• 2016.09.10 03:09:36

    皆様こんにちは!

    2016 せんだい・杜の都親善大使の三條万梨子です!

    今回はいよいよ、最終日のお話でございます…☆彡.。

    <3日目>
    仙台七夕まつり最終日は、仙台駅構内にて、仙台七夕まつりのリーフレットをお配りいたしました。

    県外からいらした方も多く、リーフレットをお渡しすると「どこから行けばいいの?」「どこが1番凄いの?」などと聞いて下さり、お祭りに興味を持っていただくことができました(*^^*)

    その後おまつりひろばのステージにて、1日目・2日目に続き仙台七夕まつりの魅力を皆様にお伝えさせていただきました!

    雨や風に負けず、私達の思いは皆様に届きましたでしょうか??.。oO

    この日は雨が降ったり止んだりの繰り返しで、私達がステージでお話させていただいていた時も雨が降っていたのですが、そんな天候なのにも関わらず沢山の方が耳を傾け見て下さりとても嬉しく思いました。

    ステージ出演を終えた後、親善大使のお2人と別れ、私は三越前にて行われたフジテレビさんのみんなのニュース内のコーナー、「みんなのふるさと」の生中継に出演いたしました!

    東北六魂祭以来のテレビの生中継ということでとても緊張しましたが、私が皆様にお伝えしたかったことをきちんとお話することが出来ました☆

    皆様、見ていただけましたでしょうか??(o^^o)
    その後、こちらも1日目・2日目に続き、つなぎ横丁にて行われた「やりましょう盆踊り」に遅れて私も参加し、皆様と時間の許す限り宮城野盆踊りと七夕踊りを踊りました!

    今年の最終日は月曜日だったにも関わらずたくさんの方々に参加していただき、楽しみつつ踊ることができました(^o^)/* 

    そして、閉祭式に出席し、会場の皆様やステージ出演された皆様方と「たなばたさま」を合唱し、今年の仙台七夕まつりの幕を下ろしました...♪*゚

    仙台七夕まつりの3日間、たくさんの方に出会い、七夕に因んだ様々な歴史や思いを見て聞いて触れることが出来た事に感謝で胸がいっぱいです。

    お祭りなどに参加する度に申していますが、やはり今回も今までと同じように、より一層仙台を好きになった3日間でした! 

    また発見もたくさんありました。

    この3日間で私が感じた事をまだ仙台を知らない方々に、仙台の魅力の1つとして、これからもお伝えしていきたいと思いました。 

    3日間、皆様本当にありがとうございました!

    また来年も皆様のお越しを心よりお待ちしております!☆

  • 2016.09.10 02:09:37

    2016 せんだい・杜の都親善大使の三條 万梨子です!

    遅くなってしまいましたが、仙台七夕まつりの2日目のお話をさせていただきます!

    〈2日目〉
    1日目よりも強い日差しの中行われた「仙台七夕まつりバスツアー おりひめコース」に、私も随行しました!
     
    初めに向かったのは宮町商店街。
    鈴木繁雄様の面白さを交えながらの商店街の歴史のご説明をお聞きしました。
    宮町は仙台東照宮の門前町で、南北に約1.5kmの一本道で広がっている商店街です。そんなとても長い宮町商店街の通りには沢山の豪華な笹飾りがありました☆*:
     
    次に向かったのは、その宮町商店街の先にある仙台東照宮です。
    葛西大崎一揆の視察を終えた徳川家康公が帰途のおりにこの地で休息され、御祭神ゆかりの地として鎮座地に選ばれたそうです。そして、伊達家の守護神としてお祀りするために許可を徳川家光公に得、この仙台東照宮が造られました。その後伊達家の守護神として歴代藩主に崇敬されてきたそうです。
     
    東照宮の歴史などのご説明を受けた後、普段は閉められている神輿殿の扉を特別に開けていただき、神輿を特別にお見せいただきました。
    神輿殿には5年に一度行われる神輿渡御で使われる神輿が大切にしまわれており、重さはなんと1t以上もあるんだとか…( °_° )
    宮町商店街の皆様、仙台東照宮の皆様、ありがとうございました!
     
    続いて向かったのは、八幡町商店街。
    大崎八幡宮の境内を散策しました。
    とても華やかかつきらびやかな御社殿は、細かな彫刻も施され、圧倒されるほど素晴らしかったです!!
    散策中には皆様と一緒に短冊を書かせていただき、境内に置かれていた大きな笹に短冊を結びました( ¨̮ )
    散策後は参道を下り八幡町商店街を歩き七夕飾りを拝見しました。自分のお店の包装紙で紙衣を作っているお店もあり、個性を大事にされているように思いました。
     
    続いては長町商店街に向かいました。
    まずは長町商店街にあるふじや会館様にて、ツアーに参加された皆様と昼食を頂きました。
    昼食後は、長町駅前商店街、サンカトゥール商店街、長町一丁目商店街の順に、それぞれの商店街の方よりご説明を受けながら笹飾りを拝見しました(﹡ˆᴗˆ﹡)
    それぞれの商店街でテーマカラーや七つ飾りの大きさなど全てが異なっており、一つの大きな道路に沿ってある3つの商店街の移り変わりを見ることができとても楽しかったです!
    ふじや会館の皆様、長町駅前商店街の皆様、サンカトゥール商店街の皆様、長町一丁目商店街の皆様、ありがとうございました!
     
