• 2015.10.08 01:10:30

    皆さんこんにちは!2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

    宮城県では牡蠣の水揚げが始まりましたが、私は10月2日(金)~4日(日)にかけて牡蠣の水揚げ量日本一の広島県で「仙台・宮城の魅力」をPRしてきました♪

    10月2日は広島県庁と中国新聞社に行かせて頂きました。その際に、中国新聞社で取材していただいた様子は3日の朝刊に掲載された他、中国新聞のホームページに動画としてアップしていただきました(^^)

    10月3日と4日は、旧広島市民球場跡地で開催された「中国新聞ちゅーピーまつり2015」に参加しました!


    宮城・仙台観光物産ブースでは、広島の皆さまに宮城へ興味を持っていただけるように観光パンフレットや飛行機のご案内や、仙台銘菓萩の月やずんだを用いたグルメ、宮城県のゆるキャラむすび丸のグッズを販売しました(〃⌒ー⌒〃)ゞ

    またステージでは、広島から宮城へのアクセス方法や観光地をご紹介しました!

    広島空港から仙台空港までは飛行機で1時間半で到着し、仙台空港から市内中心部までは仙台空港アクセス線の利用で25分で到着するということをお伝えしたところ、仙台を身近に感じていただけました♪ヽ(´▽`)/

    実はその他にも、仙台・宮城と広島を身近に感じるポイントがいくつかあります☆

    ☆牡蠣が名産品
    牡蠣の水揚げ量日本一位は広島県、次いで二位は宮城県!
    今回のキャンペーンで何度か広島産の牡蠣をいただいたのですが、広島産の牡蠣は身が大きくプリっとした食感でした。
    今から牡蠣の季節になりますので、広島と宮城の牡蠣を食べ比べる旅はいかがでしょうか(^^)?

    ☆日本三景
    広島には宮島が、宮城には松島がございます。宮島へは、レトロな雰囲気の路面電車でのアクセスの他にも、原爆ドーム前から川をクルージングして行くこともできます。


    松島では湾内に浮かぶ260余りの島々をクルージングで巡ることもできますので、日本三景を見比べる旅もいいですね!

    ☆プロ野球
    広島はセ・リーグの広島カープの本拠地、宮城はパ・リーグの東北楽天イーグルスの本拠地となっています!
    ぜひ来年以降のセ・パ交流戦で広島へ、宮城へと応援をしに行ってみませんか?
     

    現在、仙台空港では『Sky Journey 仙台・宮城キャンペーン』http://skyjourney-miyagi.jp/を実施しています。
    12月19日までの期間中に、広島(福岡、中部国際)空港発-仙台空港線を往復搭乗しキャンペーンにご応募頂いた方のなかから抽選で宮城の名産品や往復航空券をプレゼントしています!

    ぜひ、飛行機で「仙台・宮城」に遊びに来てくださいね(*^^*)

  • 2015.10.05 09:10:33
    皆さま、こんにちは!
    2015・せんだい杜の都親善大使の木村有希です。

    10月に入り、お芋や栗、かぼちゃが美味しい季節になりましたね!
    そして何と言っても、秋と言えば紅葉。
    皆さまには、お気に入りの紅葉スポットはありますか?
    私は友人と秋保の紅葉を見に行く計画を立てておりました♪

    さて、私は先日、仙台塩釜港にて行われた「飛鳥Ⅱ 寄港歓迎セレモニー」に参加して参りました。
     
     
    日本最大のクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」は、間近で見ると大迫力!
    船内はなんと、10階まであります。
    最上階のバルコニーでは、塩釜港から仙台の中心部も見渡せるそうですよ!
    いつか私も「飛鳥Ⅱ」に乗って旅がしたいと思いました。
     
    「飛鳥Ⅱ」は朝6時に仙台塩釜港に到着し、お客様には、仙台城跡観光や三井アウトレットモールでのお買い物を楽しんでいただきました。
    多くの皆さんが、仙台名物の牛タンや萩の月の袋をお持ちになっていました(^-^)

    セレモニーでは、多摩信用金庫理事長の八木敏郎様、飛鳥Ⅱ船長の小久江尚様に花束をお渡ししました。
     
     
    船長は「伊達政宗公の兜を摸した防波堤灯台がきれいでした。」とおっしゃっていました。
    仙台塩釜港仙台港区の入り口に位置し、伊達政宗候 の兜を摸した三日月の前立をデザインした仙台南防波堤灯台は、震災により崩壊してしまいましたが、新たな三日月が付けられ、仙台港のシンボルとなっております。
    震災から4年7ヶ月が経過し、全国の皆さまに元気になった宮城をお見せできることを嬉しく思います。
    しかし現在も、仮説住宅に住んでいる方が6万8千人いらっしゃいます。
    今回飛鳥Ⅱにご乗船されたお客様が次に宮城にお越しになる際には、更に復興が進んだ姿をお見せできるよう、頑張ります。
     
    そして、セレモニーでは伊達武将隊の皆さんの演舞も。
    飛鳥Ⅱにご乗船のお客様も大変盛り上がっておりました!
     
