• 2016.03.13 08:03:20


    こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の中村かさねです。

    ここ数日の仙台は、春の足音が聞こえてくるような暖かさが続いていますね。
    皆様はいかがお過ごしでしょうか。

    ただいま、せんだい・杜の都親善大使選考運営委員会事務局では、「2016せんだい・杜の都親善大使」の3名を募集しています。

    新しいことに挑戦したくなるこの季節、ぜひ応募をご検討くださいませ(^_^)

    詳細については、せんだい・杜の都親善大使のHP、または地下鉄駅構内のラックに設置してある応募パンフレットに掲載しております。

    歴代の親善大使も、活動日誌を更新しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

    締め切りは、平成28年3月18日(金)です!




    私には、親善大使の活動をしてきた中で、ひとつ印象的な出来事があります。

    広島県にお仕事に行ったときのことです。
    1人の女性のお客様が、とても熱心に仙台のパンフレットを見てくださっていました。

    私にも、「仙台って素敵ね。」と声をかけてくださったことが嬉しくて、ぜひパンフレットにない魅力も知っていただきたいと思い、日常の中で感じている仙台の良さをお話ししました。

    祖母から教わった郷土料理のこと。
    独自の地形がもたらす、穏やかではっきりとした四季の変化。
    古き良き時代の産物と、日々進化を遂げる街並みが共存する景観。
    子どもの健やかな成長を支える街づくりをしていること。


    すると、そのお客様は、

    「実はね、今息子が仙台にいるの。そう、そんなにいい街なら、安心したわ。」

    そう仰ってくださいました。


    華やかな特技もなければ、観光名所や名物の全てを知っているというわけでもなかった私は、親善大使として何ができるのかと迷うこともありました。
    ところが、そのお客様に「仙台は日常にこそ魅力が詰まっている」と気が付かせていただき、それまで当たり前に過ごしてきた時間や環境に、新しい価値を見出すことができました。
    今では、それをお伝えすることが、私の役割のひとつだと思っています。


    私にできたことは、本当に小さなことだったかもしれません。
    しかしながら、お会いしたお客様が喜んでくださること、仙台に関心を持っていただけることに、非常にやり甲斐を感じていました。


    皆様の日常にも、思いがけない価値が眠っているかもしれません。
    特技や個性が、様々なカタチで活かされるかもしれません。

    ぜひ、“貴方らしい方法で”、仙台の魅力をお伝えしてみてはいかがでしょうか。

    きっと、仙台への愛がますます深まることと思います。
    そしてそれは、これからの貴方の仙台での暮らしを、より豊かなものにしてくれると思いますよ。

    たくさんの方のご応募、お待ちしております!


    2015せんだい・杜の都親善大使
    中村かさね

     

  • 2016.03.08 22:03:13

    みなさん、こんにちは!2015
    せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

    3月1日「春の火災予防運動日」にて、私たち親善大使3名が一日消防局長に任命していただき、市民の皆様に火災予防を呼び掛けをいたしました。

     

    当日は、名掛丁商店街から仙台フォーラス前まで、仙台市消防局の皆さんとパレードを行い、音楽とフラッグのパフォーマンスを道行く皆さんの目に止めていただけたかと思います。

     

    平成27年における仙台市内の火災原因の第一位は放火です。
    放火対策として、家の周りに燃えやすいものを置かないことやゴミは収集日の朝に出すことがあげられます。
    どれもちょっとした心がけでできることですので、放火対策をしていきましょう(^^)♪

    そして、火災が発生した際や救護を必要とする際の119番通報では必ず場所をお伝えください。緊急事態で気が動転してしまうかと思いますが、落ち着いて場所と状況を伝えていただければ毎日訓練をされている消防隊員、救急隊員の方々がすぐに駆けつけてくれます!

    3月11日が近づき、東日本大震災を思い出します。自然災害はいつ発生するか検討がつきませんが、火災は心がけ次第で食い止められるものですので、防災意識をもって生活していきたいと思います。

  • 2016.03.08 16:03:01
    皆さま、こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の木村有希です。
     

    ここ数日は暖かい日も増え、春の訪れを感じます♩

    来週は、雪が降る日もあるようなので油断はできませんね!

    皆さまも急な温度変化で体調を崩されませんよう、お気をつけください。

     
    さて、現在「2016せんだい・杜の都親善大使」として活動してくださる方3名を募集しております!
     

    本日は、「親善大使に興味を持っているけど、まだ迷っています...」という方からよくいただく質問についてお答えしたいと思います(*^^*)


    Q.人前で話すことが苦手でも大丈夫ですか?
    A.大丈夫です!
    私も初めはとても緊張していましたが、人前でお話をする機会が増えるにつれてだんだんと楽しむことができるようになりました♩
    また、親善大使の研修会では、発声の仕方や立ち居振る舞いまで丁寧に教えていただけますよ(^^)

    Q.学校と両立できるか不安です...
    A.ご安心ください。
    私も大学生ですが、計画性を持って続ければアルバイトやサークル活動をしながらでも親善大使の活動をすることができました(^^)
    歴代の親善大使には、お仕事をされている方もいらっしゃいました!
     
