• 2013.02.02 00:02:40

    みなさまこんにちは。

    親善大使の山川紗季です(*^-^*)

    本日、2月1日より、2013せんだい杜の都親善大使の募集がスタート致しました。

    早いもので、昨年の選考会からもうすぐ一年が経過しようとしています。

    選考会の時を思い出すと、仙台の顔としてお仕事するという責任の緊張感と選んでいただいた嬉しさの気持でいっぱいになっていたことを、今でも懐かしく感じます。

    只今仙台商工会議所では、2013せんだい杜の都親善大使を大募集しております!

    私も今まで約9ヶ月間親善大使としてお仕事をさせていただき、普段経験することのできないステージに立つことや関わらせていただいた全国のみなさまのおかげで、コミュニケーションの力を得ることで自分自身を大きく成長させられました。改めて、親善大使に選んでいただいたことを心より感謝申し上げます。

    みなさまも、親善大使だからこそ経験できる日本全国のたくさんの方々との出会の中で大好きな仙台の姿をPRして、素敵な一年間を過ごしてみませんか?

    親善大使募集についての詳細は、ホームページのトップ画面に掲載しておりますので是非ご覧ください☆締め切りは、3月22日までとなっております。

    親善大使一同、みなまからのご応募心よりお待ち申し上げております♪

     

  • 2013.01.28 18:01:55

    本日は、青年文化センターで行われました、平成24年度「優良従業員表彰式」・「創業・創立記念会員事業所表彰式」において、介添えのお仕事をさせて頂きました。
    あらゆる企業の方々が「仙台を」、そして「地域を」支えて下さっているのだと改めて感じました。
    私も仙台市民の一員として、仙台を支えられる人でありたいと感じた一日でした。

  • 2013.01.17 12:01:00

    1月14~16日にかけて、私は関西地方にてPR活動を行ってまいりました!

    14日は神戸平清盛隊様のクロージングイベントにて、ミスピーチ様と一緒にお話しさせて頂きました。
    イベントには、伊達武将隊の皆様、ふくしま八重隊の皆様も参加され、華やかなステージとなりました。

    15日は関係各所を訪問させて頂いた後、大阪市の橋下徹市長、関西経済連合会様を訪問させていただきました。


    16日は阪急百貨店うめだ本店の地下催場、店内、地下街にて、ミスピーチ、ミス花笠のお二人、伊達武将隊の皆様と一緒にPR活動を行いました。
    16日から阪急百貨店うめだ本店では、仙台・福島・山形三市フェアと題した観光・物産展が開催されており、東北の味をご堪能頂ける品々を販売しております♪

    開催初日から大変多くのお客様にお越し頂き、賑わっておりました。
    22日まで開催されておりますので、お近くのお客様はぜひ足をお運びください(^^)

    三日間多くの方々に東北の魅力をお伝えできたと思います。
    また多くの方々から復興に対する激励のお言葉を直接頂き、胸が熱くなりました。

    三市連携でPR活動ができたことは、私自身とても楽しく、良い経験になりました(*^^*)
    関西の皆様、東北でお待ちしておりますので、遊びにいらして下さいね(^^)☆

  • 2012.12.20 13:12:13

    みなさま、こんにちは。
    今週、17日月曜日に市内の江陽グランドホテルにて行われた「宮城県観光の夕べ」に、親善大使の佐々木さんと共に参加させて頂きました。
    会場には、約200名の方々がお集まり下さいました。
    私たちは、受付でのお手伝いと抽選会にて宮城県のPRと抽選のお手伝いをやらせていただきました。
    PRをしながら、仙台、宮城は一年中見どころの多い魅力的な街だと改めて感じました。
    只今、杜の都を象徴する定禅寺通りでの光のページェントをはじめ、県内では様々な冬のイベントを開催致しております!
    みなさま是非、仙台•宮城で素敵な思いでをつくりにお出掛け下さい(*^^*)

  • 2012.12.19 10:12:47

    こんにちは(^-^)★
    私と山川さんは12月17日月曜に江陽グランドホテルで開催された「宮城県観光の夕べ」に参加しました。

    その中で私たちはステージで宮城県の観光名所や旬のおいしい食べ物など、宮城の魅力をたくさんお話させていただきました!

    いま仙台・宮城県は震災からの観光復興においても盛り上がりを戻しつつあります。その中で、今回の様な、仙台市や宮城県のすばらしさや魅力をより多くの方々に知っていただく機会があることは非常に喜ばしいことであると改めて実感しました。
    私たち親善大使も残りのお仕事の期間、その一役を担えることに責任を持ちつつしっかり全うできるよう精一杯務めていきたいと思います。

▲ページトップへ