• 2016.08.05 13:08:03
    ようやく仙台も梅雨が明け、毎日蒸し暑い日が続いておりますが、皆様お元気でしょうか?( ˆ_ˆ )

    先日7月31日(日)に宮城県庁で行われました、東京都スポーツ文化事業団主催「未来(あした)への道 1,000km縦断リレー2016」スタート式にて、仙台七夕まつりのPRをさせていただきました。

    突然ですが、皆様は「未来(あした)への道 1,000km縦断リレー」をご存じですか??

    このリレーは2013年に始まり、今年で4回目の開催でした。

    復興への取り組む姿勢を発信することで東日本大震災の記憶の風化を防ぎ、さらに、被災地と全国の絆を深める目的のリレー。

    東日本大震災で被災した、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、東京都の約1,250kmをランニングと自転車でたすきを繋いでいくというものです。
    今年は7月24日に青森県庁前からスタートし、約1,500人の一般参加者とゲストランナーの皆様で駆け抜けます☆
    とある方に「親善大使も走りなよ〜」という風にお声をかけて頂きました。

    食べるのはもちろん体を動かすのも大好きな私にとっては、そのようにお声をかけていただく前から、ステージから聞こえる大きな声や拍手に込められた参加者の皆様の熱気と気合いを全身で受けていたため、体が疼いて仕方がありませんでした(><)

    来年も開催されるならば、是非とも参加したいなと密かに考えております.。oO

    さて、明日8月6日、7日、8日の3日間は待ちに待った、「仙台七夕まつり」の開催です♪

    今年も様々な企画があり、盛り上がること間違いなしです!!!

    仙台七夕まつりで忘れてはいけない「七つ飾り」のミニバージョンを作れる体験コーナーがございますや夕方から夜にかけては、七夕踊りや宮城の盆踊りを踊ることができます!

    そして私達親善大使も皆様と一緒に踊らせていただきます^_−☆

    晴れて楽しい 星空見れば〜

    青葉城から 笛太鼓 笛太鼓〜

    年に1度の 七夕まつり〜

    キンキン キラ キラ〜

    お星様も 嬉しそう〜

    笹に花咲く 街飾り〜♪

    七夕踊りの歌詞の中で私が1番大好きな部分です!

    皆様と踊れる日が待ち遠しいです(*^_^*)

  • 2016.06.30 11:06:04
    先日6月25日(土)・26日(日)に青森県で開催されました、東北六魂祭 2016 青森に、私たち親善大使3名で参加させていただきました。
     
    今年のテーマは 「跳」
       未来へ跳ねよ、東北の魂
     
    東北地方の災いを跳ね飛ばし、さらなる跳躍を願い、この一文字をテーマとして掲げられました。
    そして「跳」は、青森ねぶた祭の「跳人」の象徴でもあります。
    今回来られた皆様は、「跳」 を感じられたでしょうか??
     
    さて、ここで、東北六魂祭の2日間を振り返りたいと思います….。oO
     
    6月25日(土)
    雨との予報だった上に分厚い雲が見受けられ、東北六魂祭に関わる誰もが不安であっただろう1日目。
    その予報は覆され、天候も素敵な晴れとなりました!
    ですが風がとても強く、メインステージに吹流しを飾ることが出来なかった事がとても悔しかったです(>_<)
     
    お昼に行われた6祭PRステージでは伊達武将隊の皆様と、仙台七夕まつりの開催日や七つ飾りの意味についてお話させていただきました。
    伊達武将隊の皆様がキレのあるかっこいい演舞を披露され、松尾芭蕉様は素敵な俳句を詠まれました☆
    午後に行われたミスPRステージでは、仙台七夕まつりの歴史や詳しい七つ飾りの意味をお話させていただきました。
     
     
    そして六魂祭パレードでは、七夕踊りを踊らせていただきました!
    また、沿道には沢山のお客様がいらっしゃり、七夕踊りやすずめ踊りに合わせて手拍子をしてくださったり、「よく来たね〜」「頑張ってね〜」「ご苦労さま〜」と弾けるような笑顔で暖かい声をかけてくださいました*\(^o^)/*
    このような形で青森市に来られたことをとても嬉しく思いました!
     
     
    6月26日(日)
    この日も雨の心配があり、パレードだけでなくお祭り自体が開催されるかと危ぶまれており、時たま小雨が降ることもありましたが、なんとか2日目を迎えられました。
     
    前日に続き、伊達武将隊の皆様と6祭PRステージに出演させていただき、仙台七夕まつりについてお話をさせていただきました。
     
    閉祭式では、メインステージに置かれた大型ビジョンにて、これまでの東北六魂祭を開催した風景を映像で振り返りました。
    そして初年度より謡い繋いできた「ふるさと」を、皆様と合唱いたしました♪
     
     
    5年前、東日本大震災の犠牲者への鎮魂と復興を願い、東北6県・6市が力を合わせて生まれたのが、この「東北六魂祭」。
    ここまで繋がれてきた東北六魂祭の歴史、スタッフの皆様や演者の皆様だけでなく、いらっしゃったお客様のような関わってきた全ての方々のそれぞれの思いを考えると、とても言い表せないほどの感動を覚えました。
    今年で一巡をした「東北六魂祭」。
    これ機に東北六魂祭は終了とはなりますが、来年からは復興への願いを込めた後継イベントが新たに開かれるとの発表がありました!
    これから先、まだまだ長く続くイベントになれば良いなと思いました。
     
    この2日間を通して多くの笑顔を見られたこと、素晴らしい東北のお祭りに関わることができたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。
    また、東北の皆様の温かみと団結力の強さを改めて痛感いたしました!
     
