残りあとわずかとなりました。

     皆さま、よいお年をお迎えください! 

    2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

  • 2018.12.21 22:12:50

     皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     各季節で表情を変える、杜の都仙台のシンボルロード、定禅寺通り。今年もこの季節がやってきました。12月14日(金)に、SENDAI光のページェント点灯式が、メディアテーク前にて行われました。

     多くの方々が点灯の瞬間を見にいらっしゃっていました!カウントダウンが近づくにつれてワクワクと緊張感もありながら、点灯の瞬間がやってきました。 

     目の前にある点灯ボタンを押した瞬間、約60万個のLED電球が、ケヤキ160本を次々と包み込み、定禅寺通りが美しいイルミネーションで光輝きました。

     点灯した瞬間、「わー!」「おー!」という声が一斉にあがりました。目の前に広がる美しい光の世界の中で、感動と嬉しさで、胸がいっぱいになりました!

     点灯式の途中であられが降ってきたり、少し雪もちらつく天気でしたが、点灯すると辺りが明るく包まれ、私もとてもあたたかな気持ちに包まれました☺

     

     小さい時から楽しませていただいているこのSENDAI光のページェントで、点灯ボタンを押すという貴重な機会をいただき、また、皆さまとこの瞬間を共有することができ、とても嬉しく思っています。ありがとうございました!

     点灯後には、ウィンター・エンジェルスの皆さんによるハンドベルの生演奏も行われました。羽を付けた天使の子供たち、とても可愛らしかったです。

     

     今年のテーマは、「みんなで灯す、心の明かり」。

    SENDAI光のページェントは、今年で33回目を迎えます。企業協賛、街頭募金、ボランティアや電球設置など、多くの方によってこの光のページェントが支えられており、そしてたくさんの方々の心をきらめかせているのだと実感致しました。

     

     SENDAI光のページェントは、12月14日(金)から31日(月)まで毎日、定禅寺通(東二番町通~市民会館前)17:30から点灯しています!詳しい時間は以下の通りです。

      日~木                   17:30~22:00

      金・土・23日(日・祝)・24日(月・祝) 17:30~23:00

      31日(月)                17:30~24:00

     

     今年の見どころは・・・

     スターライト・ウインク

     さらに、スターライト・ウインクと呼ばれる、再点灯が、18時、19時、20時行われます(23日を除く)。一度消えたライトが、一分後再び一斉に点灯します。点灯のあのステキな瞬間をぜひ体感してみてください☆彡

     

    ・ サンタの森の物語

     また、23日午後5時から8時には、「サンタの森の物語」というイベントが定禅寺通りで行われます。光のトンネルを、たくさんの市民やマーチングバンドの方々が、サンタクロースやトナカイ姿でパレードしたり、音楽演奏やダンスなども披露されるそうですよ。愉快なサンタさんたちに会いに行きたいですね!

     

    ・ Sendai Winter Park

    仙台はフィギアスケートの発祥の地ということをご存知でしょうか?

    勾当台公園市民広場のステージ前には、屋外アイスリンクが設置されます。こちらは25日(火)まで行われるそうです。アイススケートやってみたいですね!

     

     他にも、勾当台公園の新ライトアップの「勾当台フラワーライトガーデン」や、「まちくるパフォーマンス仙台」、勾当台公園付近の飲食スペースなど、楽しみがたくさんありますね。

     

    詳しくは、公式ウェブサイトに、点灯式の様子や、イベント情報などがありますので、ご覧くださいね!

     

     皆さま、SENDAI光のページェントにぜひ、お越しください!

    きらめく光のトンネルを歩いてみませんか?

     

     

     先日、河北ウィークリーせんだい初売り特集号の取材をしていただきました。

    12月26日(水)に発行されますので、ぜひお手に取って、ご覧くださいね!

    私なりの仙台初売りの楽しみ方について、ご紹介しています。

     

     河北ウィークリーせんだいは、河北新報社が毎週(木曜日に)発行しているフリーペーパーです。河北新報に折り込まれるほかに、JRや市地下鉄の駅などにも置いていますよ。

     

     後ほど、初売りについて詳しくご紹介させていただきますね!

     

    2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

     

     

  • 2018.11.22 22:11:48

     皆さま、こんにちは!

     2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     11月11日(日)に、2018 JAPAN PEACE FESTIVAL in青山まつり―第32回 青山まつりが開催されました。

     2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて建設が進む、新国立競技場の近く。青山通り、明治神宮外苑を起点に行われました。

    毎年、「青山まつり」が行われていて、今年は、東北を代表する6つのお祭り「青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り)、福島わらじまつり」が一つになった、東北絆まつりも加わり、特別演舞致しました!

    東北の各おまつりの皆さんとは、6月に盛岡で行われた「東北絆まつり」以来の再会となりました!

     

    「多様な文化が違いをこえて集まり、調和する世界をめざして、それぞれのお祭りが協力し合ってひとつになり、かつ、みんなが主役となってお祭りに参加できる体験の場をつくり出す。」というテーマで行われました。

    今回の「2018 JAPAN PEACE FESTIVAL in青山まつり」では、青山と東北の、まつりや文化が一つになりました! 

