• 2017.08.02 21:08:59
    皆さん、こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
    7月31日に猪股さんと一緒にミヤギテレビさん、「OH!バンデス」に出演させて頂きました(*^_^*)
    皆さまご覧いただけましたでしょうか?
     
     
    番組内では、七つ飾りの説明もさせて頂きました!
    七つ飾りのそれぞれの願いは猪股さんのブログで詳しく紹介されていますので是非ご覧になってくださいね!
     
     
    さて、仙台七夕まつりまで残すところあと4日となりました。
    仙台の街中では至る所に七夕飾りが飾られていますね!
     
    私は先日、仙台七夕まつりが待ちきれず、とある場所へ行ってきました!
     
     
    ここは、仙台市若林区にある鐘崎の「かまぼこの国  笹かま館」の「七夕ミュージアム」です!
     
    過去、実際に飾られていた吹流しが飾られ、昭和の時代からの仙台七夕まつりのポスターを振り返るコーナーもありました♪
    また、藩政期や明治・大正時代の七夕飾りの再現や、紐を引いて人形を動かす仙台固有の七夕飾り「仙台仕掛けもの」も常時展示してあるんですよ!
     
     
    七夕ミュージアムを楽しんだ後は、「笹かま手作り体験教室」に参加しました!
    幼い頃から食べ親しんでいる笹かまですが、手作りは初めての体験でした!
     
    まず、かまぼこの原料、魚のすり身をよくこねて、竹くしに刺し、笹の葉の形にし、
     
     
     
    専用の焼き機で焼き、最後は約300度に温度をあげて一気に焼き色をつけます!
     
     
    こちらの写真は下から焼き色を確認しているところです。
     
    焼き上がるのを待っている間はスタッフの方がかまぼこの歴史についてお話してくださいました。
    かまぼこはなんと、縄文時代から食べられているそうです!
     
    自分で作ったアツアツの笹かまは、香ばしく、それはもう格別な美味しさで一気に2個食べてしまいました!(笑)
     
    この「笹かま手作り体験教室」には、夏休みということで、親子で参加されている方も多くいらっしゃいました。
    お子様も、大人の方もとても楽しまれているように感じました!
     
     
    「かまぼこの国  笹かま館」、仙台七夕まつりの前に訪れて美味しいかまぼこを頂きながら予習をするのも良いですし、仙台七夕まつりの後にもおまつりの余韻をお楽しみ頂けるかと思います!
    仙台にお住まいの方も、仙台に遊びにいらした方もぜひ皆様、足を運んでみてはいかがでしょうか?
     
    最後に8月4日(金)に東北放送さん、「ウォッチン!みやぎ」に出演致します。
    朝のお出かけ前にご覧いただければ幸いです!
    一人でも多くの方に仙台七夕まつりに足をお運びいただけるよう、PRがんばりますので、どうぞよろしくお願い致します。
     
    2017せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加
  • 2017.07.31 15:07:11

    皆さま、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    私は先日、Date fmさんの 「Morning Brush」という番組で仙台七夕まつりのPRをさせていただきました。

    宮城県民は勿論のこと、東北の他の県でも放送をお楽しみいただけるエリアがあるということで、自分の声が一体どれほど多くの方に届いているんだろうと少し緊張し、そして何だかとてもワクワクいたしました...!



    番組内でもお話しさせていただいたのが、【七つ飾りに込められた願い】についてです。これまでのブログ記事にも度々登場した七つ飾りについて、今回は一つ一つご紹介いたします(^-^)


    1.短冊
    詩歌を書いて、学問や書道の上達を願う。

    2.巾着
    節約と貯蓄の心を養いながら、商売繁盛の願いを込める。

    3.投網
    豊作・豊漁を願う。また沢山の幸運を投網で寄せ集めるという意味もある。

    4.紙衣
    裁縫や技芸の上達を願い、病や災いの身代わりとしても捧げられる。

    5.屑篭
    清潔と倹約の心を養う願いを込め、飾り付けを作るときに出た裁ち屑などを入れる。

    6.折鶴
    家内安全・健康長寿を願う。

    7.吹き流し
    手芸や機織りなどの上達を願い、また七夕伝説に登場する織姫を象徴している。


    いかがですか?
    仙台七夕まつりでは、この七つの飾りを飾りつけることも伝統の一つとなっております。それぞれに願いが込められているなんて、とてもロマンチックですよね...☆

    仙台七夕まつりにお越しの際は、是非この伝統の七つ飾りを探してみてください。

    (こちらは、私がアルバイト先でボードに手書きをしたものですヾ(@⌒ー⌒@)ノ)

     

    そして、仙台七夕まつりのHP内では「願い短冊」を入力することができます!
    http://www.sendaitanabata.com/

    短冊はHP内でご覧いただけるほか、7月28日までに投稿されたものは仙台七夕まつり期間中、「おまつり広場」に飾られるようです♩

    自分と似たようなお願い事を見つけ親近感が湧いたり、心温まるお願い事に何だかほっとさせられたり、応援したくなるような願いが綴られていたり... 笹を彩る短冊を眺めるのがとても好きです。

