• 2015.08.10 16:08:59

     

    エンディングのステージの後、商店街の七夕飾りを見上げていると、涼しい風が首すじを撫で、早くも秋の気配を感じておりました。

    仙台七夕まつり、終わっちゃったな…あぁ、楽しかったな…」

     
    寂しいような、ホッとしたような。でも思い返せば思わず笑顔になるような出来事ばかりの三日間。
     
    仙台七夕まつりは、今年も大盛況の中、幕を閉じました。
    全国から大勢のお客様にお越しいただき、私自身も、たくさんの出会いがありました。
     
    本日は、仙台七夕まつりの思い出を、出逢った方々の言葉と共に振り返ります。
     
    初日の8月6日は、七夕飾りの審査へ随行。
     
     
    長年仙台を見つめていらした審査員の皆様や、商店街の案内役の皆様の解説をいただきながらの飾りの見物。
     
    美しい飾りに隠された苦労話も伺うこともでき、七夕飾りに重みを感じた貴重な時間となりました。
     
     
     
    商店街の皆様との交流も素敵な思い出。
     
    「毎年うちの母ちゃんがデザインしてな、俺たちが作ってんだよ!きれいだべ?」
     
    「こいづは夜なべして作ったんだがらね〜!」
     
    少し誇らしげに話す様子から、皆様の仙台七夕まつりへの愛を感じました。
     
     
     
     8月7日のバスツアーも貴重な体験でした。
     
    一度にあんなに、周辺部商店街の飾りを見たのは実は私も初めて。
     
     
    「長年仙台に住んでたけど、この辺りは初めてだわ〜」
    「来年もバスツアーしてね、また来るから!」
     
    お客様に喜んでいただけたことが、何より嬉しいこと。
     
    「暑いのに元気に案内してくれてありがとう。とっても楽しかったよ。」
     
    そんなありがたい言葉をかけていただきましたが、私は暑さも忘れるくらい夢中になっておりました。  
     
     
    最終日の8月8日は、仙台駅でうちわをお配りしておりました。
      
     
    これからお祭りへ行くというお客様もいれば、今日家に帰るというお客様も。
     
    「よかったよ、仙台。」
     
    この一言がこんなにも胸を熱くするなんて。
    親善大使を務めたことで分かった、なんとも言えないあたたかい気持ちです。
     
     
    こみ上げるものもありましたが、最後は「やりましょう盆踊り」で賑やかに締めくくることができました。
     
    どんどん輪が大きくなって、二重、三重になっていくのが嬉しくて。 
     
     
     
     「あんたがあんまり楽しそうに踊るから」
     
    と飛び入り参加してくれた男性のお客様。
     
    照れくさそうに近寄ってきてくれた子供たち。
     
    お客様の笑顔は、この先もずっと忘れられない宝物です。
     
     
     
     
     
     
    長い冬を越えた分、盛大に盛り上がる東北の夏祭り。
    そんな季節の移り変わりがあるからこそ、仙台七夕まつりは輝くのだと思います。
     
     
     
    もちろん、仙台のお祭りは、仙台七夕まつりだけではありません。
     
    山の木々が色づき始める頃には、「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が、雪の舞う頃には「SENDAI光のページェント」がございます。
     
    季節ごとに様々な表情を見せてくれるこの街に、またぜひお越しくださいませ。
    その時はまた、親善大使一同、精いっぱいのおもてなしをさせていただきたいと思います。
     
    皆様にお会いできる日を、今から楽しみにしておりますね。 
     
     
  • 2015.08.10 11:08:55

    皆様、こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の木村有希です。

    「仙台七夕まつり」最終日は、6日、7日と打って変わり、風が涼やかな過ごしやすい1日となりました。

    私たち親善大使は、朝から浴衣に着て、おまつり広場のステージへ。
    ステージから見ても、浴衣を着ている方がたくさんいらっしゃいました♪

    その後、仙台駅前にて「仙台七夕まつり」のリーフレットと内輪をお配りしました。

     


    中には「仙台市民だから毎年来てますよー!」や「神戸から来たのよ~」と言っていた方も!
    改めて「仙台七夕まつり」が地元の方にも、全国の方にも愛されているお祭りなのだと感じました。

    そして夕方からは、仙台七夕まつり最後のステージに立ち、PRをさせていただきました!

