• 2017.07.11 23:07:26
    皆さん、こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
     
    7月8日、9日にH.I.S.×南東北(仙台市・福島市・山形市)キャンペーンとして、H.I.S.三宮駅前店様、H.I.S.ヨドバシ梅田店様にお伺いさせていただき、会場では、アンケートにお答え頂いた方に抽選で南東北名産品をプレゼント♪
     
    アンケートの内容は
     
    「南東北三市(仙台市・福島市・山形市)を訪れたことがありますか?」
     
    というもので、
    訪れたことがある方には交通手段や訪れた時の季節、訪れた観光地など
     
    また、訪れたことが無い方にはこれからの訪問予定、南東北三市では何を楽しみたいか、どこを訪れてみたいか、などという質問をさせていただきました。
     
     
    アンケートに協力してくださった皆様、本当にありがとうございました!
     
     
    関西から東北。
     
    距離もありますしアンケートでは「訪れたことがない」という方も多くいらっしゃっいました。
    中には「南東北」と聞いてイメージが湧かない、という方もいらっしゃいました。
     
     
    その一方で、
    色んな所に旅行に行ったけれど、東北の食べ物が一番美味しかったと仰っていた方や、ボランティアで東北へ訪れてくださった方も。
     
    そして、仙台がご出身の方で郷里の人に出会えて嬉しいと、このキャンペーンをSNSを通じて宣伝し応援してくださった方もいらっしゃいました。
     
     
    これからの旅行のご予定がお決まりでない方、是非南東北へ遊びに来てみてはいかがでしょうか。
     
    例えば、仙台~神戸、仙台~大阪は共に飛行機で1時間半程で着いてしまうんですよ♪
    7月からはスカイマークから神戸への直行便が再就航したばかりで、アクセスも簡単になりました!
     
    これから、夏は仙台市では、仙台七夕まつり。(8月6日,7日,8日)
    福島市では、福島わらじまつり。(8月4日,5日)
    山形市では、山形花笠祭り。(8月5日,6日,7日)
     
    この時期に南東北を訪れて、夏祭りをハシゴしてみるのも良いかもしれません(*^_^*)
     
    秋は紅葉も綺麗ですし、芋煮会もオススメです♪
    また、冬に訪れてウインタースポーツや樹氷を楽しんだり、SENDAI光のページェントや各市の温泉地でゆっくり、ほっこりお過ごしになるのも良いですね!
     
    食べ物が美味しい南東北。
     
    仙台市では牛タンや、ずんだ餅、はらこ飯。
    また、冷やし中華は仙台発祥と言われています。
    笹かまぼこやホヤやフカヒレなどの海産物も有名です。
    そして芋煮!仙台市では味噌ベース、豚肉の芋煮が楽しめます。
     
    山形市はサクランボやブドウ!
    ワインも美味しいそうですよ!
    あとはお蕎麦や冷やしラーメン、玉こんにゃくも有名です!
    山形市の芋煮は醤油ベース、牛肉が入っております。
     
    福島市ではやっぱり果物!
    桃の産地で有名な福島市は桃以外にも様々な美味しい果物がある「くだもの王国」。
    福島の美味しい果物を一気に楽しむことができる「フルーツライン」があり、その通り沿いで四季折々の旬のフルーツ狩りが楽しめるんです!
     
    また三市は共通して米どころですので、美味しいお米、日本酒も頂けますよ☆
     
    その他にもここには書ききれないような魅力が沢山!南東北には溢れています!
    私が感じる南東北のご紹介ではありますが、ぜひ実際に訪れて、南東北の魅力に触れていただけたら良いなぁと思います。
     
     
    さて、夏祭りのご紹介でも挙げた「仙台七夕まつり」。
    帰りの伊丹空港では、なんと!
     
     
    吹き流しが飾られていました!
    旅先で地元のものを見ると、とても嬉しくなりますね!
     
    そんな仙台七夕まつりの期間中の8月7日(月)には「仙台七夕まつりバスツアー」が開催されます!
     
    仙台七夕まつりは、中心部商店街の豪華絢爛な笹飾りだけでなく周辺商店街の昔ながらの素朴な笹飾りも私たちの目を楽しませてくれますよ♪
     
    私達、親善大使が案内役を務めさせていただきます!
     
    詳しくはこちらをご覧下さいませ。
     
     
    皆様のご参加を心よりお待ちしております!
     