    このおまつりでは、松岡修造さんが応援団長として参加され、Ameba TVで「松岡修造の自撮リポート」という約4時間の生放送されていました。全力でリポートをして、盛り上げてくださいました。松岡修造さんの「本気」という言葉からとてもパワーをいただきました!

     

    パレードは、国連大学をスタートし、青山通りから明治神宮外苑のイチョウ並木、明治神宮外苑前噴水広場で行われました。

    仙台は、郡市長仙台七夕まつり協賛会庄子実行委員長伊達武将隊仙台・青葉まつり伊達の舞のみなさんと参加させていただきました。

    震災時にいただいた多くの応援やメッセージへの感謝の気持ちを込めて歩きました。

    ここ青山に東北のまつりが集結するということで、多くの方に東北の魅力を実際に感じて楽しんでいただきたいと思い、とてもわくわくしていました!

    多くの方々が沿道から、笑顔で手をふってくださり、とても嬉しかったです。ありがとうございます!

    仙台では、定禅寺通りのケヤキ並木が象徴的ですが、青山にはイチョウ並木がありました。ここでは伊達の舞の皆さんの踊りが披露され、緑や黄色に色づいたイチョウ並木と合わさって、とても色鮮やかで軽やかな美しい舞でした!

    よい天気の中、このようなステキな場所でパレードすることができ、とても気持ちが良かったです。

    東北の他のまつりも、太鼓や音楽に合わせて、踊りやパフォーマンスがされ、6月のあの感動を再び感じることができ、嬉しく思いました!

    さらに、パレードでは、他にもいろいろな団体が参加されました。警視庁騎馬隊、サッカーなどのスポーツ団体、カポエィラ・テンポ(ブラジルの格闘技と楽器が混ざった)、フランス海軍軍楽隊、東京オリンピックパラリンピックの音頭、チアリーダーなど。

    皆さんのそれぞれのパフォーマンスや、青山まつりを盛り上げようという熱い思いに、とても感動致しました。

     

    メイン会場となった、にこにこパークでは、パレードグランドフィナーレが行われました。

     青山高校とのコラボダンスも行われ、水泳やテニスやダンスといった、オリジナルの踊りに合わせて、ステップを踏みながら一緒に踊りました。

    会場全体や、祭りを見ている人も、多くの方が一緒になって参加し、心が一つになった瞬間を感じました!

    上の写真は、テニスの振り付けでラケットをふっている様子です。

    その後、ステージでは、東北6市の祭りのPRが行われ、私たち親善大使も、ミニ七夕飾りを手にもって、「仙台七夕まつりの魅力」、そして12月に行われます「SENDAI光のページェント」についてご紹介させていただきました。

    また、にこにこパークでは、東北各地をPRするブースや、青山まつりPRブース、キッチンカーによる飲食ブースなどもありました。噴水広場では、七夕展示もされました。

    私は初めて青山に来ましたが、このおまつりを通して、多くの方々とお会いすることができ、そして、青山のさまざまなスポーツや文化、自然の魅力を感じることができました。とてもステキな街でした。ぜひ、仙台、東北にも来ていただきたいです!

    震災を乗り越えて、今度は、2020年東京オリンピックパラリンピックに向けて、さらに多くの方に笑顔になっていただき、仙台・宮城・東北を楽しんでいただけるよう、盛り上げていきたいと思います!

    「2018 JAPAN PEACE FESTIVAL in青山まつり」に来ていただいた多くの皆さま、支えてくださった多くの関係者の皆さまに、感謝申し上げます。

     

    さて、今回会場に向かう際に、「だて正夢」「金のいぶき」という可愛らしい看板を偶然発見致しました!

    調べてみますと、10月に本格デビューした宮城県産新ブランド米「だて正夢」と、玄米食向け品種「金のいぶき」の美味しさを感じられる期間限定ショップが、11月8日から25日まで、表参道にオープンしているそうです。

    だて正夢は私も先日購入し、食べてみたのですが、とてももっちりとしていて、ねばりがあり、おいしいかったです。金のいぶきは、栄養豊富で美容と健康によく、もっちり食感でおいしいそうです。いろいろなお米がありますが、味比べをしてみるのも面白いですね。ぜひ、食べてみてくださいね!

     

    次の3人そろっての活動は、12月14日金曜日の「SENDAI光のページェント」の点灯式です。

    杜の都仙台のシンボルロード、定禅寺通りの160本のケヤキに、約60万個の光が輝きます。そのすてきな光のトンネルをぜひ見に来てくださいね!12月14日金曜日から、31日月曜日まで毎日開催しています。

     

    11月から制服が秋冬になったのにお気づきになられましたでしょうか?

    だんだんと冷え込んできましたので、皆さまお体にお気をつけて温かくしてお過ごしくださいね。

    皆さまとお会いできるのを楽しみにしております!!

    2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

  • 2018.10.05 11:10:51

     皆さま、こんにちは!