    また、仙台七夕おまつり広場には、私たちせんだい・杜の都親善大使が書いた願い短冊も飾られていました(^^)


    仙台七夕まつりに来てくださった皆様の願い事が叶うよう、お祈りしております...☆

    夕方からは、昨日に引き続き、つなぎ横丁にて「七夕踊り」と「相馬音頭」を踊りました♪
    仙台七夕まつり最終日ともあり、昨日よりも多くの方々が参加してくださいました!

    最初は恥ずかしそうにしていた子供たちも「一緒に踊りましょう!」と声をかけると、輪の中に入ってきてくれました(*^^*)
    また、「最近、青森から引っ越して来ました!これから仙台市民です!」と言ってくださった方も。
    「七夕踊り」を踊れば、すっかり仙台市民ですね!
    盆踊りを通してたくさんの方々とお話をすることができました。


    そして、ついに仙台七夕まつりのフィナーレの時が。。
    夜遅くまで多くのお客様がフィナーレのテージを見てくださいました!

    せんだい・杜の都親善大使の活動通して、今までに気づくことのできなかった「仙台七夕まつり」の魅力を発見することができました。

    ☆地域の方々が協力して作った周辺部商店街の昔ながらの素朴な笹飾り。
    ☆全国の方々の気持ちがこもった復興支援の笹飾り。
    ☆毎年多くの方楽しませてくれる中心部商店街の豪華絢爛な笹飾り。
    どの笹飾りも仙台を盛り上げようと様々に工夫が凝らされていて、魅力的ですよね!


    「仙台七夕まつり」に関わる全ての皆様、本当にありがとうございました!!

  • 2015.08.08 17:08:30

     

    本日は、中村観光、“仙台七夕まつり2日目振り返りツアー”にご参加いただきまして、誠にありがとうございます(^-^)/

    本日ガイドを務めますのは、せんだい・杜の都親善大使の中村かさねでございます。

    仙台七夕まつりは大盛況の中、2日目が終了いたしましたね☆
    昨日も、「仙台七夕バスツアー」や「やりましょう盆踊り」など、たくさんのイベントに参加してまいりました!

    本日はそんな8月7日の様子を、“仙台七夕まつり 2日目振り返りツアー”と題してお楽しみいただければと思います♪

    お客様にはまず、「仙台七夕バスツアー 天の川コース」にご乗車いただきます。
    このバスは、連坊小路、荒町、長町、仙台朝市の笹飾りを見て回ります!
    最初に向かいます連坊小路は、私の母校の仙台一高があり、高校時代の通学路でございました。毎朝商店街の方と挨拶を交わしたり、寄り道したりと、あたたかい思い出のある場所です。


    さて、そんな話をしているうちに、連坊小路に到着いたしました!

    あまり大きな費用をかけずに、アイディアや細かな工夫で、通る人の目を楽しませるのが、連坊小路の笹飾りの特徴でございます。商店街の和やかな雰囲気が、飾りにそのまま表れているようです。

    周りのお客様からも、「風情があるわね〜」という声が上がっていますね(*^^*)

     

    続いてご案内するのは、荒町商店街
    以前は、大きな笹飾りがひしめいておりましたが、急な雨の際に、お商売の関係上すぐに取り込めないなどの理由で、小規模化されました。

    しかし、それがかえって多くの商店が笹飾りを作りやすくしたそうで、飾りを作る人の数が増えたそうです!