    2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加
  • 2017.07.09 21:07:06

    皆さま、こんにちは!2017せんだい・杜の都親善大使の柳原莉子です。

    7月7日(金)に、伊達政宗公生誕450年記念仙台七夕まつりのプレイベントとして開催された、伊達な川床のオープニングセレモニーに参加させていただきました!今年の七夕はお天気に恵まれ、夕日が映る広瀬川はとてもキラキラしておりました。川床から見える広瀬川の景色は、ふとした一瞬一瞬が絵になるなぁと、猪股さんと一緒についついたくさん写真を撮ってしまいました。

    川床があることで、いつもとは一味違った広瀬川を体験していただけたのではないでしょうか?初日からたくさんの方にお越し頂き、広瀬川はたくさんの方に愛されているなと実感いたしました。お越しいただいた方とお話をさせていただいたのですが、とても温かい方ばかりで、幸せな気持ちになりました。こんなにも素敵な七夕を過ごすことができたのは皆さまのお陰です、ありがとうございました(^-^)

    全国的には、7月7日が七夕の日とされていますが、皆さまはもうお願い事をなさいましたか?私は、短冊に「仙台が世界へ羽ばたきますように」と書かせていただきました。お願いをするだけではなく実現に向けて、少しでも力になれるように頑張ります。

    現在、七夕まつりのHPにて願い短冊を募集しております!7月29日までにご投稿いただいたお願いは、仙台七夕まつり期間中、勾当台公園市民広場に飾られます。皆さまのご参加お待ちしております☆☆

    http://www.sendaitanabata.com/

    7月7日は過ぎてしましたが、仙台の七夕はこれからです!!

    8月6、7、8日に仙台七夕まつりで皆さまにお会いできますこと、親善大使一同心より楽しみにしております!

    2017せんだい・杜の都親善大使 柳原莉子

  • 2017.07.09 16:07:57

    皆様、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    日差しがジリジリと強く、暑い日が多くなりましたね。私は日焼けをしやすいので、外では常に日陰を探し、そこを歩き渡ることに必死です。笑

    そんな夏ですが、暑い暑い日中を過ごしたからこそ、夕方の涼しい風をより気持ち良く感じ「夏っていいなあ。」としみじみいたします。

     

    7月7日もそうでした。

    実はここ、広瀬川なんです。

    柳原さんと一緒に、浴衣を着て行って参りました。

     

    写真を見るだけで、なんだか今にも川のせせらぎが聞こえてきそうではありませんか?

     

    さて、私たちが立っておりますのは【伊達な川床】です。

    広瀬川・大橋のたもとに出来上がった約20畳の川床。ここを「伊達な川床」といたしまして、訪れた方々とともに和気藹々と、ドリンクやフードを楽しむことができます。

     

    期間は7月7日から7月9日、本日が最終日です。この2日間で行かれた方も多いのではないでしょうか?(^^)

    "辺りが暗くなるまで"皆様をお迎えしているそうですよ♪

     

    私たち親善大使は、そんな伊達な川床のオープニングセレモニーに参加させていただきました。

    先ほども申し上げました通り、この日も日中は強い日差しと高い気温で私は口を開けば「暑い...!」とばかり言っておりました。(*_*)

     

    ですがこの川床が、私のあらゆる面をリフレッシュさせてくれました。

     

    見れば夕陽がきらきらと照らす水面。周りは緑で囲まれており、真っ白な大橋もひときわ存在感を放っておりました。

    そして川のせせらぎがなんとも心地よく、そこでいただくお飲み物は格別でした。

    また、何と言っても伊達な川床を訪れた人々との出会いです。これが、私を心からリフレッシュさせてくれた一番の理由です。

     

    ご家族でいらっしゃった方、お仕事帰りの方、お散歩中に立ち寄られた方など、ここに来なければ出会えなかった様々な方と乾杯をしたりお話をしたり、

    心地よい風を感じられる伊達な川床が、初対面の私たちの心を優しく開いてくれました。

     

     

    ところで広瀬川での思い出と言えば、高校生時代のお話になります。私は宮城県宮城第一高等学校に通っていたのですが、その自由な校風からロングホームルームの時間には広瀬川を訪れて、みんなで芋煮を食べた思い出があります。そのあとは川に入って元気に遊び...。今とは違う、川での涼み方をしておりました。笑