    最後には皆さんと一緒に写真撮影をしました。
     
     
    両サイドにいるのは、多摩信用金庫のオリジナルキャラクターRISURU(リスル)とHAPIRU(ハピル)です♪
    ゆるキャラといえば、ゆるキャラグランプリ2015の投票が始まっております!
    私も、宮城のあのキャラクターに投票いたしました∩^ω^∩
    投票終了は、11月16日(月)です。
    スマートフォンからも投票できますので、皆さまも、お気に入りのキャラクターに投票してみてくださいね!
     

    そして、横浜港へ旅立つ飛鳥Ⅱをお見送り。
    ライトアップされた船と夕焼けがとても綺麗でした。
     
     

     

  • 2015.09.28 15:09:29

    みなさん、こんにちは。2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

    外を歩いていると金木犀の香りが漂っていて秋の訪れを感じます(*^^*)
    9月26日は一番町四丁目商店街で行われた交通安全わいわい広場に参加いたしました。

    オープニングセレモニーでは、自転車利用マナーアップ大使の仙台クリアーズさんとテープカットをしました(^^)

    お子様たちが目を輝かせながら、白バイやパトカーと写真を撮っていたので私もパシャリ☆

    交通安全○Xクイズでは、出題者として皆さんと交通ルールを確認できました!

    今年の6月1日に道路交通法が改正され、危険な運転を繰り返す自転車運転者には安全講習が義務づけられました。
    今一度、交通ルールを確認し安全運転を心掛けましょう♪

  • 2015.09.26 21:09:30

     

     

    暑さ寒さも彼岸までと申しますが、過ごしやすくなって参りましたね。
    彼岸花も、澄んだ空の下で気持ちよさそうに咲いておりました。
     
    改めまして、こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の中村かさねです。
     
    シルバーウィークはお天気に恵まれましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
     
    私の家では、お彼岸に祖父母の家に行くのが毎年の恒例なのですが、親戚が集まると必ず作る料理が「おくずかけ」。
     
    おくずかけとは、精進料理のひとつで、仙台・宮城の郷土料理なんですよ!
     
    祖母が作る大好きな味を、私も覚えたいと思い、ここ何年かは自分で作るようになりました。
     
    もちろん、今年もおくずかけを作りましたので、今日は祖母に教えてもらったそのレシピを紹介します!
     
    ☆材料☆  5人前
     
    〈具材〉
    ・にんじん 1本          ・ごぼう  10センチくらい  
    ・さつまいも 1/4本   ・いんげん  4本    
    ・しいたけ 4個          ・油揚げ 小揚げ1、2枚
    ・高野豆腐 6センチ四方くらい 1枚
    ・豆ふ                        ・白石温麺 1/2束
     
    お野菜は、その時によって好きなものを入れてください!
    じゃがいもや里芋、ナスやミョウガを入れても美味しいです☆
     
    〈調味料〉
    ・めんつゆ 大さじ1   ・酒 大さじ1      ・塩 小さじ1
    ・塩麹 小さじ1          ・醤油 大さじ1  ・水 3カップ
    ・顆粒だし 小さじ1   ・しいたけの戻し汁 1/3カップ
    ・片栗粉 大さじ1
     
     
     
    ☆作り方☆
    1.にんじん、ごぼうをいちょう切りにします。
          さつまいもは、1センチ角くらいに切ります。
     
    2.しいたけは水で戻しておき、3ミリくらいの厚さに切ります。
     
    3.油あげは油抜きをして、食べやすい大きさに切ります。
          水で戻した高野豆腐も、油揚げと大きさを揃えて切ります。
     
    4.お鍋に水としいたけの戻し汁を入れ、根菜類を入れて煮ます。
     
    5.野菜が柔らかくなったら、調味料を入れます。
    少しずつ味見をしながら、味を整えてくださいね!
    醤油は入れすぎると、スープの色が悪くなってしまいますので、より味を引き締めたいという時は塩を入れるといいですよ♪
     
    6. 1センチくらいに切ったいんげんは、予めさっと茹でておき、食べる直前にお鍋に入れます。
     
    7.片栗粉でとろみをつけます!
    昔は葛粉を入れていたので、「おくずかけ」という名前なんですよ\(^o^)/
     
    8.そして欠かせないのが白石温麺。
          白石温麺は、宮城県白石市の名産品で、短い素麺のそうなものです。
          白石温麺がお手元にない時は、素麺でもいいですよ!
     
