• 2017.01.27 17:01:17

    様こんにちは!親善大使の近藤志乃です。

     

    さて、1月21日(土)〜22日(日)に、広島市シャレオ紙屋町広場にて、「広島空旅!2017」が開催されました。

     

     

    今年で6回目を迎えた「広島空旅!」は、広島空港からより多くの皆様が飛行機で空の旅を楽しんで頂けるよう企画された、広島最大の観光情報イベントです。今年も国内・海外の最新情報や、プレゼント企画満載のステージなどが盛りだくさんでした!

     

    私は、仙台空港のブースでのご案内やパンフレットの配布をしたり、ステージでのクイズ大会をさせていただきました!

     

     

    仙台・宮城は一年を通してイベントが盛りだくさんで、牛タンやずんだ餅をはじめとした美味しいグルメも豊富です。

     

    海に向かえば、松島など 新鮮な魚介類が愉しめる町、山に向かえば温場所土地です。

     

    そんな仙台・宮城までは、広島空港から飛行機でなんと、80分で行くことができます!!陸路だと6時間以上かかってしまうのに、驚きですよね!

     

    仙台空港から市街中心部までも仙台空港アクセス鉄道を使用して最速17分で行く事ができ大変便利です。皆様ぜひ、季節を問わず、仙台・宮城に足を運んでみてくださいね♪

     

    最後に・・・

    この広島でのお仕事で出会えたひと・ものをご紹介します!

     

    1日目に食べた広島名物の牡蠣と、鮑、牛肉!

     

    2日目に食べた広島風お好み焼き!!

     

    3日目に食べた広島つけ麺!!!

     

    気づけば、いつの間にか食べ物だけになってしまいました♪

     

    広島限定・名物レモンの郵便ハガキ♪ (広島はレモンの生産量全国一なのです!)

     

    皆さんご存知、もみじ饅頭♬

     

    この他にも、沢山の素敵なひと・ものに出会い、初めて訪れた広島で素晴らしい3日間を過ごすことができました!

     

     

    皆さま、本当にありがとうございました(*^^*)

     

     

  • 2017.01.27 17:01:31

    皆さまこんにちは!親善大使の近藤志乃です

    1月21日(土)~22日(日)に、広島県広島市のシャレオ紙屋町で行われた「広島空旅!2017」に参加させていただきました!

    今年で6回目を迎えた「広島空旅!」は、広島空港からより多くの皆様が飛行機で空の旅を楽しんで頂けるよう企画された、広島最大の観光情報イベントです。今年も国内・海外の最新情報や、プレゼント企画満載のステージなどが盛りだくさんでした!

     

    そのイベントに先立ちまして、前日の1月20日(金)には、各関係機関を訪問させていただきました。

     

    広島県に到着してすぐに、広島県庁の広島空港振興課の皆様が対応してくださいました。お忙しい中本当にありがとうございました。

     

    その後、中国新聞社コミュニティFMにてラジオ生放送に出演させて頂き、仙台・宮城の冬ならではの観光スポットやグルメ、そして「広島空旅!2017」の宣伝をさせていただきました。

    実は私にとって"人生初"のラジオ出演だったのですが、パーソナリティの方が仙台には何度も足を運んだと言ってくださり、和やかに、リラックスして臨むことができました!

     

    また中国新聞社・中国新聞広告社にて取材をしていただきました。仙台・宮城の自然が生む食べ物や四季折々の魅力、また広島と仙台を比べて感じたことなど沢山のことをお話させていただきました。

     

    今回、広島県を訪問させて頂き、私が率直に感じたのは

    「都市と自然が見事に融合した街並みが過ごしやすく、どこか仙台に似た雰囲気もある」

    ということです。街並みの他にも、牡蠣をはじめとした新鮮な魚介類が愉しめることや、人の温かさなどが、全く違う土地でありながらも ふるさとのように和やかに感じられました(*^^*)

     

    その後は、TJ HIROSHIMA にご挨拶させていただきました。広島と仙台、地域の情報誌でお互いの観光情報を紹介しあっているということで、絆の深さを改めて実感いたしました!

     

    最後に、広島リビング新聞社にて、取材とPR動画の撮影をしていただきました!PR動画は、YouTube の リビングひろしまチャンネルにてご覧頂けますので、お時間がある際はご覧頂ければと思います。

  • 2017.01.16 00:01:18

     

    皆さま、こんにちは!
    2016せんだい・杜の都親善大使の近藤志乃です。



    昨年は、沢山の温かな応援を本当にありがとうございました。親善大使としてのお仕事をさせて頂く中で、多くの出会いと学びに恵まれた素晴らしい一年でした。2017年も、仙台・宮城の魅力を国内外に発信し続けてゆけるよう努力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。



    さて、1月10日は「110番の日」ということで、JR仙台駅のステンドグラス前にて行われました広報イベントに私達親善大使3名も参加させていただきました!



