• 2015.11.03 19:11:32

    皆さま、こんにちは!
    2015・仙台杜の都親善大使の木村有希です。

    私たち親善大使の3人は、11月1日にゼビオアリーナ仙台で行われました「2015 ITTF Women's World Cup Sendai」にて、表彰式のアテンドをさせていただきました。

    1996年より始まった「ITTF 女子ワールドカップ」は、ITTF(国際卓球連盟)主催大会のひとつで、世界チャンピオンや各大陸のチャンピオンなど、世界中から選りすぐりの女子トップ20名の選手が参加しています。
    オリンピック、政界選手権と並ぶ最上位の大会が、今年はここ仙台で開催されました!
    東日本大震災復興支援への想いが込められたこの仙台大会。
    大会ロゴには、「WISH」(復興への願い)や「WILL」(復興や勝利への意志)などのコンセプトがあるそうです。


    大会ポスターには、日本女子卓球界を代表する福原愛選手、石川佳純選手の挑む姿が描かれ「すべての人がポジティブに、前に進んで行く姿」を表現しています。


    大会当日は、私たちも、会場にいらしたお客様と一緒に選手を応援いたしました。

    試合直前の静かな会場からは、選手たちの緊張感が伝わってくるよう...
    しかし、いざ試合が始まると、先ほどの緊張を感じさせない熱い戦いが繰り広げられました!!
    ボールが速くて見えなくなる程のハイレベルな戦いに思わず息を飲んでしまいました...

    また、石川佳純選手の試合では、「頑張れー!」「1本集中!」などのエールが飛び交い、会場がひとつになって応援。

    表彰式では、試合のときの真剣な表情とは打って変わり、選手の安心した表情や、喜びの笑顔を拝見することができました(*^^*)
    受賞された選手の皆さん、本当におめでとうございます!


    日本代表石川佳純選手は、見事銀メダルを獲得!
    同世代の方が、世界で活躍されている姿に私も勇気をもらいました。

    そして、表彰式の最後には、選手を代表して仙台市青葉区出身の福原愛選手からメッセージをいただきました。とても謙虚で、前向きな姿勢にスポーツ選手の真髄を見ました。

    また、11月1日は福原選手の誕生日ということで、バースデーサプライズも♪
    福原選手、お誕生日おめでとうございました☆
    オリンピックでの活躍も楽しみにしています!

    選手の皆さんが果敢に挑んでいる姿を見て、復興へと前に進む気持ちがより一層高まったように感じます。
    これからも、復興に向けて一歩ずつ確実に進んで行きます。

    選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!
    そして、たくさんの勇気と感動をありがとうございました(^o^)

  • 2015.11.03 12:11:05

     

    皆様こんにちは!
    せんだい・杜の都親善大使の中村かさねです。
     
    季節の移り変わりは早いもので、秋の終わりを意識し始める今日この頃でございます。
    皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
     
    日増しに空気は冷たくなっておりますが、先日の10月30日から11月1日までの三日間は、仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台にて、熱気溢れる大会が開催されました!
    その大会とは「2015 ITTF 女子ワールドカップ仙台」です。世界のトップクラスの卓球選手が集結し、熱い試合が繰り広げられました(^^)
     
    私たち親善大使は、最終日に行われた表彰式のアテンドを務めましたので、今日はそのご報告をさせていただきます。
     
    今回のワールドカップは、東日本大震災からの復興への願いを込めて、「スポーツコミッション仙台」が誘致したことで、仙台での開催が実現しました。
    日本からは、仙台市出身の福原愛選手と石川佳純選手が出場し、仙台はこの話題で持ちきりのようでした!
     
    私たちも、石川佳純選手の試合を観戦させていただいたのですが、テレビで観るのとは格段に違うスピード感とダイナミックな動きに、終始鳥肌が立っておりました(^-^)
     
     
     
    今大会では見事、石川佳純選手が銀メダルを獲得しました!
    石川選手、おめでとうございます!
     
    そして、表彰式では福原愛さんからのお言葉があり、会場からは惜しみない声援と拍手が送られておりました。
     
    地元出身の選手の凱旋と、日本人選手の活躍に、多くのお客様が心打たれていたようです。
     
    選手の皆様、大変お疲れ様でした。
    そして感動をありがとうございました!
     
