• 2016.05.01 12:05:34
     
     
    『かさねとは 八重撫子の 名なるべし』
     
    これは、私の名前の由来となった俳句です。
     
    松尾芭蕉とその弟子の曾良は、おくのほそ道の旅の途中、那須で一人の少女に出会います。
     
    名はかさねと言い、少女のやわらかな雰囲気を気に入った曾良は、撫子の花のようだと詠みました。
    少女と出会ったときのことは、いつまでも、二人の胸に残っていたそうです。
     
    私も、皆様の仙台での思い出が、旅の後もずっと、美しく輝きつづけるような、そんなおもてなしができればいいなと思います。 
     
     
     
     
     
    昨年の5月、私たちの最初の大舞台となった「仙台・青葉まつり」で、このようにご挨拶をさせていただきました。
     
    この想いを胸に、一年間、2015せんだい・杜の都親善大使として、仙台のPRに従事して参りましたが、平成28年4月30日をもちまして、2015年度の任期が終了致しました。
     
    まずは何より、一年間支えてくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
     
     
    親善大使の活動の中では、隣県の秋田県や山形県をはじめ、東京、高松、徳島、広島など、全国各地にPRに伺わせていただきました。
     
     
     
     
     
    行く先々でお会いしたお客様にかけていただいた言葉は、私の大切な財産です。
     
    「遠く離れてるけど、仙台のこと、応援してるからね。」 
     
    「活動日誌、見てきたよ!」
     
    「教えてくれたお店、美味しかった!」
     
    「じゃあ今度の夏は、仙台に行ってみるかなぁ」
     
     
    私に出来たことは、ひとつひとつはとても小さなことでしたが、それがお客様の大きな思い出に繋がるきっかけになれたことは、とても光栄なことでした。
     
     
     
     
    また、仙台七夕まつりやSENDAI光のページェントなどの、仙台でのイベントでお会いした市民の皆様にも、
     
    「がんばってね!」  「よろしく頼んだよ!」
     
    と声をかけていただき、市民の皆様の仙台への強い愛情と、その思いを託していただける有り難さを身に染みて感じる日々でした。 
     
     
     
     
     
     
     
     
    そして、仙台商工会議所の皆様、仙台市、宮城県の皆様。
    一緒にお仕事をさせていただいたことで、いかに仙台が素晴らしい都市であるかということと、そしてそれは皆様のご活躍の賜物であるということを改めて感じました。 
     
     
     
     
    最後に、共に時間を過ごしてきた親善大使の二人。
    私たちはいつも、“三人で一つ”という気持ちで活動して参りましたが、それはこれからも変わらずに続いていくことと思います。
     
     
     
     
    全国の皆様、親善大使への応募を勧めて下さった方々、応援してくれた知人、家族・・・。
     
    お世話になった全ての皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。
     
    本当に、本当に、ありがとうございました! 
     
     
     
     
     
     
     
    さて、本日5月1日からは、杜の都仙台シティサポーターとして活動して参ります!
    仙台七夕まつりなどのイベントに参加する他、活動日誌も更新していきますので、ぜひご覧ください(*^_^*)
     
    そして、これからも、芭蕉と曾良が出会ったかさねのように、皆様の思い出に彩りを添えられるよう努めて参りますので、よろしくお願い致します!
     
    それでは、またいつかどこかでお目にかかりましょうね♪
     
    大好きな仙台で、お待ちしています! 
     
     
     
     
     
                            
    2015せんだい・杜の都親善大使  中村かさね
     
     
     
  • 2016.05.01 03:05:38

    皆さん、こんにちは!2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

    新緑の季節となり、定禅寺通のケヤキがとても綺麗ですね!皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
     

    4月30日をもって2015せんだい・杜の都親善大使の任期が終了しました。

    1年間本当にありがとうございました!
     

     

    1年前の選考会で名前を呼ばれたときは信じられない気持ちと、憧れの親善大使になれる喜びが入り混じった不思議な感覚でした。

     
    親善大使の活動で一番印象に残っていることは、地下鉄東西線の開通です!
     