     
    最後に向かったのは、仙台朝市商店街。
    着くとすぐ聞き覚えのある音楽が聞こえ…
    近付いていくと、その音楽がすずめ踊りのお囃子だとわかると共に、どのお店の屋根からも下げらていた七つ飾りの合間をぬって、元気よく踊られてる方々がいらっしゃいました☆
    普通なら起こりえないすずめ踊りと七夕のコラボレーションを見て、改めて仙台に生まれてよかったと心の底から思いました!
     
     
    ツアーには県内だけでなく中部地方の方もいらっしゃいました。その方の「ずっと仙台七夕に来たくて」という言葉を聞きとても嬉しく思いました。それと同時に、同じ思いを抱いている方にも来ていただけるように、どこからでも来やすい環境作りも必要なのではと痛感いたしました。
     
    このバスツアーでは普段は知ること・見ること・聞くこと・触れることが出来ないことがたくさん経験できます!
    また、私が同乗させていただいた おりひめコース の他に、ひこぼしコース、天の川コースがございます。
    それぞれのコースで向かう場所も違うため、ぜひ、他の2人の親善大使のブログも覗いてみてはいかがでしょうか?(o^^o)
     
    そして、来年の仙台七夕まつりバスツアーへの皆様のご参加をお待ちしております♪
  • 2016.09.06 12:09:37

    皆さま、こんにちは。親善大使の堀米愛です。

    各地で猛威をふるっている台風ですが、皆さまのお住いの地域では影響や被害はありませんでしたでしょうか。

    さて、私はカラっと晴れた先日93日(土)に、台風にも負けず満開を迎えたひまわりたちを見てまいりました。

    こちらの亘理町「おおくま花畑」では、なんとお花摘みも自由!

    気に入ったひまわりを摘もうとしていると、ハサミを持ってきていた方に声をかけていただき、一緒になってひまわりを切ってくださいました。こんな交流ができるのも地元ならではですよね!

    実はこの場所、毎年5月にはクリムゾンクローバーの花が咲く場所でもあります。

    今から春も楽しみですね!

     

    こちらは亘理城?!と思いきや、亘理駅の駅舎です!

    粋ですよね!

    後方の天守閣風の建物は、悠里館といい、亘理町立図書館・郷土資料館になっています。

    資料館では、伊達政宗の右腕として活躍した伊達成実について知ることができるコーナーもあるそうです。

     

    そして亘理と言えば、宮城の郷土料理「はらこ飯」の発祥地!!

    一足先に宮城の秋を堪能してきました・・・!

    こちらの有名店「あら浜」は、東日本大震災の津波で全壊の被害を受けました。

    震災後、しばらく仙台市内で営業をしていましたが、先月10日、55カ月ぶりに荒浜の地で営業を再開したそうです。

    それを祝うかのように、たくさんの人で賑わっていました。

     

    こちらは、東日本大震災で被災した亘理町立荒浜中学校の新校舎です。

    ピロティ式と呼ばれる1階部分が柱だけのつくりで、津波にも強い構造となっています。

    震災から5年が経ち、東北各地では歩みを進め元の姿に戻ってきつつあります。

    しかし、夏草で覆われた住居跡が、震災を風化させてはならないことを物語っていました。

     

    場所を移して、はるか古墳時代より、「名取の御湯」と称され「日本三御湯」のひとつとして全国的にも知られてきた、秋保温泉郷へ。

    今週末開催される「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」のプレイベントとして、秋保・里センターにて開催されていた「秋保温泉 MUSIC BAR 2016」に行ってまいりました。

    当日限定の秋保オリジナルカクテルや足湯もあり、幅広い年代の方が雄大な自然の中で、生演奏を楽しんでいました。

    ゆったりとした時間を過ごしたあとは、大好きなさいちのおはぎをお土産に買い、秋保ヴィレッジ「アグリエの森」でジェラートをいただきました。

    どうやら芸術の秋と食欲の秋が同時にやってきたようです・・・☆

    今週末の2日間行われる、定禅寺ストリートジャズフェスティバルの今年のテーマは「音楽食堂」。

    芸術の秋も食欲の秋も味わいたい方はぜひ、910日(土)、11日(日)「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」に足をお運びくださいませ☆

  • 2016.08.26 11:08:02

    皆様こんにちは!

    2016 せんだい・杜の都親善大使の三條万梨子です。

    まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様体調を崩されてはいませんか??