    Q.仙台のPRって、実際にどんなことをするの?
    A.「仙台七夕まつり」を始めとする仙台の四季折々のイベントに参加し、お祭りの歴史や見どころをご紹介しました。
    お話をする場は、ステージ、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、パレードなど様々です!
    PR活動では、全国各地に足を運ぶことも。私は、秋田県、東京都、神奈川県、名古屋県、香川県に行かせていただきました。
    また、表彰式のアテンダントの仕事では、受賞される方のご様子を見て、感動を共有することができました。
     
    Q.親善大使をやっていて良かったですか?
    A.もちろんです(^^)
    宮城県そして全国各地の方々との素敵な出会いがありました。
    また、親善大使の3人では「仙台うみの杜水族館」に出かけたり、仙台名物「牛タン」を食べに行ったり、グループメールで仙台に新しくできたお店の情報を交換しあったりしているうちに、地元の魅力を再発見することができました。
     

    これから応募をされる方の不安を少しでも軽くできていたら幸いです(^^)

    応募の締め切りは3月18日(金)までです。
    皆さまからのご応募をお待ちしております!
     
    もうすでにご応募下さった方、ありがとうございます!

    「せんだい・杜の都親善大使」に選ばれますと、たくさんの貴重な体験ができますので、期待を膨らませて待っていてください...☆

    4月9日の選考会でお会いできることを楽しみにしております(*^^*)

     

  • 2016.03.03 22:03:22

    皆さま、こんにちは!

    2015せんだい・杜の都親善大使の木村有希です。
     
    私たち親善大使は、3月1日に行われました「春の火災予防運動」に「1日消防局長」として参加いたしました。
     

    仙台市消防局の局長室にて私達、親善大使3名が「1日消防局長」として任命をしていただき、 消防局長から火災の原因や防火についてのお話をしていただきました。

     
    春先は、風や乾燥などの様々な要因から、火災が1番多い時期で、火災の原因で1番多いものは「放火」だそうです。仙台市は他の地域に比べ放火が少ないそうですが、外に燃えやすいものは置かないなどの工夫が必要ですね。
     
    その後、名掛丁商店街から仙台フォーラスのコースにて、仙台市消防局音楽隊の皆さんの軽快なファンファーレより防火パレードがスタート!
    カラーガード隊グリーンジュエルズSENDAIの皆さんがパレードに華を添えてくださいました。
     
    私たち親善大使は、市民の皆さまに火災予防運動の周知と、住宅防火、放火防止の啓発についてお呼びかけしました。
    当日は、雪の中たくさんの方が「防火」について耳を傾けていただき、そして防火を呼びかけるパンフレットをお配りさせて頂きました。
     
    なお仙台市では、寝室、台所、寝室が二階にある場合には階段へ「住宅用火災警報機」を設置することが義務付けられておりますので、ご自宅をよくご確認くださいね!
    「春の火災予防運動」を通して命を守るためにも、日頃から防火についての意識を高めておくことが大切だと感じました。
  • 2016.03.03 21:03:29



    皆さまこんにちは。
    2015せんだい・杜の都親善大使の中村かさねです。

    3月になり、卒業シーズンに突入しましたね。
    私たち2015年度の親善大使も、卒業まであと2ヶ月となりました。

    たくさんのイベントに参加し、素敵な出会いがあったこと、どうしたらもっと魅力をお伝えできるのかと頭を捻らせたこと、よく親善大使3人で仙台の勉強に出かけたこと…


    これまでの出来事を思い出すほど、卒業が大変寂しく思われますが、残りの時間も一生懸命に務めて参ります!よろしくお願い致します!

     


    さて、3月1日は、仙台市消防局による「春の火災予防運動の日」のイベントに、1日消防局長として参加して参りました。


    実は一年間の中で最も火災発生件数が多い季節は、春なんだそうです。
    市民の皆様に、身の回りの火の元や、火災対策について確認していただきたいという思い出で、名掛丁商店街などをパレードしながら、呼びかけをしてまいりました。


    2015年に仙台市内では294件の火災が発生しいます。

    そのうちの63件が放火などの疑いで、36年連続で最も多かったそうです。
    家の周りに燃えやすいものを置かない、夜間のゴミ出しはしないなど、放火をさせない環境づくりをしていくことが大切ですね。

    しかしながら、仙台市は全国的に見て、放火の割合が少ない都市なんだそうです!
    消防局の方も「そういった意味ではかなり平和な街だと思いますよ。」とお話ししてくださいました。


    その一方で、たばこの不始末やガスコンロからの出火の割合が多いことも事実だそうです。

    火の消し忘れが無いか、きちんと確認することと、万が一の時のために、消化器や火災報知器の設置・管理をぜひ行ってくださいね☆

     


    この春の火災予防運動が、火災で悲しい思いをする方を1人でも少なくなるためのきっかけになってほしいと、私は切に願っています。
    そしていつか、仙台を火災のない街にしたいと強く思いました。


    そのためにも、まずは自分の身の回りをきちんと確認していくことから始めようと思います。


    皆様もぜひ、火の扱いや火災対策を見直しながら、安全で楽しい春をお過ごしくださいね。

▲ページトップへ