    鉄道好きの私にとって、一番列車の出発式という歴史的瞬間に立ち合えたことに興奮しました*\(^o^)/*
     
    青葉通り一番町駅の改札口に写真が展示されていたものを写真撮影
     
    そして親善大使になって改めて、仙台・宮城について学ぶことができました!
     
    仙台・青葉まつりや仙台七夕まつりの伝統はもちろん、県内の観光地を知るなかで伊達政宗公の偉大さも学ぶことができました。
     
     

     

    全国各地へPRへ伺った際に「仙台は良いところだよね!」「ずんだもち食べてみたいな」と声をかけていただくことが嬉しくて、ますます仙台愛が膨らんでいきました(*^^*)

     
     
    親善大使としてイベントやテレビ番組、このブログで仙台・宮城の魅力をPRしてきましたが少しでも仙台に興味をもっていただけていたら幸いです!
    仙台をPRする場を与えてくださった関係者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。
     
     
    5月1日からは杜の都シティーサポーターとして仙台・宮城を盛り上げていきますのでよろしくお願いいたします。
  • 2016.04.30 18:04:04

    皆さま、こんにちは!
    2015せんだい・杜の都親善大使の木村有希です。

    新緑が芽吹く季節となりましたね。
    皆さまはお元気でいらっしゃいますか?
    季節の変わり目ですので、くれぐれもご自愛くださいませ(*^^*)

    さて、本日4月30日を持ちまして「2015せんだい・杜の都親善大使」としての1年間の任期が終了となります。

    この1年間は、私の人生の中で最も刺激的で、楽しく、大変充実したものとなりました!

    私は、前年度の親善大使の方がテレビ番組でイキイキと仙台の魅力をお話しているお姿を拝見して「私も親善大使として地元仙台を元気にしたい!」と思い、応募に踏み切りました。

    選考会当日は、緊張で足がガクガクと震えておりましたが、憧れの存在であった2014年の親善大使の皆さまの笑顔を見て、ほっと安心したことを覚えています。

    そして、合格発表のとき。
    「2015せんだい・杜の都親善大使」として選ばれた瞬間は、驚きと不安でいっぱいで、トロフィーとタスキの重みを感じておりました。

    「仙台の顔という責任と自覚を持って1年間努めて参ります。」

    というコメントで、私の親善大使としての活動はスタートしました!

     1年間全国各地を飛び回り、自分の目で様々なものを見て、貴重な体験をさせていただきました。
    仙台・宮城はもちろん、全国各地の皆さまから沢山のことを学び、大きく成長することができました。
    1年間地元の魅力をPRする中で、愛郷心が更に深まりました。
    私たちを支えて下さった皆さまへの感謝の気持ちで一杯です!

     


    仙台・宮城の皆さま。
    「仙台青葉まつり」や「仙台七夕まつり」など、地元のイベントで皆さまとお話をしている時間が私にとって最高に幸せなひとときでした。
    皆さまの笑顔を糧に、1年間活動することができました!ありがとうございました。

     

    全国各地で出会った皆さま。
    皆さまからは、東日本大震災の復興を応援するお言葉を沢山頂きました。
    遠いところから仙台・宮城、そして東北を気にかけてくれる方がいらっしゃることに、いつも感動しておりました。本当にありがとうございました!

     


    しっかり者で、冷静さと仙台への熱い愛情を兼ね備えた中村さん
    中村さんは受け答えやお話の膨らませ方がとても上手で、同い年ながら大変尊敬しておりました...☆

     

    誰にでも優しく、人一倍勉強熱心な村上さん
    周囲の方への思いやりを忘れない、村上さんの素敵な笑顔にいつも癒されておりました...☆

     


    お二人とは、同い年ということもあり、いつも連絡を取りあう家族のような存在でした。
    中村さん、村上さんと最高なチームで苦楽を共にできたことが私の誇りです。
    1年間ありがとうございました!
    これからも宜しくお願いいたします(*^^*)

     


    歴代の「せんだい・杜の都親善大使」の先輩方。
    沢山のアドバイスをくださったり、facebookでいいね!を押してくださったりと、皆さまの存在はとても心強いものでした。本当にありがとうございました。皆さまは、今までもこれからも私にとって理想の女性です!