     

    とても日が経ってしまいましたが、今月、6日、7日、8日の3日間開催されました仙台七夕まつりの振り返りを1日ずつさせていただきます☆

     
     
    〈1日目〉
    審査員の皆様とご一緒し、中心部・周辺部商店街の七夕飾りの審査に行きました。
    私は仙台北地区にあたる、根白石商店街、なかやま商店街、北仙台商店街、八幡町商店街の4つ商店街を周りました。
     
    根白石商店街では一家庭で一鉢の小竹に七夕飾りを飾り付け、家先の歩道沿いに鉢のまま置かれていました。家庭ごとに飾り一つ一つの色合いが違っており、大きさもよく目にする七夕飾りとは違って小さいため可愛らしさがありました(﹡ˆᴗˆ﹡)
     

     

    なかやま商店街では象徴ともいえるあの大きな坂に、バスや車の通りを考えた短めの吹流しが飾られていました。また、とある中華屋さんでは独眼竜が飾られており、独眼竜と呼ばれた伊達政宗公をイメージしたのでしょうか...。oO
     
     
     
     
     
    北仙台商店街の七夕飾りにはどこの商店街よりも多くの短冊が見られました。お願いごとが書かれた物もありましたが、書かれていないものもありました。きっと、願ってはいてもたくさんの人に見せはせず、自分の心の中だけでお願いをしようという乙女が多かったのかな?なんてこっそり思いました☆*:

     

    八幡町商店街では、色使い使われている素材感、デザインの全てが中心部商店街に負けないほどの豪華絢爛さがありました。大通りのため車通りが多く、車が通る度に起こる風に吹流しや折り鶴が舞い、笹の音が微かにサラサラと響く様はとても風情がありました*\(^o^)/*
     
     
     
     
    全ての商店街のそれぞれの伝統が形となっており、伝承する事の素晴らしさを感じられました。
    この夏行われたリオデジャネイロオリンピックをイメージした5色を生じた飾り。熊本の震災復興を願ってくまモンの形に作られた吹流しなどが多く見られました。
    仙台人の流行りものが好きなところや、助け合いを大事にする面が現れていたように思います( ˆoˆ )

     

  • 2016.08.16 19:08:39

    皆さま、こんにちは。親善大使の堀米愛です。

    朝晩の涼しい風に、秋の近づく気配を感じます。

    仙台は七夕が終わると秋が訪れると言われていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

    私は先日、まだまだ暑い徳島県にお邪魔してきました!

    阿波おどり本番前日の11日は「選抜阿波おどり大会前夜祭」を拝見させていただきました。

    流し踊りのイメージが強かった阿波おどりですが、ステージ用にアレンジした踊りで魅了されました。指先の動きひとつまで研ぎ澄まされた優雅で妖艶な女踊りは、女性の美しさをさらに際立たせるようでした。

    1かけ2かけ3かけて、しかけた踊りはやめられない♪ 5かけ6かけ7かけて、やっぱり踊りはやめられない」の囃し言葉がお気に入りです

    有名連の衣装の展示もあり、伊達の舞の皆さまとポーズをとってみました!

    そして12日には、徳島市長様、議長様、徳島新聞社様に表敬訪問をさせていただき、その後の歓迎式典では仙台のPRをさせていただきました。

    すずめ踊りの披露中に徳島市副市長様、議長様に扇子をお渡しすると、一緒にすずめ踊りを踊ってくださりました!

    議長様が「仙台すずめ踊りと阿波おどりは同じ二拍子のお囃子だから、リズムにのれるのよ!」とお話ししてくださり、阿波おどり親善大使の方との再会も果たすこともできました!

    松島基地から来たブルーインパルスの飛行を眺めながら開幕を待っていると、FM徳島の方に声をかけていただき、急遽ラジオの生放送に出演させていただくことに・・・!徳島市と仙台市の歴史や、仙台の魅力などお話しさせていただきました。

    徳島市内計6か所で、すずめ踊りの選抜メンバー「伊達の舞」の皆さまが躍動感あふれる演舞を披露し、こちらでも仙台のPRをさせていただきました。

    「毎年すずめ踊りも楽しみにして来てるんだよ!」、「4日前、仙台七夕まつりを見に行ったよ!」、「仙台は過ごしやすくて並木通りもきれいよね~」などと声をかけていただき、なんだかあったかい気持ちになりました。

    最後には、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆ならおどらにゃそんそん・・・」のお囃子の通り、観覧されていた皆さまが踊りの渦に飛び込み、踊り子もお客さまも一緒になっておどっていたのが印象的でした。

    今回は交流開始47年目に、仙台市親善訪問団総勢47名で徳島市に伺いました。

    この交流は、徳島市出身の仙台市議会委員の方が仲を取り持ち、昭和45年からはじまったそうです。

    どこにでもありそうなつながりが、このような長い交流に発展するとは感激ですよね。

    私個人的にもつながりのある徳島県。

    あたたかい人柄と山や川などの自然が、不思議とふるさと・仙台を思わせる素敵な土地でした。

    この交流が今後も末永く続くことを願っております。

▲ページトップへ