    仙台七夕まつりまで残り一週間となりました。皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。 

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.07.28 22:07:41

    皆さまこんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の柳原莉子です。

    ついこの間入学したばかりだと思っていましたが、早いもので学生さんはもう夏休みの時期ですね!私はただいま、前期末に試験に向けて、レポートやテスト勉強を頑張っております;^_^A

    先日、横浜商工会議所の集いの交流会に参加させていただき、ステージ上で仙台・宮城のPRや、東北観光旅行抽選会のお手伝い、観光ブースでのPRをさせていただきました。

    今回のお仕事では、東北6県の親善大使の方々とご一緒しました。学ぶところがたくさんあり、とてもいい刺激をいただきました! また、同じ年に親善大使になり、お仕事でお会いすることに運命的なものを感じました。多くの方に東北地方を旅行先として選んでいただき、お越しいただけるように、力を合わせて引き続きPRを頑張りたいと思います。

    さて、8月6、7、8日はいよいよ仙台七夕まつりですね!

    仙台市内を彩る涼やかな笹飾りや、伝統の七つ飾りはもちろんです、伊達政宗公生誕450年を祝う統一札は今年ならではの見所の一つです。

    また、おまつり広場と呼ばれる市民広場では、宮城の美味しいものが揃う七夕食堂や、仙台七夕まつりの歴史や仙台の街の移り変わりを写真で紹介する七夕伝承館などもお楽しみいただけると思います(^-^)

    皆さまとお会いできますこと親善大使一同楽しみしております。

    2017せんだい・杜の都親善大使 柳原莉子

  • 2017.07.27 13:07:22

    皆さま、こんにちは。2017せんだい・杜の都親善大使の猪股真衣です。

    梅雨が明けるか明けないか、むしむしとした日が多いですね。

    そんな先日のお昼ご飯は、"冷たい肉そば"でした。

    どこの県でいただいたでしょうか?

     

     

    ...正解は、山形県です!

    仙台七夕まつりのPRをしに、山形県へ行って参りました。

    名物の一つでもある 冷たい肉そば は、じめっとした日にもお箸がどんどん進み、お腹も心も満たされました♩

     

    さて山形県では【テレビユー山形】、【山形新聞社】、【山形放送】の皆さまにお時間を割いていただき、

    日本最大級の七夕まつりとも言える仙台七夕まつりの魅力をお話しさせていただきました。

     

    仙台七夕まつりは市内全域が一体となり大規模に開祭されますが、その主役とも言える笹飾りの一つ一つは本当に繊細です。

    目にも鮮やかで最もよく知られているであろう吹き流しのほかにも、細やかで、心のこもった飾りがたくさんあることをお伝えして参りました。

    見た目のみならず、七つの飾りそれぞれに願いが込められているという 七夕らしいロマンチックさも、多くの方に知っていただきたいです。

     

     

    立ち寄った山形駅には花笠が飾られておりました。各地、お祭りムードが盛り上がってまいりましたね!

     

    山形県の皆さま、山形花笠まつりをお楽しみのあとは、是非 仙台七夕まつりにもお越しくださいませ。

    踊りを踊ったあとのお祭りの余韻を持って仙台へお越しいただければ、きっと風にさらさらとゆれる笹飾りが一層涼しく感じられることと思います。^ ^

     

    2017せんだい・杜の都親善大使 猪股真衣

  • 2017.07.26 22:07:08
    皆さん、こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の計良麻里加です。
     
    早いもので7月も下旬を迎え「仙台七夕まつり」まで残り2週間を切りましたね!
    親善大使に選んでいただいたお陰で、毎日とても充実した日々を送ることができていますので日が経つスピードがとても早く感じます。
     
    さて、先日の猪股さんが出演した仙台放送「あらあらかしこ」、そして仙台七夕まつり近県キャンペーン(山形)に引き続き、私は7月25日に岩手県盛岡市にて「仙台七夕まつり」のPRをして参りました!
     
     
    ICB岩手放送さん、岩手日報さん、岩手日日新聞さん、お忙しい中時間を割いていただき本当にありがとうございました!
     
    訪問先では、たくさんの質問を頂き、自分の言葉でお話させていただくことでより一層「仙台七夕まつり」の魅力や想い、そして仙台を愛する気持ちが深まりました。
     
    東北の夏祭りの中で「仙台七夕まつり」は唯一の「静」のお祭り。
    10m程の大きな竹に飾られた約4m程の吹流しを立ち止まり、触れ、和紙が風にたなびく音や色彩、伝統の七つ飾り、そんな一つ一つをじっくり見ることが出来る所に私は魅力を感じております。
     
    お祭り期間中には、「おまつり広場」と呼ばれる市民広場では私達も持っているこの七つ飾りを手作り出来るコーナーもあるんですよ!
    実際に作ってみると、七夕飾りを見上げた時にひと味違った気持ちを味わえるかも知れません…☆
    また、このおまつり広場では宮城の美味しいものも頂けますし、短冊を記入するコーナーもございますのでたっぷりと仙台七夕まつをお楽しみ頂けるかと思います。
     
    岩手県の皆さん、「盛岡さんさ踊り」をお楽しみの後はぜひ「仙台七夕まつり」に足をお運びくださいませ!
     
    2017 せんだい・杜の都親善大使 計良麻里加

▲ページトップへ