    そして仙台商工会議所の皆さま。
    どんな時も私たちを暖かく見守って下さり、ありがとうございました。
    皆さまからご指導や支えがあり、私たちは大変成長できたと感じております。皆さまには感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

    親善大使の活動や、皆さまとの出会いは、私にとって一生の宝物です!
    私に出来ることは少ないかもしれませんが、愛する仙台の発展に貢献出来るよう、今後とも精進して参ります。
    これからは杜の都シティーサポーターとして、陰ながらお手伝いさせていただきますので、宜しくお願いいたします(^^)

    素敵な1年間をありがとうございました(*^^*)♪
    またどこかでお会いしましょう...☆

     2015せんだい・杜の都親善大使 木村有希

  • 2016.04.27 22:04:04

    みなさん、こんにちは!2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

    日本遺産に伊達政宗が残した「伊達な文化」が追加され、とても興奮しています*\(^o^)/*
     
    4月19日に仙台塩釜港で行われた外貿コンテナ定期航路(韓国航路)の新規開設に伴う歓迎セレモニーに参加して参りました。
     
     

    世界的なハブ港である韓国釜山港と仙台港を直接結ぶコンテナ船で、家電や自動車部品、天然ゴムなどが仙台に運ばれるそうです。

    そして今回の新規航路の開設により、国際コンテナ船は9航路となり、過去最高の航路数になりました!
     

    東日本大震災の復興需要のため、仙台港にさまざな荷物が集まっているということでしたので

    日本だけでなく、世界の方々に東日本大震災からの復興を支援していただいていると感じました。
  • 2016.04.27 22:04:07

    皆さん、こんにちは!2015せんだい・杜の都親善大使の村上彩花です。

     
    はじめに熊本大地震で被災された皆さまへ心よりお見舞いを申し上げます。避難所での慣れない生活は大変だと思いますが、健康にお気をつけて頂ければと思います。
    5年前の東日本大震災の際に皆様からいただきましたご支援の恩返しが私たちも何かできたらと思っております。
     
     
    さて、私は4月16日~17日に勾当台公園で開催されました「仙台放送まつり2016仙台万博」に参加しました。
    仙台空港から世界へと題したステージでは、仙台空港の国際線の各就航地の皆さんと、仙台放送の金澤聡アナウンサー、梅島三環子アナウンサーと仙台空港発着の国際線についてお伝えしました。
     
     
     
    仙台空港から、ソウルはアシアナ航空で2時間半、グアムはユナイテッド航空で4時間、北京・上海は中国国際航空でそれぞれ7時間、3時間半、台北はエバー航空で4時間で到着します。
    なんだか海外を身近に感じませんか( ^ ^ )?
     
    美容観光ができる韓国、海風が涼しく避暑地に最適なグアム、万里の長城や故宮博物院などの世界遺産巡る北京、6月にオープン予定の上海ディズニーリゾート、南国フルーツや夜市の台湾料理!
     
    どの都市も魅力的で今すぐに飛行機に乗って観光行きたくなってしまいました♪
      
    そしてブースでも各都市の観光地を紹介しました。また会場内のクイズ&スタンプラリーを回っていただいた皆さんに抽選で往復航空券やオリジナルグッズをプレゼントしました!
     
     
    生放送の特別番組では、牧広大アナウンサーとブースを紹介いたしました!
    「さっきテレビで見たよ〜!私も海外に行きたくなっちゃった!」と声をかけてくださる方がいらっしゃいましたので、
    会場にお越しではない方にも仙台空港の魅力お伝えできたかと思います。
     
    仙台駅から仙台空港までは、仙台空港アクセス線に乗って25分で到着しますので空の旅へもあっという間ですね(*^^*)
     
     
    夏休みに仙台空港から世界へ旅行に行く計画を早速立てようと思います*\(^o^)/*

▲ページトップへ