    テーマ通りに、身も心も「跳」ねるようなお祭りでした。
     
  • 2016.06.13 09:06:24
    先日、親善大使3名で、七夕飾り作成のため鳴海屋紙商事様に伺いました。
     
    今回は、鳴海屋紙商事様で販売されている「仙台七夕 浪漫竹(中)組み立てキット」で作成しました。
    使用する和紙などは本物の七夕飾りと同じもので、細かい作業がありますが詳しい説明書もついているため、楽しみながら作ることができます。少しでも多くの方に実際に作っていただき、仙台七夕の歴史や飾りの意味などを知っていただると幸いです。
    気になった方は、ぜひ、鳴海屋紙商事様のホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか。
     
    小さい頃から何度も見てきた「仙台七夕まつり」の七夕飾りをこのように作ることができ、とても貴重な体験をさせていただきました。
    鳴海屋紙商事様、お忙しい中ありがとうございました!
     
    そして、6月25日(土)~26日(日)の2日間、今年は青森市にて「東北六魂祭」が開催されます!私たち2016せんだい・杜の都親善大使3名揃って他県でのお仕事は初めてでしたので、皆様にお会い出来るのがとても楽しみです!
     
    【東北六魂祭ホームページ】http://www.rokkon.jp/index.html
     
  • 2016.05.25 06:05:08

    先日5月18日に、「第64回全日本高校連盟仙台大会全体懇親会」会場入口にて、お客様のお出迎えと、次期開催地引き継ぎセレモニーでの介添えをさせていただきました。

     

    引き継ぎセレモニーでは次期開催地である神戸へ仙台大会の実行委員長からひまわりの花束と種が渡されました。

    そして、神戸大会の実行委員長からは「ひまわり油」が渡されました。

    瓦礫の中でも元気に花を咲かせていたひまわりを見た方々が、必ず復興を信じ生きて行こうと、前向きな気持ちにさせてくれたという事を受け、震災直後未来への希望の象徴として皆様と共に育て、今年4月に起こった熊本地震の復興にも役立てようと河北新報社様と神戸新聞社様が協力し推進するのが、「みんなのひまわりハート!プロジェクト」です。

     

    象徴であるひまわりの種はひまわり油に加工され、来年4月以降から販売されます。この収益金の一部を熊本地震の被災者支援に充てられます。もし少しでも気になったり、手助けをしたいと思われた方はぜひ、調べてみて下さい。

     

    東日本大震災の時、全国のたくさんの方々に支えられてきました。震災を経験してきた私たちにしかわからないことがあるかと思います。次は、私たちの番です。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

  • 2016.05.21 14:05:03

    先日、514日・15日に開催された「第32回仙台・青葉まつり」に、私達親善大使3名も参加いたしました。

     

    曇りとの予報でしたが、両日とも綺麗な青空となり、とても良いお天気に恵まれました。

    そんな春の日差しが定禅寺通りの新緑からこぼれ、その様子はなんとも言えぬ風情がありました…☆*

     

    ≪514日 宵まつり

    開催式に参加し、皆様の前で、自己紹介と抱負を述べさせていただきました。

    私の「皆様、こんにちは!」という言葉にご来場の皆様が「こんにちはー!」と返して下さり、とても嬉しく思いました。

    子すずめ踊りでは、小さい体を大きく動かし、元気いっぱいの可愛いすずめ踊りを拝見することができました。

    また、聖ウルスラ学院のブラスバンドの皆様による、「ブラバンすずめ」を拝見しました。通常のすずめ踊りのメロディーとはうってかわり、全くの別物かと思うほど、ブラバン特有の優雅さや迫力がありました。

     

    勾当台公園での杜の市では''伊達の美味いもん''がたくさんあり、私の大好きな笹かまぼこや牛タン焼きなどが売られていました!

    時間の都合上どちらも食べ損ねてしまったのですが、立ち込める美味しい匂いだけ味わいました(^^♪

    また、伊達縁も多くのお客様でとても賑わっており、迫力のある伊達演武を身近で拝見する事が出来ました。

     

    ≪515日 本まつり

    時代絵巻巡行パレードに参加し、仙台木遣りが響く中、東二番町通りから定禅寺通りまでを巡行しました。

     

    今年は、NHK大河ドラマ「真田丸」で大変注目を浴びている長野県の上田市から、真っ赤な甲冑に身を包んだ、「上田城甲冑隊」が仙台・青葉まつりに来てくださいました!

    私達親善大使と同じく時代絵巻巡行パレードに参加され、伊達武将隊とはまた違った雰囲気があり、格好良かったです(*^_^*)

     

    定禅寺通りでは、けやきの新緑が眩しいほど綺麗でした!

    そして、パレードの最中にはたくさんの方々からの暖かいご声援や拍手をいただきました、ありがとうございました!

     

    小さな頃から大好きなすずめ踊りのお囃子が聞こえる度に、身も心も弾み、知らぬ間にリズムに合わせてかすかに体を動かしてしまいました。

    この2日間を通し、またさらに仙台への愛が深まりました。それと同時に、知らぬ間に体がリズムに乗ってしまうほどのすずめ踊りをはじめ、たくさんの仙台の良さをもっとたくさんの方々に知っていただけるよう、精一杯PRしていきたいと改めて感じました。

     

    来年は、伊達政宗公 生誕450年ということで、今年の仙台・青葉まつり以上のパフォーマンスや盛り上がりを見ることができるかと思います!

     

    今回初めていらした方も、毎年いらしている方も、是非またこの、「仙台・青葉まつり」にお越し下さいませ!

▲ページトップへ