     

    その広瀬川で数年後、こうして親善大使として伊達な川床にお邪魔するとは想像もつきませんでした。お陰様で本当に充実した日々を送っております。

     

     

    おしまいに、私の感じた"伊達な"川床をお話しさせてください。(*^o^*)

     

    まずは、この「伊達な川床」を実現してくださった【せんだいセントラルパーク】の皆様もおっしゃっていた、仙台城址を眺められるというところに"伊達"を感じました。

     

    そして、伊達と聞くと粋なイメージがあり、この川床もまさに粋だなあと感じました。勿論、川のせせらぎや涼しい風は、川原に立っていれば感じることができます。

    ですが、川床に立つとどうでしょう。ほんの少し、川にせり出しただけなのに、ぐっと近く広瀬川を感じ、涼しさも増します。気持ちも癒されます。色々な手間もある中、一歩踏み出した発想でたくさんの人を引き寄せるというのは、粋であり、"伊達"を感じました。

     

    最後に、伊達政宗公が大切にしたと言われるのが"おもてなしの心"です。

    伊達な川床では、老若男女様々な方の笑顔が咲いておりました。広瀬川という宮城県 仙台のシンボルとも言える開かれた場所で感じられるアットホームな雰囲気は、通りすがりの方をも引き込む歓迎のムード、おもてなしの気持ちが感じられ、伊達政宗公も 自分が大切にしていた精神が根付いていることを嬉しく思ったことでしょう。

     

     

    伊達な川床で感じた涼しさ、宮城県 仙台のあたたかさを元気の源にし、この夏の仙台のPR頑張って参ります。

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.07.06 23:07:05

    皆様、こんにちは。 2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。



    突然ですが皆様にクイズです!
    宮城県から石川県までは、直航便で約何分かかるでしょう?

    ...なんと、正解は約1時間♪
    あっという間に小松空港に到着いたします。


    さて、私は先日石川県金沢市を訪問し、MRO旅フェスタ2017に参加いたしました。


    【MRO旅フェスタ】とは?
    石川県の北陸放送が主催する全国の旅情報が満載の人気イベント。10年目を迎えた今年は、7月1日、2日に開催されました。


    そんな通称"旅フェス"会場内の仙台空港ブースにて、宮城県 仙台をはじめとする東北の旅情報をご紹介したほか、ステージでは「仙台七夕まつり」についてお話させていただきました。

    ブースでもステージでも、沢山の方々に七つ飾りにご興味を持っていただき大変嬉しかったです。心を込めて手作りをした甲斐がありました。



    また、仙台七夕まつりがどれほど有名なお祭りかを改めて実感いたしました。

    「仙台は七夕まつりが有名だよね!」「行ったことがあるよ!」「一度は行ってみたいなあ。」

    今年も多くの方々が仙台で夏の素敵な思い出を作ることができますように...☆



    小松空港から仙台空港までは、アイベックスエアラインズとANAの共同運行により、1日2往復運行をしております。さらに、仙台空港からは宮城県内、東北各県への直通バスも出ており大変便利です♪

    例えば...
    日本三景の松島までは約60分、世界遺産に登録されました平泉までは約2時間半で行くことができます。

    ぜひ、宮城県のみならず東北各県に足をお運びいただき、地域性豊かな夏祭りなどをお楽しみいただきたいです!


    また、仙台空港ブースでは宮城県のお土産として長く愛されている【萩の月】なども販売いたしました。嬉しいことに石川県でも大変人気があり、特に二日目は、開場から2時間後には完売してしまいました!


    旅フェスには各地のゆるキャラ、美味しいグルメも大集結しており各県の魅力を様々な角度から知ることができ、私自身、旅行をしたい気持ちでわくわくしております♪


    皆様もこの夏ご旅行の際には、東北と北陸を繋ぐ直航便を是非ご利用くださいませ(*^o^*)

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.07.05 22:07:32
    皆さん、こんにちは!
    2017せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
     
    北山にある、「資福寺」では紫陽花が見頃を迎えております。
    雨が多く、じめじめとした梅雨は憂鬱な気分になりがちですが紫陽花はそんな日の方が美しく見えるような気がします。
     
     
    季節の風物詩を無料で愉しむ事が出来ますので、皆さんも是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
     
     
    さて、6月30日~7月2日まで私は仙台七夕まつりの首都圏キャンペーンへ参加してきました!
    6年間過ごした東京でこうしてお仕事をさせて頂けたことに不思議なご縁を感じながら、一生懸命PRをさせて頂きました。
     
    6月30日(金)~7月1日(土)に、
    八重洲地下街メインアベニュー、二子玉川ライズ、東急百貨店渋谷・本店にお伺いさせていただきました!
     