    2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     9月26日(水)に、国内最大のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」が、仙台港に寄港しました。それに伴い、仙台塩釜港仙台港区高松2号ふ頭にて、歓迎セレモニーが行われました。

     「飛鳥Ⅱ」は、乗客定員872名、乗組員数470名、総トン数50142トン。下記の写真をご覧下さい!写真にはおさまらないほどの大きさです。

    間近で拝見したのは初めてでしたので、予想以上の迫力に驚かされました!

     皆さま、「飛鳥Ⅱ」をご存知でしょうか?

      

     

     

     

     

     

     

     

     クルーズ船内の様子が気になり、少し調べてみたのですが、船内にはプールや、サロン&スパ、フィットネスセンターやシアターなどがあるそうですよ。

    充実した設備、エンターテイメントや食など、豪華で華やかな雰囲気が感じられ、とても魅力的です!

     

     今回のツアーは「秋の日本三景クルーズ」

    調べてみますと、美しい秋をぐるりと巡り、宮島・天橋立・松島の日本三景、瀬戸内クルージングなど、他にも見どころ満載です。

    横浜(9/17)、名古屋(9/18)、広島(9/19・20)、宮津(9/22)、金沢(9/23)、大船渡(9/25)、そして今回9月26日に、仙台に寄港。その後は横浜(9/28)へという日程となっています。

     ステキな船旅ですよね!私もいつか、飛鳥Ⅱに乗ってみたいです!

    他にも、仙台発着のツアーや国内外いろいろなツアーがあるようですので、ぜひチェックしてみてください。

     

    私は、歓迎セレモニーで、飛鳥Ⅱ 堤船長、桑畑機関長、川上ホテルマネージャーへ花束贈呈を致しました。

    船の上からも、多くの方が手を振ってくださり、大変嬉しく思いました! 

    ようこそ仙台・宮城へ。お越しいただきありがとうございます!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    当日は、伊達武将隊の皆さまによる演舞の披露や、むすび丸によるおもてなし、物産販売なども行われました。そして、県内を観光される皆さまをお見送り致しました。

     

    これまでですと、仙台港から移動する際には、タクシーやバスがありましたが、それに加えて、今回は特別に「仙台港クルーズ船アクセス列車」が運行されたんです!

    実は、貨物用の線路が、フェリーふ頭のすぐ近くから松島駅まで整備されているということで、普段は貨物列車しか通らないこの線路を利用して、松島などの観光地に行きやすくなるそうです!

     

     

     

     

     

     

     

     

    列車は、東北本線・陸羽東線を走っている、「リゾートみのり」が使用されました。今年で10周年を迎えるそうですよ。おめでとうございます!

    この特別列車の運行は、クルーズ船の入港に合わせて本格的な導入も検討されているそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    松島キャンペーンレディの方とも、一緒に写真を撮っていただきました!

    列車には村井県知事も乗車し、車内アナウンスをされたそうですよ。

    「飛鳥Ⅱ」でお越しいただいた皆さま、仙台や松島など、宮城県を楽しんでいただけましたでしょうか?

    また仙台・宮城にぜひお越しください! お待ちしております。 

    そして、「飛鳥Ⅱ」これからも益々のご活躍をお祈りしております!すてきな船旅を!

     

     

     

     

     

     

     

    朝晩だいぶ涼しくなってまいりました。何か美味しい物を食べてあたたまりたいと思う、今日この頃です。河川敷では芋煮を楽しむ方で、にぎわっています。

    この季節、おすすめしたい食べ物は、旬の秋鮭を使った「はらこ飯」です!サケの風味がきいた炊き込みご飯の上に、醤油で煮たサケの切り身とはらこ(イクラ)がのっています。

    また、仙台には秋保温泉や作並温泉などがあり、少し足を延ばすと蔵王、松島、鳴子などの温泉もございます。露天風呂で秋の景色を眺めるのもいいですよね。ぜひ足を運んでみてくださいね!

    皆さま、心も体もぽかぽかにして、風邪をひかないようお気をつけてお過ごしください☺

    2018 せんだい・杜の都親善大使 金 あおい 

  • 2018.09.01 23:09:08

     皆さま、こんにちは!

     2018せんだい・杜の都親善大使の 金 あおい です。

     8月20日(月)に「コンテナ専用船『なとり』初入港」に伴う歓迎セレモニーが、仙台塩釜港仙台港区高砂ふ頭、なとり船内で行われました。

     「なとり」は、国内最大級のコンテナ専用船で、船頭が球状になっているのが特徴です。かわいらしい形でした!

     風圧や波浪抵抗を軽減しており、低燃費で、省エネを図っているそうです。詳しくは調べてみてください。

     仙台―京浜―苫小牧を寄港します。

     井本商運(株)大橋取締役と、大村船長に花束贈呈を致しました。

    船内でのセレモニーでしたので、ゆらゆらと波を感じました。

     コンテナ専用船に入ることは、なかなかないと思いますので、貴重な経験をさせていただきました。また、「なとり」が描かれた扇子をいただきました。ありがとうございます。

     「なとり」これからも益々のご活躍を期待しております!

    2018せんだい・杜の都親善大使 金 あおい

▲ページトップへ