    また、竹は松島の竹を使っているとのこと。高齢化によって、手入れの難しくなった竹林の竹を使うことで、地域の活性化にも貢献しております。

     

    さて、お次は長町商店街へ参りましょう!
    正面に見えますのは、年度の個人賞金賞を受賞した作品。


     

    商店街のお母さんは、「明日が終わったら、また来年のデザイン考えなきゃ〜!」と、次回作に向けての意欲を語ってくれました(*^^*)

     

    バスツアーの締めくくりは、仙台朝市でございます。
    戦後、人々が食べ物を持ち寄って仙台市内に集まって来たのが、この市場の誕生のきっかけになったと言われております。華やかな街の中にある、歴史の深い場所です。

    当たり前のように食べ物が手に入る時代ですが、ここを歩くと平和への願いが一層強くなりますね。
    実は夕方まで賑わっている仙台朝市で、ゆっくりお買い物をお楽しみください!

     

    仙台商工会議所の前にて、バスツアーは終了です。

     

    さて、お次は「仙台七夕おまつり広場」にご案内します。

    私たちはステージで、仙台七夕まつりのPRをしてまいりますね!

     

    さあ、少し涼しくなったところで、「やりましょう盆踊り」に参加しますよ!
    私も、櫓の上で踊ります☆

    山元町の皆様も駆けつけてくださいましたよ♪

    ここで、パワフルなお母様方と記念撮影を致しましょう!

    ガイドはお母様方とすぐに仲良くなってしまい、ちゃっかり手をつないでおります(*^^*)

     

    しなやかで美しい踊りを披露してくれる皆様。しかし、東日本大震災で大きな被害を受けた山元町、踊り手の方にも未だ仮設住宅で暮らす方がいらっしゃるそうです。
    小さな集会所を借りて、盆踊りを練習をしているとのこと。たくさんの人と踊れるのが楽しい!とおっしゃっておりました(^^)

    踊ったことのない皆様も、さあさあ、輪の中にお入りください♪

     

    さて、宴もたけなわではございますが、夜の笹飾りを眺めながら帰るといたしましょう。

     

    昼間よりは少し混雑も落ち着く夜は、ゆっくりと飾りを手に取りながらご覧いただけますよ。

     

    “仙台七夕まつり 2日目振り返りツアー”、いかがでしたでしょうか。

    不束なガイドではございましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

    中村観光の、またのご利用、お待ちしております!

    ブログでの振り返りツアーはここで終了ですが、仙台七夕まつりはまだまだ続きますよ♪

  • 2015.08.08 16:08:30

    皆様、こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の木村有希です。

    8月7日の「仙台七夕まつり」も、初日に引き続きお天気に恵まれましたね☀︎
    私たち親善大使は、「ひこぼしコース」「天の川コース」「おりひめコース」に分かれ、仙台七夕まつりのバスツアーに参加しました。
    私は、「おりひめコース」に搭乗し、「仙台朝市商店街」「北仙台商店街」「根白石商店街」「なかやま商店街」「八幡商店街」の七夕飾りを見て参りました♪

    「仙台朝市商店街」
    仙台朝市商店街の賑やかな雰囲気に、七夕飾りがますますの彩りを加えていました!
    仙台空襲の後には、女性たちが大きな籠を背負ってこの場所を訪れ、それを「しょい籠」と言ったそうです。
    「しょう」と言うのは、宮城の方言で「背負う」という意味なんですよ(^^)

    「根白石商店街」

    こちらが、根白石商店街の中で金賞を受賞した七夕飾り。
    今年の7月1日にオープンした「仙台うみの杜水族館」をモチーフにしたそうです。

    根白石商店街の皆さんはバスツアーのお客様に、スイカやお漬物などを振るまってくださいました!

    中でも、自家製のお味噌につけていただいた朝取れたてのキュウリは格別!
    歓迎の太鼓演奏も大迫力でした!
    たくさんの「おもてなし」をしていただいて、心が温かくなりました。

    「なかやま商店街」

    この日のために、なかやま商店街のゆるキャラ「ナカヤマン」と「ブラックヤカン」も駆けつけてくれました!
    こちらのキャラクターは、なかやま商店街の小学生が考えてくれたそうですよ(^^)

    そして、中山の歴史を紹介した紙芝居や、沖縄舞踊も披露していただきました♪

    「八幡商店街」

    「大崎八幡宮」の御社殿の前には、たくさんの願い短冊が。
    「大崎八幡宮」では、8月8日に「七夕祈願祭」が行われます。

    バスツアーに参加されたお客様には、ツアーの最後に「来て良かったね!」や「来年も参加します!」などと言っていただき、とても嬉しかったです。

    その後、ステージにて「仙台七夕まつり」のPRをさせていただきました。
    この制服での3人のステージは、最後ということで、寂しい気持ちもありましたが、笑顔でステージへ(*^^*)

    夕方からは、つなぎ横丁のやぐらの上で「七夕踊り」を踊りました!