    会場では、伊達武将隊の皆様やむすび丸と一緒に仙台・宮城の事や、仙台七夕まつりについてPRさせていただきました。
     
     
     
    伊達武将隊の皆様がお江戸で全員揃うのはあまり無いことなので楽しみにされていた方も多かったのではないでしょうか。
    皆様との距離が近いステージでの演舞はより迫力があった事と思います。
     
     
    ステージの終盤の「ございん音頭」
    実は一緒に踊りたくて、こっそり練習していきました!
    歌い、踊りながら宮城、仙台の名所や名産を知ることができ、とても楽しかったです。
     
     
    「はぁ~ございん、ございん」の所では皆さんも一緒に踊っていらっしゃいましたね!
     
     
    八重洲地下街には、伊達政宗公の甲冑やパネル、そして吹流しも飾られていました。
    パネルは7月11日(火)まで飾られていますので、お近くを通った際は是非ご覧になってくださいませ。
     
     
    東急百貨店渋谷・本店では、屋上にある田んぼも拝見させていただきました。
    こんな都会の真ん中に田んぼがあることにとても驚いたのですが、渋谷区の小学生と伊達武将隊の皆様で先月田植えをされたそうです。
     
     
    田んぼの中では、メダカも泳いでおりました。
    案山子の「だてまる」に見守られ、この渋谷の空の下で大きく大きく育つことを願っております。
     
    収穫が楽しみですね(*^-^*)☆
     
     
    東急百貨店渋谷・本店の仙台七夕フェアは7月7日(金)まで開催され、期間中は短冊記入コーナーを1階 インフォメーション・6階 子供服売場に設置してあります。
     
     
    ご記入いただいた短冊は、8月6日(日)~8日(火)に開催される「仙台七夕まつり」で仙台市内でも竹飾りに掲出されるそうですので、是非皆様も短冊にお願い事を記入してみてはいかがでしょうか。
     
    7月2日(日)
    東京スカイツリー「Beautiful NIPPON」全国観光PRコーナー、ソラマチにお伺いさせていただき、仙台七夕まつりのうちわやリーフレットを配布してまいりました。
     
     
     
    東京スカイツリーでは、7月7日(金)まで「東京スカイツリータウン 七夕まつり2017」が開催され、ソラマチ商店街や地下のエントランスなどに吹流しが飾られておりますので、是非ご覧になって頂ければと思います。
     
     
     
    首都圏キャンペーン中に出会った皆様から、
     
    「仙台出身なんです!」
    「仙台に住んでいたことがあるよ」
    「仙台、来週行きます!」
    「仙台七夕まつり行ってみたいなぁ」
     
    などなど、どれも嬉しい皆様のお言葉のおかげで3日間、最後まで元気にがんばることができました!
    この度のイベントをご覧頂いた方々が「仙台七夕まつり」に少しでも興味を持って頂けたなら幸いです。
     
    現在、仙台七夕まつりのホームページでは、「願い短冊」を募集しております。
     
    7月29日(土)まで投稿頂いた願いは短冊にして8月6日(日)、7日(月)、8日(火)のおまつり期間中、勾当台公園内の市民広場に飾られますので、皆様も願いや、復興への思いをぜひ、仙台七夕まつりへ届けてみませんか?
      
    ☆仙台七夕まつりホームページ☆
     
    私達、親善大使も願い事を投稿させていただきます♪
     
     
    最後に7月9日(日)、21時47分〜22時00分に宮城テレビさん「発見!宮城のスマイルさん」に親善大使3名で出演させていただきます。
    お時間がありましたら、是非ご覧くださいませ!
     
    また、私は7月8日(土)、9日(日)と神戸大阪へ伺います!
    神戸は初めての土地なので私自身、とても楽しみです(^O^)/
     
     
    お近くにお住まいの皆様、HIS三宮駅前店、HISヨドバシ梅田店でお会いしましょう!
     
    2017 せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加

▲ページトップへ