     
    仙台市は、福原愛さんをはじめ数多くのスポーツ選手を輩出しております。
    例えば、フィギュアスケートの羽生結弦選手や荒川静香元選手、埼玉西武ライオンズの岸孝之選手、バレーボールの大友愛選手や仙台のプロバスケットボールチーム「仙台89ERS」の志村雄彦選手も仙台を盛り上げてくださっています!!
     
    そして、プロスポーツだけでなく、毎年5月に行われる「仙台国際ハーフマラソン大会」など、市民スポーツにも積極的なところが仙台の特徴です♪
     
    豊かな自然と美味しい空気、美味しくて安心安全な食材が豊富なこと、「学都仙台」と呼ばれるほど学生が多い環境も、スポーツが盛んな要因になっているのかもしれませんね。
     
    これから仙台にも雪が降り、スキーやスノーボードなどウィンタースポーツも楽しめる季節になります。
    スポーツの秋と言わず、“スポーツの春夏秋冬”を楽しめる仙台に、一度いらしてみてはいかがでしょうか(^-^)

     

  • 2015.10.29 11:10:11

    みなさん、こんにちは。2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。
    寒暖の差が激しい日々が続いていますが、みなさんは体調を崩されてはいませんか?


    10月26日から東北では唯一の国際拠点港湾である仙台塩釜港と、アジアのハブ港である釜山港を結ぶコンテナ船の航路が開設されました(^^♪


    これを記念して仙台港にて開催された外貿コンテナ定期航路(韓国航路)新規開設セレモニーに参加いたしました。


    6月に開設された北米西岸航路に続き、今年に入り2航路目の開設により仙台と海外を結ぶコンテナ船の航路はなんと7航路で、1990年にコンテナ貨物を取り扱って以来、最多の航路数になります。


    アジアのハブ港釜山ということもあり、韓国、中国、ロシア産の水産品、木製品の輸入需要が見込まれていて、仙台からはゴム製品、紙おむつなどを運んでくれるSINOKOR TIANJIN(シノコーテンジン)は全長135.7メートルでコンテナ積載能力は834TEU。

     

    船に載ったコンテナが積み木のように小さく見えることと、船員の皆様が小人のように見えることが、船の大きさを物語っていると思いませんか?


    東日本大震災から4年7ヶ月が経過し、今回の航路増便により、震災後激減していた仙台塩釜港でのコンテナ貨物取扱量が過去最高となる見込みだそうです!

     

    コンテナ航路を通じた世界の各地の皆様からのご支援が震災復興の糧となることではないでしょうか……

  • 2015.10.20 15:10:37
     
    「でも、だけどね。レントゲンだって、ニッコリ笑って映したほうがいいの。だって明るく撮れるもの、その方が…」
     
    皆様こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の中村かさねです。
     
    冒頭は、私の大好きな映画「第32作 男はつらいよ  口笛を吹く寅次郎」の名台詞。
    言っていることは滅茶苦茶なのに、なぜか妙に納得させられる寅さんのこの言葉が、私は大好きなんです。
     
    ファンの中でも人気のあるこの台詞が登場する、第32作のロケ地のひとつは、広島県。
    寅さんが訪れた地には、一度は行ってみたいと思っていた私ですが、先日10月16日、17日に、ついにその広島県へ宮城のPRに行って参りました!
     
    仙台から広島まで、飛行機で約1時間30分。
    「男はつらいよ」を一本見終わらないうちに着いてしまいますよ*\(^o^)/*
     
     
    ただいま宮城県では、「スカイジャーニー仙台・宮城キャンペーン」を展開しております。
     
    2015年12月19日までの間に、福岡空港、広島空港、中部国際空港のいずれかを出発して、仙台空港に到着する便を往復で利用していただきますと、抽選で300名様に航空券や宮城の特産物が当たります!
     
    また、同期間中には、航空券と宿泊がパックになった旅行商品が、最大5割引になる「観光王国宮城 旅行割引」も展開しております(^^)
     
    ぜひ多くの方に宮城に遊びに来ていただきたいという思いのもと、この「スカイジャーニー仙台・宮城キャンペーン」のPRに伺いました。
     
     
    16日は中國新聞様、毎日新聞広島支局様、中国放送様に訪問。
     

     
    中国放送では、お昼の生放送「おひるーな」に出演させていただきました。
     
     
     
    17日は「ひろしまフードフェスティバル」に参加し、特設ステージにて、むすび丸と一緒に仙台・宮城の魅力をお話して参りましたよ♪
     
     
     
     
     
    フードフェスティバルということで、話題は美味しいグルメが中心に♪
    特に私がオススメしてきたのが、この3つです!
     