    今回私たちは、宮城県警察本部より「一日通信指令官」に任命して頂き、110番通報をする際のポイントをお話させて頂いたり、実際に携帯電話から発信して110番通報の実演をさせて頂きました。



    昨年は一年間で152,048件、一日平均415.4件の110番通報がありました。しかし、緊急を要しないご相談や、免許更新の手続き、落し物の問い合わせが8割ほどを占めているのが現状です。

    「緊急電話」は 110番
    「相談電話」は #9110番

    となっておりますので、掛け間違えのないように、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

    イベントでは宮城県警察音楽隊の皆様による迫力ある演奏もあり、大変多くの方が足を止めてくださいました。本当にありがとうございました!

    正しく110番を利用し、皆様で安全な町を作り上げていきましょう。

  • 2016.12.12 23:12:25

    皆さま、こんにちは。2016せんだい・杜の都親善大使の近藤志乃です。

    近頃は雪もちらつくようになり、いよいよ仙台も冬景色となってまいりました。

    皆様いかがお過ごしでしょうか(^^*)

     

    仙台の冬の風物詩といえば、『SENDAI光のページェント』

     

    冬、すっかり葉が落ちた杜の都の木々たちに光を灯し、「光の都」にしようという思いから始まったこのイベント。60万球の光が毎年、仙台の街、そして市民の心を温かく照らします。

    今年のテーマは、~未来へつなげる愛の光!~。

    12月9日~12月31日までのおよそ3週間、定禅寺通りにて開催されます。

     

    その初日となりました12月9日には、せんだいメディアテーク前にて点灯式が行われ、私たち親善大使も3人で参加させていただきました。

     

    5・4・3・2・1・・・

     

    目の前の1本道が光で包まれたその瞬間は、まるで夢を見ているかのようでした。

    沿道にいらした方々からも歓声と拍手が湧きあがり、点灯後は、ウィンターエンジェルの皆様によるハンドベルの演奏によってさらに幻想的な世界が生まれました。

     

    本当に素敵なひと時でしたね(^^*)

     

    点灯式当日は平日だったにも関わらず、大変多くの方々がいらっしゃっていました。家族連れや恋人同士の方々、友達同士、まさにテーマの通り色々な形の「愛」を、ページェントの光が照らしているのだと実感いたしました。

     

    皆様もぜひ、期間中に何度でも足を運んでみてください!

     

    また本年度から初のイベントとして、

    「2016SENDAI光のページェントin泉パークタウン」が開催されています☆

    定禅寺通りでの光のページェントと同じ電球を

    10万球使ったこちらのイベントは、まさに「光の株分け」。

    泉パークタウンにて、まるでお城のような建物に囲まれ、定禅寺通りとはまた違った雰囲気が楽しめます♪

     

    公式HP:http://www.hikapa.jp/

    過去の記事:http://sendai-shinzentaishi.com/

     

    こちらもぜひチェックしてみてくださいね♪

     

     

    さて、2016年も残りあと少しですね。

    今年は、皆様にとってどのような1年となったのでしょうか(^^*)?

     

    お風邪などに気を付けて、良いお年をお迎えください。

     

     

     

     

     

  • 2016.12.07 21:12:03

    皆様こんにちは。2016せんだい杜の都親善大使の近藤志乃です♪

    今年もついに12月に入り、2016年もあと少しですね。寒さに負けず、頑張ってゆきましょう(^^*)

    さて先日、親善大使の堀米さんと、ウェスティンホテル仙台にて行われました「社会福祉法人 国見会50周年記念式典」に参加させていただきました。

     

    国見会は、地域に根ざした福祉の拠点として、利用者さまの安心・安全・安寧を保障するための多様な福祉サービスを提供している社会福祉法人です。生活保護事業、介護福祉事業、障害福祉事業を三つの柱とし、一人ひとりが喜びや生きがいを感じて自分らしく暮らせることを目指されています。

    地域と密接に関わりあいながら大変長い歴史を築いてこられた 社会福祉法人 国見会の皆様 は、

    先日の12月2日に50周年を迎えられました。

     

    式典では永年勤続の表彰と感謝状の贈呈が行われ、国見会の温かな福祉の心が感じられるような和やかな会でした。

     

    今回アテンドさせていただきましたことを大変光栄に思います。

     

    国見会の皆様、本当におめでとうございます!益々のご発展をお祈りいたします。

▲ページトップへ