    茹でておいた白石温麺をお椀に入れて、おくずかけをよそったら完成です☆
     
     
     
    夏に冷たいものをたくさん食べたおなかにも優しく、心まで温まる一品。
    野菜たっぷりで栄養満点な上に、出汁の香りととろみのおかげで、するする食べられちゃうんです♪
    郷土料理と言えど、全国の方に気に入ってもらえる味だと思いますので、ぜひ、ご賞味あれ!
     
     
    ※ちなみに、写真のお箸は、「仙台堆朱」という宮城県の伝統工芸品です☆
     
     
    仙台生まれの祖母は、仙台の郷土料理をたくさん知っています。
    私はその味が大好きで、よく教えてもらっているんです。
     
    おくずかけは中学生の頃に教わって、何度も作っているのですが、なかなか祖母の味に近づけるのは難しい!
     
    なんて言ったって祖母の味付けは、長年の“経験”と“勘”でできているから。
    数字や言葉では表せない、我が家の味があるんですよね。
    ですから今回、レシピに起こすのも若干苦労したのはここだけのお話です(^^)
     
    基本はレシピの通りですが、お好みで味付けをして、ぜひ皆様のご家庭の味にしてくださいね!
     
    まだまだ修行は必要ですが、これからもおくずかけを作り続けて、私もいつか祖母の味が出せるようになりたいです。
    そして、愛すべき仙台の文化を、受け継いで行けたらと思っております。
     
    さて、今度はどんな郷土料理を作ろうかしら…。
     
  • 2015.09.14 18:09:36

     

    皆様こんにちは。
    せんだい・杜の都親善大使の中村かさねです。

    連日の報道でもご覧いただいておりますように、宮城県は先日の豪雨による洪水で、大きな被害を受けました。

    私の住む富谷町やそのお隣の大和町も、河川が氾濫し、見慣れた街の痛ましい光景には、胸を締め付けられる思いがいたします。

    現在、水は引き始めているものの、これからの復旧作業にはたくさんの労力と時間がかかりそうです。

    私も今は、ボランティア活動をしたり、大学では洪水の研究をしているので、少しでも復旧のお手伝いができればと思っております。
    宮城県をはじめ、茨城県やその他地域の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

     

    さて、本日になってようやく明るい日が差してきた仙台。
    久しぶりのお天気だった今朝、私は伊達武将隊の方々と仙台駅に行って参りました。
    なんと本日、仙台市内各所の観光スポットを巡回するバス「るーぷる仙台」が、乗車500万人目のお客様をお迎えしました!

     


    本日はそれを記念して、仙台駅バスプールにてセレモニーが行われました。

    その500万人目のお客様は、熊本市からお越しのご夫婦!

    お二人は驚きと喜びを隠しきれないといった表情で、周りのお客様の拍手に囲まれておりました。

    セレモニーでは、認定証と記念品をお渡しさせていただきました。

     

    ぜひこれからも、るーぷる仙台と共に、仙台の旅を楽しんでいただければと思います。

    500万人目のお客様、改めておめでとうございます!

     

    さて、ここで私から、本日乗車500万人を記念した「るーぷる仙台」が、どのようなコースを回るのか皆様に改めてご紹介させて頂きます。

    例えば、伊達武将隊の皆様がいらっしゃる「仙台城跡」。
    先日私は、仙台城跡で行われた伊達武将隊ナイトイベントに行って参りました。
    夕焼け空を背にした伊達武将隊の皆様の迫力ある演舞や、ライトアップされ益々威厳を増した政宗公騎馬像、その政宗公が見つめる先に広がる城下の夜景も楽しむことができます。 

     

    敷地内には青葉城資料展示館などもあり、仙台の歴史を学ぶにはぴったりの場所となっております。

    それから、先日9月12日、13日に「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が行われた「定禅寺通」もるーぷる仙台のルート。心地よいジャズを聴きながら、ゆったりとした時間を過ごせる、オトナな雰囲気のお祭りです。

     

    好きなグループの演奏をじっくり聴くも良し。市内に多数ある会場を巡りながら、お気に入りを探すも良し。外から聴こえる音楽と一緒に、お食事やお酒を楽しむも良し。貴方だけの楽しみ方を、ぜひ見つけてみてください!

    そして、そんな表情豊かな並木道を、るーぷる仙台の車窓からもお楽しみくださいませ。

     

    その他にも、るーぷる仙台は、大崎八幡宮や瑞鳳殿、仙台国際センターなどの名所を結んでおり、効率よくお得な旅ができるんです。

    仙台にお越しの際は、まずはこの「るーぷる仙台」に乗って、有名どころを回ってみてはいかがでしょうか?するともしかしたら、次の600万人目の主役はあなたかもしれませんよ♪

    皆様のご乗車、お待ちしております!

▲ページトップへ