    その1  秋の風物詩「芋煮会
    主役の里芋と豚肉、そしてゴボウやニンジンなどのお野菜を煮込んで、味噌で味付けした料理です!
    最大のポイントは、河川敷で仲間とワイワイ食べること☆
    この時期になると、コンビニやスーパーで芋煮会用の薪が売っていたり、大きなお鍋のレンタルをしているんですよ*\(^o^)/*
     
     
    その2  海鮮版親子丼「はらこ飯
    鮭の煮汁で炊いたごはんの上に、鮭の身といくらをたっぷりのせた宮城の郷土料理。
    美食家と言われた伊達政宗公も、はらこ飯を大絶賛していたそうです♪
    もう少し寒くなったら、ほっき飯もオススメですよ!
     
     
     
    その3  冬の味覚の王様「牡蠣
    宮城の牡蠣は、厳しい衛生管理の元で養殖されているため、多くは生食用として出荷されています。
    船に乗りながらなべをつつける「かき鍋クルーズ」や、食べ放題で焼き牡蠣を楽しめる「かき小屋」も大変人気です!
     
     
     
     
     
     
    私も毎年かき小屋に行っていますが、30個くらいは食べてしまうかも♡(*^^*)
     
     
     
     
    そして、仙台名物で外せないのは、やはり「牛タン焼き」!
    今年はひろしまフードフェスティバルに、初めて仙台から牛タン専門店「利久」さんが出店いたしました☆
     
     
     
    宮城ブースの前は、終始お客様の列が絶えず、目の前で焼き上げた牛タンに、“舌鼓”をうっておりましたよ!
     
     
     
    ブースでは、仙台・宮城の観光パンフレットも用意し、たくさんのお客様に手に取っていただきました!
     
     
     
    これからの仙台・宮城は、美味しいものはもちろん、紅葉や温泉を楽しむのにもいい季節です。
    そして、12月6日からは「SENDAI光のページェント」も始まり、寒い冬もほっこりするような旅ができると思いますよ♪
    ぜひ飛行機を利用して、仙台・宮城に遊びに来てくださいね(*^^*)
    皆様にお会いできる日を、今から心待ちにしております!
     
     
  • 2015.10.20 13:10:07

    みなさん、こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です

    10月16日は仙台国際センターで開催された「商工中金全国ユース会第28回全国交流大会」に参加して参りました!
    会場にて、宮城観光PRキャラクターのむすび丸と2015みやぎライシーレディの大泉真由子さん、庄子公美子さんと一緒に皆さまをお迎えさせていただき、北は北海道から、南は沖縄まで全国から2,000名の方々にお集まりいただきました。

     

    そして、ステージでは親善大使の木村さんと一緒に「仙台・宮城のおまつり」や「観光地」をPRいたしました。「オススメの場所はどこですか?」と質問をいただき、思い浮かんだ場所はこちら。

    以前もこちらのブログで紹介いたしましたが、12月6日に開通する地下鉄東西線の国際センター駅の「青葉山いこいの広場」が私のオススメスポットです。
    市街地に立ち並ぶビル、広瀬川、いまの季節ならではの色づいた木々、そして試運転をしていた車両に遭遇して興奮してしまいました!国際センターへお越しの際はぜひこちらにも立ち寄ってみてくださいね♪

     

    会場内には「東北うまいもの祭り」と題した物産展も行われていました!宮城からは牛タンや笹かまぼこ、萩の月を販売している他にもキリンビール仙台工場から直送されたビールの試飲も行っており、交流会では青森のねぶたや秋田の竿燈、盛岡のさんさ踊りや山形の花笠踊りが披露され、全国の皆さまに東北のすばらしいお祭りを見ていただけたかと思います。

    その他に、分科会では東日本大震災発生時の自衛隊の活動を軸に、ビジネスにも通ずるリーダーシップ論のお話を聞きました。その後感謝の気持ちを込めて花束を贈呈をいたしました。

    この日の交流会がきっかけとなり、多くの企業が活気づけばと願っております。

▲ページトップへ