    そして、皆さんで輪になって、「花釜音頭」を踊りました。
    「花釜音頭」には、亘理町のいちごを摘む可愛らしい振りがあります♪

    子供から大人まで、たくさんの方に参加していただきました!


    「仙台七夕まつり」2日目。バスツアーや盆踊りを通して、仙台・宮城の皆さんの「繋がり」を感じる1日となりました(^_^)☆

  • 2015.08.07 09:08:36

    皆様、こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の木村有希です。

    皆様、5日に行われました「仙台七夕花火祭」には行かれましたか?
    私も親善大使の村上さんと見に行きました(^^)


    そして、待ちに待った「仙台七夕まつり」がいよいよ昨日より開催しています☆
    35.7度と猛暑の中、会場にはたくさんの方がお越しくださいました!

    午前中に行われたのが「七夕審査会」。
    私は、「なかやま商店街」「八幡町商店会」「北仙台商店会」「根白石商店会」の七夕飾りを拝見しました。

    「なかやま商店街」


    「なかやま商店街」の七夕飾りは、笹竹が道路に向かってアーチ状に伸びていて、とても綺麗でした。
    こちらの笹竹は、中山中学校のみなさんが、なんと、朝5時に集まって切ってくれたそうです!
    男の子が中心になって竹を切り、女の子はお茶を振る舞うなど、様々な面でサポートしてくれたそうですよ(*^^*)

    「八幡町商店会」


    こちらは「八幡町商店会」の中で、金賞を受賞した七夕飾り。
    病院の看護師の方々が中心に飾りを作ってくださったそうです。
    さすが看護師の方々!とても繊細で丁寧に作られていますよね(^^)
    また、患者さんたちにも願い短冊を書いていただいたそうです。
    皆様の願いが叶いますように...☆

    「北仙台商店会」


    「北仙台商店会」の皆さんは、久しぶりに七夕審査会に参加してくださいました!
    中には、こんなに可愛らしいキャラクターの飾り物も。
    通り過ぎる子供達も「あ!はなかっぱだ~!」と大変盛り上がっておりました♪

    「根白石商店会」



    「根白石商店会」の七夕飾りは、この植木鉢に飾ることが決まりになっているそうです。
    小ぶりで可愛らしい七夕飾りには、一つ一つ細かい工夫が凝らされています。
    中には、丁寧に「七つ飾り」の説明をしている物もありました。




    ふと説明書きの下を見ると、「ご自由にどうぞ」という文字が...

    七夕飾り作りで余った和紙をしおりにしているそうです!
    私も一枚いただきました♪



    その小さな心配りに、まるで七夕飾りの「おもてなし」を受けているようでした(*^_^*)

    そして、根白石商店会は七夕審査会にて見事、「金賞」を受賞されました!
    おめでとうございます☆

    周辺部商店街では、「町内会」「子供会」「老人会」の皆さんが力を合わせて七夕飾りを作っているそうです。
    子供から大人まで協力をして七夕まつりを盛り上げている姿は、とても素敵だなと思いました。
    これが本来の「仙台七夕まつり」の姿なのではないでしょうか?(^^)

    そして、夕方からは勾当台公園市民広場を会場にした「仙台七夕おまつり広場」のステージにて、改めて「仙台七夕まつり」の魅力をPRさせていただきました!



    そして夜にはハート型アーチがライトアップされ、定禅寺通りがロマンチックな雰囲気に...☆



    今年の「仙台七夕まつり」は、戦後復活70回を記念して、例年以上にますますの盛り上がりをみせています!
    是非この機会にご来場くださいませ(^o^)

▲ページトップへ